オウンドメディア記事制作1記事3万円から-業界の専門家が執筆

オウンドメディア記事制作を1記事3万円から承ります(SEOキーワード選定込み)。記事制作は業界の専門家をアテンドし、SEOを熟知した編集担当が構成・編集を行い、Googleが推奨するマークアップ方式でオウンドメディアサイトにアップロードします。

クリックで入力フォームへ移動します。

オウンドメディア記事制作サービス内容

オウンドメディア記事制作はすべてSEOキーワード選定を含む金額です。

コラム型SEOコンテンツ記事制作|費用3万円~

メディファンドではコラム型SEOコンテンツ記事を3万円~(税別)で制作します。メディファンドで制作するコラム型SEOコンテンツ記事の特徴は以下の4つであり、上位表示には欠かせない要素です。

  • 専門家による原稿執筆
  • SEOを熟知した編集担当による構成・編集
  • デザイナーによる図解作成
  • Googleが推奨するマークアップでのアップロード業務

また、医療関係のクエリは特に専門家ではない方が書いたサイトでは検索上位を取りにくくなっています。そのため 医療系のコラムに関しては医師監修1記事に対し、別途5万円となっています。

コラム型SEOコンテンツ記事制作事例

SEO対策のキーワード選定に関する記事

SEOキーワード選定に関する記事制作
medifund

実務経験豊かなSEOコンサルタントが競合サイトのリサーチと原稿執筆を行いました。

介護に関する記事

食事介助に関する記事制作
介護情報系オウンドメディア

現役の介護福祉士が執筆した記事。構成作成はSEOコンサルタントが実施。

インタビュー型記事制作|費用3万円~

インタビュー型の記事はあらかじめ音声を録音して提供していただければ、費用:3万円(税別)(音声提供の場合)になります。単純に文字起こしではなく、見出しで内容を理解できるよう、インタビュー音声に対し加筆、修正を行います。

 

インタビューを単に文字起こしをすると、読み返しても分かりづらい文章になってしまいます。しかし、インタビューの内容を一方的に直してしまうと、話し手の言いたいことが伝わらなくなります。そこで皆様の思いがホームページを訪れた人に伝わるように注意しながら文章を直します。

 

近年、動画を使ったPRをする企業も増えてきており、インタビュー形式の記事を好む方もいます。また、著名な方のインタビュー記事、例えば「元プロ野球選手の浅尾拓也選手へのインタビュー記事」などは計画的にSNS拡散を行うことが可能です。

インタビュー記事制作事例

Webアナリスト小川卓さんインタビュー記事

Webアナリスト小川卓氏インタビュー記事
medifund

記事公開後はWebマーケティングにおける数々の著名人にSNS上でシェアしていただきました。

中日ドラゴンズ浅尾拓也さんインタビュー記事

中日ドラゴンズ浅尾拓也氏インタビュー記事
介護系オウンドメディア

現役選手引退発表直後にナゴヤ球場にてインタビューに応じていただきました。

メディアでも公開されていない情報が含まれていたため、SNSでは数多くシェアされました。

難関キーワードに対応したSEOコンテンツ記事制作|費用10万円~

メディファンドでは、費用:10万円~(税別)難関キーワードに対応したSEOコンテンツ記事制作を行っています。

 

キーワードの中には上位表示するのが難しいキーワードもあります。すでに競合がたくさんいて、しかも大手企業と争うとなると工夫が必要です。コンテンツの中身だけでなく、被リンクも重視されます。そのため、大手企業の場合、被リンクが多いためドメインパワーが強く上位に表示されやすいです。

 

そこでメディファンドでは、業界の専門家が記事制作を行うことにより、権威性・信頼性の項目で競合サイトに上回る記事を制作します。また、最適なキーワード比率でコンテンツを作成することで、上位表示の可能性を高めます。

 

例えば、非上場株式会社の相続に関する記事では弁護士が、介護技術に関する記事は現役介護福祉士が記事制作をしています。先ほども述べましたが、医師監修は1記事に対し、別途5万円が必要になります。

難関キーワードでのSEOコンテンツ記事制作事例

SEO対策に関する記事コンテンツ

SEO対策に関する記事制作
medifund

半年の制作期間を費やし、多数のSEOコンサルタント監修の下、記事を制作しました。

非上場株式の相続対策に関する記事

非上場株式の相続対策に関する記事
税理士事務所

非上場株式会社の相続対応経験者が原稿を執筆しました。

オウンドメディア記事制作を委託する際に注意すべきこと

オウンドメディア記事制作を委託する際、制作側にオウンドメディア運用の改善案を提示してもらう方がコンテンツの評価をしやすくなります。また、今後のGoogleアルゴリズム変動に対応したコンテンツ制作を行う必要があります。

1.専業ライターに記事を制作してもらっている

ユーザーには、ライティングの技術よりも、記事の独自性、権威性、信頼性が評価されます。

2.コンテンツの更新数をKPIにしている

コンテンツを多く納品することで売上を増やす制作会社なので、記事を多く納品するために提案する会社が数多く存在します。

3.適当なSEOキーワードで記事制作している

オウンドメディアのKPIに合わせたキーワード選定をしなければ、アクセス数は増えてもマネタイズに繋がりません。

4.図解や写真を利用した直感的にわかりやすいコンテンツになっていない

図解や写真を利用することで、ユーザーの熟読度が高まります。制作会社が原稿に合ったインフォグラフィックを使っているか確認しましょう。

5.検索上位ページに掲載されている情報で事足りる記事になっている

記事に独自性があるかどうかは、上位表示にとっては欠かせない要素の一つです。

6.アクセス数が少ないという理由で、アクセス解析を行っていない

公開2か月経過後は、読了率、ページ遷移率をコンテンツごとに評価し、検索順位が上がらない原因を追及します。

7.Googleが推奨するマークアップがなされていない

検索上位掲載を目指すためには、Googleが推奨するマークアップ記述でコンテンツを公開する必要があります。

8.記事内で内部リンク誘導がされていない

外部リンクと同じように内部リンクもGoogleの評価の対象です。リンク誘導がされていない記事を制作する会社が多々あります。適切な内部リンクの設置で、ユーザーの回遊率が高まるだけでなく、ページの評価向上に繋がります。

オウンドメディア記事制作の流れ

1.競合調査・SEOキーワード選定

現存するWebサイトとの関連性やオウンドメディアのKGIに合わせて、勝ちやすいキーワード選定を行います。

SEOキーワード選びの流れ
コンテンツの構成例

2.記事構成作成

SEOキーワードから、検索意図を満たす記事の構成を作成します。また、現存の検索順位1位では満たせていない潜在ニーズ調査も行います。

3.専門知識に富むライターが記事制作

業界の専門資格・実務経験があるライターが、独自性・信頼性・論理性のある記事を制作します。

検索意図との関連性の観点からコンテンツの質を高める
SEO対策に関する記事コンテンツ

4.オウンドメディアにアップロード

最後に記事をチェックし、オウンドメディアにアップロードします。スマホ・PCどちらも可読性は高いかチェックをして公開します。

良質なコンテンツと戦略がオウンドメディア成功の鍵

オウンドメディア運営の大きな障害は、効果測定です。立ち上げ後半年~1年はなかなか成果がでないかと思います。よって、立ち上げ時点で設計した綿密な戦略に基づいて効果が出るまで待ち続ける必要があります。
メディファンドは、オウンドメディアの記事を納品するだけでなく、コンテンツの数的評価やサイト設計改善を行います。

現在別業者に相談中でもお気軽にご相談ください。

オウンドメディア運用には以下のサービスもご利用ください

Webマーケティング

オウンドメディア構築

制作費50万円からオウンドメディア制作を行います。自社でコンテンツを追加しやすいCMSを採用し、自社でSEOやコンテンツ改善を行いやすい形で納品します。

グラフ

オウンドメディア運用コンサル

オウンドメディア運用コンサルティングを行います。社内のWeb制作チームや広告担当チームなどのマネジメント改善や施策改善を提案・実行します。

 

SEOコンサルティング

インハウスSEOのコンサルティングや、成果報酬型のSEO施策の実施を行っています。毎月のSEOレポートから、改善施策の提案を行います。