オウンドメディア記事制作を1記事3万円から承ります(SEOキーワード選定込み)。記事制作は業界の専門家をアテンドし、SEOを熟知した編集担当が構成・編集を行い、Googleが推奨するマークアップ方式でオウンドメディアサイトにアップロードします。

オウンドメディア記事制作のサービス内容

ここではメディファンドが行うオウンドメディア記事制作のサービス内容を紹介します。オウンドメディア記事制作はすべてSEOキーワード選定を含む金額です。

コラム型SEOコンテンツ記事制作|費用3万円~(税別)

メディファンドではコラム型SEOコンテンツ記事を3万円~(税別)で制作します。メディファンドで制作するコラム型SEOコンテンツ記事の特徴は以下の4つであり、上位表示には欠かせない要素です。

  • 専門家による原稿執筆
  • SEOを熟知した編集担当による構成・編集
  • デザイナーによる図解作成
  • Googleが推奨するマークアップでのアップロード業務

また、医療関係のクエリは特に専門家ではない方が書いたサイトでは検索上位を取りにくくなっています。そのため 医療系のコラムに関しては医師監修1記事に対し、別途5万円となっています。

インタビュー型記事制作|費用

インタビュー型の記事はあらかじめ音声を録音して提供していただければ、費用:3万円(税別)(音声提供の場合)になります。単純に文字起こしではなく、見出しで内容を理解できるよう、インタビュー音声に対し加筆、修正を行います。

インタビューを単に文字起こしをすると、読み返しても分かりづらい文章になってしまいます。しかし、インタビューの内容を一方的に直してしまうと、話し手の言いたいことが伝わらなくなります。そこで皆様の思いがホームページを訪れた人に伝わるように注意しながら文章を直していきます。

近年、動画を使ったPRをする企業も増えてきており、インタビュー形式の記事を好む方もいます。また、著名な方のインタビュー記事、例えば「元プロ野球選手の浅尾拓也選手へのインタビュー記事」などは計画的にSNS拡散を行うことが可能です。

難関キーワードに対応したSEOコンテンツ記事制作|費用10万円~(税別)

メディファンドでは、費用:10万円~(税別)難関キーワードに対応したSEOコンテンツ記事制作を行っています。

キーワードの中には上位表示するのが難しいキーワードもあります。すでに競合がたくさんいて、しかも大手企業と争うとなると工夫が必要です。コンテンツの中身だけでなく、被リンクも重視されます。そのため、大手企業の場合、被リンクが多いためドメインパワーが強く上位に表示されやすいです。

そこでメディファンドでは、業界の専門家が記事制作を行うことにより、権威性・信頼性の項目で競合サイトに上回る記事を制作します。また、最適なキーワード比率でコンテンツを作成することで、上位表示の可能性を高めます。

例えば、非上場株式会社の相続に関する記事では弁護士が、介護技術に関する記事は現役介護福祉士が記事制作をしています。先ほども述べましたが、医師監修は1記事に対し、別途5万円が必要になります。

オウンドメディア記事制作を委託する際に注意すべきこと

オウンドメディアに頼むことで、自社のページが上位に表示されるようになりますが、中にはいいかげんな業者も存在しています。ここではそうした業者に頼まないためにもオウンドメディア記事制作を委託する際に注意すべきことを説明します。

1.ベテラン専業ライターに記事を制作してもらっている

ベテランは専門知識が薄くなっている可能性があります。ベテラン専業ライターに頼んでいるので、文章も素晴らしく、内容も専門的なものができるはずと思うかもしれませんが、実際にはそうでないことも多いです。

2.コンテンツの更新数をKPIにしている

コンテンツの更新数をKPI(重要指標)にしていると、アクセスが増えないということがあります。KPIはアクセス解析でいえば、ある目標の値に対して、現状がどうかを示す指標です。例えばアクセスを増やしたいのであれば、検索流入を増やすことが必要です

3.適当なSEOキーワードで記事制作している

検索意図を満たさないSEOキーワードでコンテンツを作成しても、上位には表示されないので、アクセスが安定することはありません。近年、SEOキーワードでの上位表示は難しくなってきています。そのため、上位表示をさせるために、検索意図の把握はもちろんのこと、他サイトを研究することも必要です。

4.図解や写真を利用した直感的にわかりやすいコンテンツになっていない

図解や写真を利用することで、ユーザーが読んでくれる割合が高くなります。ただし、図解や写真は無断で使うことができませんので、自分で撮った写真か著作権フリーの写真を使うようにしましょう。

User Heat

引用元:https://medifund.jp/ownedmedia-article

5.他の検索上位ページに掲載されている情報をまとめただけの記事になっている

コンテンツがオリジナルであるかどうかは、上位表示にとっては欠かせない要素の一つであるということです。検索意図に基づいて記事を書くときに、他のサイトを参考にして書く人も多いです。参考にすること自体は禁じられていませんが、そうするとオリジナリティが低い記事ができあがる可能性があります。

グーグル公式ブログでも以下のように述べられており、オリジナリティが必要だと分かります。

コンテンツが他の情報源から得られたものである場合、単なるコピーや書き換えでなく、付加価値とオリジナリティを十分に提供しているか?

(引用:https://medifund.jp/ownedmedia-article)

6.アクセス数が少ないという理由で、アクセス解析を行っていない

公開2か月経過してアクセスが増えない場合は何らかの問題があるため、アクセス解析をして、検索順位が上がらない原因を追及します。

7.Googleが推奨するマークアップがなされていない

グーグルが推奨するマークアップがされていないとクローラーがページ情報を整理しにくくなります。そのため、マークアップをしっかりとするだけで、検索順位が圏外から10位以内に上昇することもあります。検索で上位を取るためには、グーグルが分かりやすいコンテンツをアップロードしていく必要があります。

8.記事内で内部リンク誘導がされていない

外部リンクと同じように内部リンクもグーグルの評価の対象です。外部ライターに記事を委託した際に、オウンドメディアサイトのページを把握しておらず、リンク誘導がされていない記事を制作する会社が多々あります。内部リンクを入れるだけで、ユーザーの回遊率が高まるだけでなく、ページそのものの評価も高まります。

オウンドメディア記事制作の流れ

オウンドメディアの記事制作は以下の流れで行います。

 オウンドメディア記事制作の流れ

オウンドメディア記事制作の流れ

1.サイト分析・競合調査・SEOキーワード選定

まずどのようなサイトを作るのか、どこに需要があるのか調べます。その際には競合サイトがどのような内容の記事を書いているのか、また、どのような検索ワードを意識して書かれており、その検索キーワードでどのくらいの検索流入があるのか調査します。そのうえでSEOキーワードを選定します。

2.記事構成作成

SEOキーワードを選定したら、記事の構成を考えます。検索キーワードに関連する共起語を調査し、それを記事構成に反映します。検索意図がずれないように記事構成を作成するのがポイントです。

3.専門知識に富むライターが記事制作

記事構成が完成したら、その分野の専門知識に富むライターが記事を制作します。あらかじめ競合サイトをチェックしていますので、競合サイトには無い内容の知識を多く記事の中に書いていきます。

4.オウンドメディアにアップロード

最後に記事をチェックして、オウンドメディアにアップロードします。アップロードして終わりではなく、その後、実際にその記事が読まれているのかどうかもチェックする必要があります。

業界の専門家が執筆する良質なコンテンツである必要がある

オウンドメディアは多くつくられており、その中で差別化していくためには、専門家による良質なコンテンツをアップしていく必要があります。そうしたコンテンツは一般のライターでは作成するのが難しいのが現状です。メディファンドは専門家に依頼できるSEOとウェブメディアに依頼できる会社です。

資料請求は無料でできますので、オウンドメディアを検討している方は、まずは資料請求をしてみましょう。