SEOを勉強するには自分に合った方法を見つけ順番とポイントを押さえておくと、スムーズな学習につながり挫折しにくくなるはずです。

しかし勉強法はさまざま存在するため、自分に合った方法を探す必要があります。

そこで、SEOを効率よく学ぶ方法と順番、また勉強する際のポイントをまとめているため参考にしてみてください。きっとSEOの知識が身に付くと実感できるでしょう。

SEOを勉強する4つの方法

SEOを勉強するなら本・セミナー・動画・専門サイトで

SEOを勉強するなら本・セミナー・動画・専門サイトで

SEOを学ぶには、自分のライフスタイルに取り入れやすく、習慣化できる勉強方法を選ぶのがポイントです。

SEOは専門用語や最新情報など学ぶことが多く、一度の勉強ですべてを理解することは困難です。そのため、継続的な勉強と実践で学ぶ必要があります。

ここでは、SEOを学ぶのにどのような勉強方法があり、それぞれの勉強方法にどのような特徴があるのかチェックしていきましょう。

自分が「やってみたい」と思えて、ライフスタイルに取り入れやすい方法を見つけてみてください。

1.本ーオーソドックスだが信頼度が高い

本は情報の信頼度が高いため、SEOを勉強するのにとてもおすすめな方法です。

本は、もし出版後に誤った情報やミスが発覚した場合、修正が困難なだけでなく出版社や著者の信頼を落としかねません。そういった事態を防ぐため、文書のミスや情報の正確性をチェックする校閲(こうえつ)作業を経て出版されることから、情報の信頼度は高いといえます

一方で、出版された本の内容が古く、情報が「いまと全然違っていた」ということもあるでしょう。本で勉強したあとは、インターネットでSEOの最新情報を確認すると確実です。

また、最近は電子書籍の普及で、出版社を通さず個人で簡単に書籍を出すことができます。「信頼できる著者なのか、出版社を通しているのか」など、購入者レビューを確認して本を選ぶことが正確な情報に出会うためのコツです。

本はオーソドックスな勉強方法です。情報の信頼性が高いことから、正確な情報を得たい人や本を読むことが好きな人などには、とてもおすすめな方法といえます。

2.セミナーー専門家の知識を直接受け取れる

セミナーは、専門家(プロ)の知識やノウハウを直接学べることがメリットです。

講師の人に直接会えるため、わからないところを質問したり、最新情報などの「その場でしか得られない情報」を聞き出せます。

しかし「内容が期待していたものではなかった」と感じたり、「セミナー終了後にさらに高額なセミナーに強引に勧誘された」といったようなデメリットがある可能性もあります。

そのため、受講前に以下のことを確認しておきましょう。

【セミナー受講前に確認しておくこと】
  • セミナー内容が自分に合っているか(初心者向け、上級者向け)
  • 信頼できる講師か(講師の評判)
  • 内容に見合った金額か(不当に高額な料金ではないか)

無料体験セミナーでも、終了後に高額なセミナーの受講を促される場合もあります。後々のトラブルを避けるためにも、流されるままお金を払わないように注意しましょう。きちんと内容と金額を確認したあとに、冷静に考えて決めることが重要です。

セミナーには参加者同士で交流し意識を高めあったり、人脈を広げて情報交換ができたりと大きなメリットもあります。そのため、SEOの勉強の意識を高めるためにも、同じ目的の仲間を増やしたい人や、「講師の人たちの知識やノウハウを近い距離で学びたい」と思っている人におすすめです。

3.動画ー好きなタイミングで手軽に学べる

動画での勉強は、自分の好きなタイミングで手軽に学べるのがメリットです。

時間や場所にとらわれず続けやすいのが特徴で、忙しい人でも仕事の通勤時間や家事の合間に動画を見たり、聞き流しておくだけでSEOの内容に触れられます

また、YouTubeでもライター歴が長い人やアフィリエイトで稼いでいる人たちが、リアルな体験談や最新情報を発信しています。自分が「わかりやすい!」と感じた発信者の動画を見て、効率よくSEOの勉強ができるでしょう。

デメリットとしては、「見る・聞く」のみとなるため記憶に残りにくく、忘れやすい点です。

そのため、動画で勉強したあとに思い出しながらノートに記入したり、学んだ内容を実践したりすると記憶に残りやすくなるためおすすめです。

また、どのような人でもオンラインで発信ができるので、間違った情報を得る可能性もあります。発信している人は信頼できるか、動画の内容は間違っていないかを、自分でも調べるとよいでしょう。

動画での勉強は、通勤や家事の合間に学びたい人や、リアルな体験談を聞いてみたい人におすすめの勉強方法です。

4.専門サイト-基礎知識から最新情報まで幅広く揃う

専門のWebサイトは、SEOの基礎知識から最新の情報まで、スマートフォンやパソコンから自分の知りたい情報を手軽に勉強できることがメリットです。

初心者でも検索するだけで知りたい情報が得られたり疑問を解決できたりすることから、最初にSEOを勉強する際にはとてもおすすめです。

しかし、Googleのアルゴリズム(検索順位を決定するルール)は定期的に更新されており、最新情報へと変わります。よって、SEOの基礎知識だけでなく最新のSEO情報の確認も必要です。

また、WebにはさまざまなSEOの情報があり、なかには間違った情報や更新されていない古い情報もあるため注意が必要です。Webの記事では同じ情報でも、最低3記事はチェックし、内容が合っているか確認することをおすすめします。

SEOを学習する6ステップ

SEOを学習するならステップごとに

SEOを学習するならステップごとに

SEOの勉強を継続しながら理解を深めていくためにも、ステップを分けて勉強していきましょう。

順序立てずに勉強を進めると、途中でわからなくなったときに前後の情報が入り混じり「なにを勉強していたんだっけ?」と混乱したり、「わからない、めんどくさい」とモチベーションの低下につながるからです。

ここでは、SEO初心者の人におすすめな学習の6ステップをお伝えします。

1つずつ集中して勉強すれば、よりSEOの理解につながるでしょう。

1.SEOの専門用語を勉強する

SEOの専門用語を知らないと、いくら勉強しても内容が理解できないままです。そのため、わからない用語が出たらすぐ調べてください。

例えば、「SEO」とは「検索エンジン最適化」という意味ですが、「SEO対策」といったワードも使われます。SEOとSEO対策が「どう違うのか」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

【SEOとSEO対策の違いとは】
<SEO(検索エンジン最適化)の意味>
インターネットで検索するためのプログラムを決められた枠のなかでできるだけ最適な状態に近づけること

<SEO対策の意味>
SEOの意味→上記と同じ
対策の意味→状況に応じて動く手順のこと

どちらも「行動する」という意味が含まれており、同じ内容です。

SEOは「検索で上位表示すること」と認識されている人も多く「SEO対策」というワードも使われています。

このように、似た用語で同じ意味のものがあったり、逆に違う意味のものがあったりとさまざまです。のちのち混乱しないためにも意味を理解しながら勉強していくことをおすすめします。

2.SEO基礎知識を勉強する

SEOの勉強は、まず基礎知識を理解することが大切です。SEOに関するGoogleの公式ガイドライン「検索エンジン最適化スターターガイド|Google」がSEOのベースになります。

この公式のガイドラインに沿ってサイトを構築したり、文章を書くことでGoogleに評価されやすくなります。少し長いマニュアルですが、カラーでイラストや画像もあり、見やすく工夫されています。SEOの基礎知識になるため、確認しておきましょう

3.上位サイトからSEOの効果を学ぶ

専門用語と基礎知識を勉強したあとは、検索した際に上位に表示されるサイトから、SEOの効果を勉強するのがおすすめです。

上位表示されている記事は、「ユーザーのニーズを満たしている」とGoogleに評価されている記事です。専門用語と基礎知識をもとに考えながら上位サイトを見ていくことで、さらにSEOの理解が深まります。

【上位サイトで注目すべき点】
  • どのようにユーザーの問題解決をしているのか
  • どのようにユーザーが行動できるよう流れを作っているのか
  • どのようなタイトルをつけているのか
  • 自分が読者目線で「この記事いいな」と思うところはどこなのか。また、その理由は?

ただし、まったく同じような記事にするとコピーとみなされ、検索エンジンからの評価が下がります。あくまでSEOのベースを知るための参考程度にとどめましょう。

4.SEOのスマートフォン対策を勉強する

スマートフォンを持っている人は年々増えており、スマートフォンからWebサイトにアクセスする人も増えている現代で、SEOのスマートフォンにおける対策を学ぶことは重要です。

2021年11月の、NTTドコモ「モバイル社会研究所」の調査結果では、日本国内でスマートフォンの所持率は92.8%というデータが出ています。スマートフォンはここ10年で一気に普及しており、今後もさらに持つ人が増えることが予測されるため、スマートフォンからの検索数は増加するでしょう。

また、Googleは「モバイルファーストインデックス」に移行すると発表しています。

モバイルファーストインデックスは、スマートフォンから見やすいサイトを評価するシステムのことです。従来のパソコンサイトから、スマートフォンでの見やすさメインの評価に移行し、現在も適用されています。

以上のことから、SEOのスマートフォン対策の勉強は、これから学んで実践する際に必須です。

5.SEOの最新情報を常にインターネットでチェックする

SEOは日々進化を遂げています。そのため、最新情報は逃さずにキャッチすることが必要です。

Googleの検索アルゴリズムは常にアップデートされていますが、不定期です。対策に遅れると検索順位が大幅に下がることもあるでしょう。検索の表示順位が下がることで、Webサイトのアクセス数や売り上げに大きな影響が出る可能性もあります。

そのため、アップデートがあった際に知らせてくれるGoogle公式ブログGoogle公式Twitterで情報を定期的にチェックしておきましょう。

また、公式サイトは確実ですが、他の情報源からの発信を確認することもおすすめです。

例えば、SEOを扱う会社が情報をわかりやすく発信しているTwitterのアカウントもあります。SEOの最新情報はもちろん独自のノウハウを学べるため、確認しておくとよいでしょう。ただし、フォロワー数や内容を確認し、信頼できるアカウントか判断してください。

6.サイトを運営してSEOの理解度をはかる

SEOの理解が深まってきたら、より理解を深めるために自分でサイトを作成し、運営してみましょう。学んできたSEOを実践で生かしつつ、自分が「どこまで理解しているのか」を知り、さらに勉強に取り組めるはずです。

サイト構築は家づくりに例えるとわかりやすくなります。

【Webサイトづくりの手順(家づくりの手順)】
  1. サーバーを設置(土地)
  2. ドメインを取得(住所)
  3. コンテンツ管理システムをダウンロード(家)

このように、上記の手順通りに作成していくと自分のサイトを作成できます。はじめて作る際は戸惑う可能性もありますが、ステップ通りに進めるとスムーズに作ることが可能です。

以下より、Webサイト作りの手順を具体的に見ていきましょう。

1.サーバー(土地)を設置

最初はサーバー(土地)を決める必要があります。サーバーにもさまざまな種類がありますが、個人ブログや中小企業で利用している人が多い共有サーバーを選びましょう。

共有サーバーで利用者が多く有名なものといえばエックスサーバーです。3種類ほどプランがありますが、初心者の場合は料金が一番安く、仕様も十分な「スタンダード」プランからはじめるのがおすすめです。

スタンダードプランは、別の上位プラン(プレミアムやビジネス)へ変更したくなった際でも、途中からのプラン変更(毎月1日~20日までにプラン変更すれば、翌月1日から適用)が可能なのもポイント。上位プランから下位プランへの変更はできないため、最初はスタンダードプランで試し、必要に応じて上位プランへ変更してください。

2.ドメイン(住所)を決める

次にドメイン(住所)を決めます。ドメインもさまざまなものがありますが、エックスサーバーを契約した人は、エックスドメインがおすすめです。エックスサーバーの管理画面でエックスドメインも一緒に確認できるため、別のサイトにアクセスして確認する手間が省けます。

慣れていないうちはまとめて管理しておくことで、ドメインの更新期限を忘れて「期限が切れてサイトが表示されなくなった」というミスを減らせることがメリットです。

また、ドメイン名は適当に決めず、ブログのサイト名やテーマに合わせるとよいでしょう。

SEOに直接的な影響はないといわれていますが、サイトが成長していくことを考えると、記憶に残り、覚えやすく、わかりやすいものがおすすめです。

3.コンテンツ管理システムをダウンロード

最後は家にあたる、コンテンツ管理システム(CMS)をインストールすると完成です。

有名で初心者にも使いやすいのは、Word Press(ワードプレス )で、エックスサーバーからも簡単にインストールできます。ダウンロード後は、家の壁紙や家具の配置を決めるように「テーマ」を使うことで自由にWebサイトデザインのカスタマイズを楽しめます。

WordPressの詳しいインストール方法は、「WordPressのインストール方法を画像解説-5分で完了」で解説しているため、参考にしてください。

SEO勉強で押さえるべきポイント3つ

SEOで重要なのはユーザーファーストを意識すること

SEOで重要なのはユーザーファーストを意識すること

SEOの勉強にあたり、とくに押さえるべきポイントは「ユーザーファースト」という視点です。

なぜならGoogleには、「Googleが掲げる10の事実」という理念があり、その中の1つ目に次のような理念があるからです。

【Googleが掲げる10の事実】

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものは皆あとからついてくる。

(引用:Google が掲げる 10 の事実Google

これは、Google内部の目標や収益を基準に物事を決めているのではなく、ユーザーの利便性を一番に考えている。ユーザーを一番に考えることで、目標の達成や会社の利益は、すべて後からついてくる。という意味です。

よって、SEOを理解するうえで必要な視点は、「利用してくれるユーザーが快適に使えるようにする」こと、すなわち、「ユーザーファースト」です。

そのため、SEOを勉強する際には「ユーザーの視点に立った目線」を基準に、次にお伝えする3つのポイントを押さえておきましょう。

1.ユーザーにとって有益な情報を発信する

SEOの勉強でまず押さえておきたいのは、「ユーザーに価値を提供する」ことです。

知りたい情報を検索しているユーザーに、「知りたかった情報じゃない」と思われ途中でサイトから離れてしまうことがないよう、ユーザーの視点に立ち有益な情報を発信することが大切です。

【ユーザー視点になって考えること】
  • どのような情報が欲しいのか
  • どのような情報は必要ないのか
  • その情報を得てどうしたいのか(どうなりたいのか)

そして、ユーザーの読みやすさに配慮することも大切なポイントといえるでしょう。文字だけがダラダラとたくさん書いてある文章は、読んでいて疲れます。そのため、表や図などを使って読みやすくわかりやすいコンテンツを作ることが重要です。

2.Webサイト構造をわかりやすく構築する

サイトは1つの記事で終わりではなく、複雑に絡み合ってこそユーザーに十分な情報を届けられます。

Webサイトを作成する際に、ジャンルがバラバラなコンテンツを一覧で表示していると、「自分の興味のある情報だけ知りたいユーザー」が混乱してしまいます。そのため、サイト構造をジャンルごとにカテゴリ分けをしたり、ユーザーが知りたい情報にたどり着きやすい工夫も必要です。

また、記事のなかに関連するコンテンツの内部リンク(自社サイト内の記事同士をつなぐリンク)を設置することもよいでしょう。

ユーザーに十分な価値提供ができるよう、Webサイト内の記事すべてが活躍できる構造を意識してみてください。

3.Googleが重要視する検索品質評価ガイドラインを理解しておく

検索品質評価ガイドラインとは、Googleが検索結果の品質を評価するマニュアルのことです。このガイドラインに忠実にSEOをおこなうことで、検索エンジンアルゴリズムなどの大型アップデートのときにもマイナスの影響を受けにくくなります

ですが、検索品質評価ガイドラインは英語のみで、日本語版はありません。さらに、ページ数も172ページと多く、読むのに時間もかかります。

そのため、ガイドラインのなかで「ページ品質評価の最重要項目」といわれている「E-A-T」を、ここでわかりやすくお伝えします。E-A-Tは、Googleが「よいコンテンツ」と評価する大きな基準であり、SEOではとても大切なポイントとなるため理解しておきましょう。

【E-A-Tとは】

E専門性。特定のジャンルなどに特化していること
A権威性。知名度や他人から「優れている」とみなされているか
T信頼性。ユーザーが信頼できる人や会社なのか

専門性はジャンル特化で向上させる

E-A-Tの「E」の専門性は、Webサイトのジャンルを特化することで向上可能です。Webサイト自体を特定のジャンルにしぼり、内部リンクでコンテンツ同士がつながることで、専門分野に特化しているサイトだとGoogleに評価されることが期待できます。

また、各ジャンルの専門家や経験者などのスペシャリストなどにインタビューして、経験談などを記載することでも、専門性を高められます。その際、話を聞いた専門家などの名前やコメントをコンテンツに掲載すると、より評価は高くなるでしょう。

「専門性」はこのあとに紹介する権威性・信頼性を得るためにも、とても重要なポイントです。以上のことから、特定のジャンルに特化したWebサイトやコンテンツ作りをして、「専門性」を向上させることを意識しましょう。

権威性は情報開示・SNSで向上させる

E-A-Tの「A」の権威性は、自分や会社の情報開示や、SNSにて情報発信をしながら認知度をあげることで向上させましょう。

権威性の向上には、被リンク(外部サイトが自分のWebサイトのリンクを貼る)が大きく関わります。外部のサイトが被リンクを貼ることは、すなわち他のサイトが自分のサイトを紹介してくれていることになります。

外部サイトに紹介してもらうためには、自分のWebサイトだけではなく、SNSを駆使して情報を発信するとより効果的です。

コツコツと情報発信を続けることで、被リンクやサイテーション(自分のWebサイトや会社名・ブランドなどがリンクなしに引用されたり、話題になること)につながる可能性が広がります。

Googleに「権威性がある」と評価されるために、SNSなどでも積極的に情報発信していきながら、自分やWebサイトを知ってもらいおすすめされるWebサイトやコンテンツ作りをしましょう。

信頼性は専門サイト引用で向上させる

E-A-Tの「T」の信頼性は専門性の高いサイトの引用で向上できます。認知度がある公式サイトが発信している情報を引用して掲載すれば、「確かな情報だ」と信頼してもらえる確率が高まります。

そのため、発信している内容に「科学的根拠があるか」もポイントになります。

「信頼性」を得るのは、短期間では難しいでしょう。初めて会った人と、少し接しただけで心から信頼できないことと同じように、Webサイトやコンテンツも信頼してもらえるまでには、「信用」を積み重ねていくことが重要です。

良質なコンテンツを作り、専門性と権威性を高めていくことで自然に「信頼性の獲得」にもつながります。

SEOは勉強の方法と順番を決めてポイントを押さえるのが決め手

SEOの勉強は、自分に合った方法と順番を決めてからおこなうことで効率よく学べます。ポイントを押さえることで理解も深まり、挫折しづらく楽しみながら知識をつけることが可能です。

今回の内容を振り返って実践しながら、自分が発信したい情報をユーザーに伝えてみましょう。

また、「SEOって思っていたより難しい」と感じた人は、ぜひ、SEO済みのホームページ制作や、ブログ記事作成代行などもおこなっている「medifund」にご相談ください。

medifund」は「腕くみしない提案型のWebコンサルティング」をモットーに、Webコンサルタント会社を運営し、クライアントと関わっています。

無料相談や資料請求はこちらから