SEOは、リンクの大量挿入やキーワードを盛り込むような、小手先だけの方法は通用しなくなりました。サイトの検索順位を上げるには、読者のニーズを正確にとらえ、悩みや疑問を解決する質の高いコンテンツ作りが必要です。

SEO会社に依頼すれば、最新のトレンドを踏まえた効果的な施策を提案してもらえます。本記事ではSEOの種類、会社へ依頼するメリット、依頼先の選び方、おすすめの会社をまとめました。SEOの内容や依頼すべき会社の基準がわかります。

記事の内容

SEO会社って何をしてくれるの?対策の内容を紹介

SEO会社はGoogleやYahoo!JAPANなどの検索ドメインから高評価を得て、検索結果で上位表示するためにさまざまな対策をおこないます。

SEOの手法は、主に内部対策と外部対策の2つがあります。ただし、内部対策と外部対策だけでは、検索上位表示の実現には不十分です。Webサイトへの流入アピールも乏しい場合、専門性の高いWebページの作成やコンテンツSEOが必要となります。

SEO会社は、内部対策、外部対策、コンテンツSEOなどすべての手法を網羅しているといえるでしょう。

1.検索エンジンにサイトを見つけてもらうための内部対策

内部対策は大きく分けると3つの施策に分かれます。

内部対策は大きく分けると3つの施策に分かれる

内部対策とはサイト内に施す対策で、検索エンジンに正確に評価してもらい、ユーザーに有益なサイトだと認識してもらうためにおこなう施策です。

検索エンジンに正しく読み取らせるための施策
  • 見出しの正しい階層構造(h1→H2→h3……)
  • タイトルや見出しに対策キーワードを入れる
  • メタディスクリプションに対策キーワードを入れる
  • 画像のaltタグを適切に記入
検索上位になるためには、サイトのテーマや扱っている内容を検索エンジンに正しく読み取ってもらうことが重要です。

記事構成を読みやすく整理したり、タイトルやメタディスクリプション(記事の概要)に対策キーワードを入れたりなどさまざまな対策が上げられます。

ただし、対策しているキーワードはむやみに入れ込むのではなく、的確な箇所に入れるのがポイントです。

クローリングを促進させるための施策
  • パンくずリストの設置
  • XMLサイトマップのアップロード
  • 適切な内部リンクと外部リンクの設置
  • robots.txtを設置してクローリングの制御
  • 構造化マークアップ
Googleなどの検索エンジンでは、クローラーというロボットが検索順位を決めるためにWebサイトを巡回し、情報を取得しています。そのため、検索エンジンがクローリングしやすい(情報を取得・保存しやすい)ようにサイト内を整理することが重要です。

ユーザーが今サイト内のどこの階層にいるのかを明確にするパンくずリストを設置したり、住所録のような役割を果たすXMLサイトマップを作成したりなど、サイト内の情報を素早く的確にインデックスすることを促進させます。

ユーザビリティ向上のための施策
  • 見やすい文字サイズに設定
  • ページ速度を上げる
  • スマートフォンでも見やすいスタイル
  • エラーが出た場合の移転先・代用ページの設定
ユーザビリティとは「使い勝手」や「使いやすさ」という意味です。つまりユーザビリティの高いサイトは、ユーザー(読者)にとってわかりやすく有益なサイトであることを意味します。

サイトの離脱率を下げるためには、スクロールをしやすくしたり、スマートフォンでも見やすい文字やデザインにしたりなど、ユーザーが便利だと感じるサイト作りが重要です。

2.他サイトにリンクを入れてもらい自社ホームページの評価を高める外部対策

外部対策では被リンクを獲得して評価を高める

外部対策では被リンクを獲得して評価を高める

外部対策では、被リンクを獲得することで自サイトの評価を高めます。

検索結果のランキングを決定する要素として、質と量2つの視点でリンク評価をおこなうリンクポピュラリティという考え方があることを理解しておきましょう。

質の高い被リンク
  • 人気の高いドメイン
  • 外部サイトのコンテンツの質が高い
  • リンク先との関連性がある
被リンクはどの外部サイトから受けるかが重要です。ドメイン力が強いサイトや、コンテンツの高いサイトなどから獲得する被リンクは、高い評価につながります。

大量の被リンク
  • 複数のサイトからの獲得
  • 1サイトから100のリンク獲得<100サイトから各1つのリンク獲得
複数のサイト(ドメイン)から被リンクを多く得ることで、自サイトが人気の高いサイトとして評価されます。そのため、1サイトから多くの被リンクを獲得するよりも、複数サイトから獲得するほうが有利です。

ただし、大量の被リンクを人為的に獲得する外部対策をとっている会社には要注意です。人為的な被リンクはブラックハットSEO(不正な方法で検索順位を上げるテクニック)に該当し、Googleからペナルティを受ける可能性があります。

被リンクは、自然リンクであることが重要です。

3.ユーザーが求める情報を網羅的に伝えるコンテンツSEO

コンテンツSEOとは、自然検索から集客を図る手法のひとつです。そのため、ユーザーにとって有益なコンテンツを継続して発信することが重要といえるでしょう。

狙ったキーワードでコンテンツSEOをおこない、検索上位表示されることで、サイトへの集客が見込めます。コンテンツSEOには明確な評価基準はなく、ユーザーが価値のあるコンテンツと認めるかどうかにかかっているのです。

ユーザーは、なにかしらの悩みや疑問を解決したいときに検索します。ユーザーのニーズをつかみ、要望に応えられる情報を、過不足なく含めたコンテンツにしなければなりません。

コンテンツSEOはGoogleアルゴリズムのアップデートから影響を受けにくいですが、ユーザーのニーズを満たす質の高いコンテンツ作成には、多くの工程と時間を要します。

SEO会社に依頼する-外注のメリットは3つ

SEOを内製化することは可能ですが、専門的な知識がない、あるいは人的リソースが少ない場合は、SEOを効率的に進められない可能性があります。

しかしSEO会社に依頼すると、高い費用対効果を期待できます。SEO会社への依頼に漠然とした不安を抱えている人は、以下のメリットを参考にしてみてください。

1.最新情報に基づく専門性の高い対策を実施してもらえる

SEO会社は検索エンジンの最新情報に基づいて、検索ドメインのアルゴリズム解析を実施します。日本で使用される検索ドメインのシェア1位はGoogleで、SEOは主にGoogleのアルゴリズム解析をもとにおこなわれます。

Googleのアルゴリズム解析の要素は数百にのぼり日々アップデートされているため、SEOは目まぐるしく変化する領域です。

以前は、対策するキーワードをコンテンツ内に多量に入れる手法が通用していました。しかし現在は、不自然で意味のない箇所でのキーワードは評価されず、場合によっては質の低いコンテンツとして評価されてしまいます。

SEO会社は、Googleのアルゴリズムやインターネット業界の最新情報に対して、常にアンテナを張っています。変化の激しいSEO領域を分析し続けているSEO会社であれば、最新情報に基づいた専門性の高い対策を実施できます。

2.検索順位の変動要因を分析し適切な改善策を提案してくれる

SEOを外注すると、対策キーワードの検索順位がなぜ上がらないのか、下がってしまったのかがわかります。SEO会社はアクセス分析ツールを用いて、検索順位の変動要因を解析することが可能なためです。

対策していたキーワードでの検索順位がガクッと落ちていたとき、知識のない人では原因がわからないため対策が困難です。アクセス分析ツールは知識のない人でも使用できますが、検索順位が落ちた原因を分析するには、専門的な知識が必要です。

SEOの専門的な知識を豊富に有するSEO会社であれば、検索順位の変動要因を突き止め、適切な改善策を提案できます。

3.ペナルティを避けたサイト作りが可能になる

サイトがGoogleのガイドラインに反していると、Googleペナルティを受ける可能性があります。Googleペナルティが課せられると、急激に検索順位が落ちてしまい、ひどい場合には検索結果にすら表示されなくなります。

しかし、Googleペナルティに反する内容は公表されていません。専門的な知識がない場合は、無意識にガイドライン違反をしてしまう可能性があります。

Googleペナルティには大きく分けて2種類あり、自動ペナルティと手動ペナルティがあります。

自動ペナルティ
  • Googleのアルゴリズムが自動解析してスパムを検出したときに課せられる
  • 手動よりも軽いペナルティが課せられる
  • 違反通知の連絡がないため、ペナルティを受けたかもわからない
手動ペナルティ
  • Googleが人的にサイトを確認しガイドライン違反だと判断したときに課せられる
  • 重いペナルティが課せされる
  • Googleからメッセージがくるため、改善して再審査リクエストする必要がある

Googleのガイドラインを把握していなければ、自動ペナルティと手動ペナルティは避けられません。SEO会社はGoogleのガイドラインに基づいてサイト制作をおこなっているため、ペナルティを避けたサイト作りが可能です。

SEO会社選びで意識してほしい4つのポイント

SEOに関して知識が少ないと外注先選びに迷ってしまいますが、4つのポイントを押さえて比較すれば、自社に合ったSEO会社を選べます。

SEO会社のなかには、いまだに一昔前の手法を採用している場合があります。時代から遅れたSEOでは、Googleのガイドライン違反をしている可能性もあるため注意が必要です。

信頼できるSEO会社を選ぶために、以下4つのポイントをチェックしましょう。

1.過去に検索順位を押し上げた実績は豊富か

SEO会社に実力があるか判断するには、実績の確認が重要です。過去に検索順位を押し上げた実績を確認し、実力のあるSEO会社か見極めましょう。特に自社と関連のあるキーワードでの実績を確認できるとベストです。

より生の声を聞けるのは、SNSの口コミです。SEO会社のサイトには「東京 カフェ」で1位を獲得した実績が書かれていても、サイト名や期間まで掲載していない場合があります。そのためSNSでサービスを利用したことのある会社からの評価まで確認できると、より信頼できる情報が得られるでしょう。

2.自社が求めるサービスを受けることができるか

SEOと一言でいっても、会社によって求めるサービスは異なります。受けたいサービスは内部対策か、外部対策か、それともコンテンツSEOの作成でしょうか。

SEO会社の主なサービス内容

SEO会社の主なサービス内容

SEOの基本的な部分をすべて依頼したい場合は、内部対策だけではなく外部対策のサービスもあるか確認しましょう。また内製でおこなう場合は、SEOツールの提供やオウンドメディアの運用支援などの検討が必要です。

SEO会社によってサービス内容や範囲が異なるため、自社が必要とするサービスを受けられるかをチェックしてみてください。

3.報酬形態や費用感に不都合が生じていないか

SEO会社によって報酬形態は異なり、受けるサービス内容によって費用が大きく変わります。

SEO会社の主な報酬形態
  • 月額制
  • 成果報酬型
SEOコンサルティングの場合、サイトの課題洗い出しから改善、運用後の評価・売り上げアップに向けた提案までおこなってくれます。

そのため、SEOコンサルティングは継続的な契約で月額制の場合が多く、費用は数十万以上になる場合があります。成果報酬型は、検索順位が10位以内になった日や表示順位が上がった日など、成果が現れたタイミングで料金が発生します。

SEOにかけられる予算が決まっている場合、報酬形態や費用が予算に見合っているかをチェックしましょう。またSEO会社を選ぶ際は、いくつかの会社と費用を比較し、平均的な価格であるかの確認も大切です。

4.会社サイトにSEOが施されているか

SEO会社の力量を測るには、会社サイトのSEOがしっかりおこなわれているかのチェックが有効です。SEO会社であれば、会社サイトが上位表示される可能性があります。

「SEO会社」「SEO会社 評判」などのワードで検索し、会社サイトが上位表示されればSEOの力量があると判断できます。上位表示されない=実力がないということではありませんが、SEOに関するワード検索である程度の力量を測れるでしょう。

実績を重視する人におすすめのSEO会社5選!東京多数

SEO会社選びにあたって、実績数の多さや大企業との取引実績を重視する場合は、以下の5選を参考にしてみてください。実績はSEO会社の実力を測る重要な要素です。また、激戦区である東京のSEO会社は実力が高い傾向があり、選定基準になります。

1.大手に対する支援実績が豊富!ナイル

会社名ナイル株式会社
所在地本社
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F
問い合わせ先TEL:03-6409-6760(デジタルマーケティング事業)
FAX:03-6409-6800
お問い合わせフォーム
資本金36億7,455万6,838円
設立2007年1月15日

ナイル株式会社は、売上増加を目的とした集客支援に力を入れています。三井住友カード株式会社、ライオン株式会社、エレコム株式会社など大企業に対する支援実績が豊富です。

ナイル株式会社では2つのサービス紹介サイトを設けています。「ナイルのSEO無料相談室」では、自社と同じ業種への実績が確認できるため、導入イメージがつきやすいでしょう。他社の導入事例が気になる人はチェックしてみてください。

「ナイルのコンテンツ相談室」では実績を紹介しているほか、コンテンツマーケティングの基礎知識が学べます。実際にコンテンツマーケティングの流れを知ることで、自社が求めるサービスと一致しているかの見極めが可能です。

Web集客で売上増加を目指したい会社には、ナイル株式会社がおすすめです。

2.成果につながる本質的な対策を提案!ウィルゲート

会社名株式会社ウィルゲート
所在地〒107-0062
東京都港区南青山3-8-38 南青山東急ビル3F
問い合わせ先TEL:03-6869-0631
FAX:03-6809-0332
お問い合わせフォーム
資本金6,000万円
設立2006年6月20日

株式会社ウィルゲートは高い分析力が強みで、アクセス解析やサイト分析のスペシャリストが、サイト運用のサポートをおこないます。設立10年以上で培ってきたノウハウをもとに、これまでに6600社以上を支援してきました。

戦略・施策の立案から実行、内製化支援のサービスがあり、売上につなげるためのSEOを一括しておこないます。

なかでも内製化支援では、「TACT SEO」という独自のツールを使用し、精度の高い分析をおこなっています。社内のSEO担当者向けに開発されたツールのため、内製化したいと考えている会社に向いているサービスです。

株式会社ウィルゲートは実績数や、社歴の長さなどを重視する会社におすすめの会社です。

3.継続契約率の高さが魅力!ディーエムソリューションズ

会社名ディーエムソリューションズ株式会社
所在地

本社、ダイレクトメール事業部
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-1-3 クリスタルパークビル2F

デジタルマーケティング事業部
〒163-1503
東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー3F

その他:横浜営業所、名古屋営業所、大阪営業所、福岡営業所、仙台営業所

問い合わせ先デジタルマーケティング事業部
TEL:03-6374-1393
FAX:0422-57-2761
お問い合わせフォーム
資本金3億4,259万1,000円
設立2004年9月15日

ディーエムソリューションズ株式会社は、Googleのガイドライン違反で受けたペナルティ支援サービスがあり、解除率94.3%の実績が強みです。ペナルティ解除は専門性のある高いスキルが必要なため、実績によるSEO会社選びが効果的です。

90%以上を誇る継続契約率は、高品質なサービス提供が要因です。内部対策を中心としたSEOコンサルティングでは、改善提案書の提示だけでなく、実装までの支援をしっかりとおこなっていることが、高い満足度と継続契約率につながっています。

ディーエムソリューションズ株式会社は、サイトのペナルティ解除を模索している会社におすすめです。

4.業界大手の独自ノウハウがある!サイバーエージェント

会社名株式会社サイバーエージェント
所在地

本社
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers

その他:関連会社多数

問い合わせ先TEL:03-5459-0202
FAX:03-5459-0222
資本金72億3,000万円
設立1998年3月18日

株式会社サイバーエージェントは1993年に設立された老舗のSEO会社で、業界トップのシェアを誇ります。

Amebaをはじめとする多数のメディア運営を手がけており、自社メディアのユーザー動向や、記事要素と閲覧者数の関係性をもとに分析していることが特徴です。また、SEOの提供に加えて、Web広告、メディア、DXなど多種多様なサービスを展開しています。

株式会社サイバーエージェントは、大規模サイトやグローバルサイトを運用している会社におすすめです。

5.オーガニック検索の最大化を重視!コンテンシャル

会社名株式会社コンテンシャル
所在地〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目26−2 第二桑野ビル5D
問い合わせ先TEL:03-6276-4579
FAX:03-3299-1134
資本金不明
設立2012年6月26日

株式会社コンテンシャルは、情報収集や購買活動する際に検索エンジンを利用するユーザーが多いことから、自然検索の最大化を重視しています。顧客の目的や事業に合わせて、複数のプランを提供しているのが特徴です。

1万以上の対策キーワードの上位表示成果があり、医療分野で1位表示の実績もあります。また、SEO事業の内部対策と外部対策サービスのほかに、SEOコンサルティング事業もおこなっています。

株式会社コテンシャルは、自然検索による集客を目指す会社におすすめです。

費用を抑えてSEOを依頼したい人におすすめの会社5選!東京多数

SEOは目的や求めるサービスによって費用は異なりますが、低予算でもSEOをおこなうことは可能です。そこで、低価格なSEOに対して不安を覚える人に向けて、費用は安くてもクオリティの高いSEO会社を紹介します。

1.中小企業のDX化のよいパートナーサクラサクマーケティング

会社名サクラサクマーケティング株式会社
所在地〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル620
問い合わせ先TEL:03-6861-8644
FAX:03-6861-8645
お問い合わせフォーム
資本金1,000万円
設立2005年8月8日

サクラサクマーケティング株式会社は、徹底的なコストカットで実現した大手SEO会社の半額以下の価格が強みです。

内部対策、コンテンツ作成、オウンドメディア構築支援など多種類のサービスを提供しています。業界を問わず中小企業に対する支援実績が多く、1000社以上から信頼を獲得しているのが特徴です。

なかには、サイト内の記事作成や修正は顧客がおこなうことで、費用を抑えてSEO成果を上げた事例があります。

丁寧なサポートを求めるのであれば、サクラサクマーケティング株式会社がおすすめです。

2.低価格で成果に導く施策を提案グランネット

会社名株式会社グランネット
所在地

本社
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満5丁目1-9 大和地所南森町ビル7F

その他:東京支社

問い合わせ先TEL:06-6365-0077
FAX:06-6365-0099
お問い合わせフォーム
資本金1,000万円
設立2012年1月

株式会社グランネットは、主にWebマーケティング支援を手がけ、ターゲットSEO事業を展開しています。これまでに1000社以上のマーケティングを支援しており、SEOの実力は確かです。

独自のコンバージョン測定システム「CANARY」を用いた分析を提供しており、対策前にサイトの状況を把握し、無駄のない戦略的なプランを実現します。そのため低価格な施策提案が可能です。

効率的で低価格のSEOを求めるなら、株式会社グランネットはおすすめです。

3.1日32円からのSEOSincere Japan

会社名Sincere Japan株式会社
所在地

〒104-0061
東京都中央区銀座6-14-8 銀座石井ビル4F

その他:豊洲営業所

問い合わせ先TEL:03-6868-3116
お問い合わせフォーム
資本金不明
設立2007年6月15日

Sincere Japan株式会社は、士業・コンサルタント向けに特化したSEO会社です。

専門的な知識が必要な士業・コンサルタントは、SEO会社側に前提知識が必要といえます。そのため士業・コンサルタント特化型のSEOを強みとしているのが特徴です。

1日32円からSEOが可能で、完全成果報酬型のため、対策キーワードが11位以下であれば無料となります。

士業・コンサルタントのサイト運営で費用を抑えたいなら、Sincere Japan株式会社がおすすめです。

4.月額1万円でトレンドを踏まえた施策を提供すまいるネット

会社名株式会社すまいるネット
所在地〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-21-10 新清マンション23
問い合わせ先TEL:03-5459-4146
FAX:03-6416-9729
資本金1,000万円
設立月日2006年年6月1日

株式会社すまいるネットは、SEO会社では珍しく、料金表を明確に提示している点が特徴です。

基本料金で初期費用3万円+月額1万円でSEOをおこなっています。対策をおこなうキーワード数によって費用が変わりますが、内部対策と外部対策両方の施策を低価格で実装可能です。

また、サイトの診断・キーワード調査は無料でおこなっており、気軽に相談ができます。そのほかにホームページ制作や記事作成代行プランなど、気になる部分だけサービスを受けることも可能です。

わかりやすい料金プラン、費用を抑えたい会社には株式会社すまいるネットがおすすめです。

5.ロボット導入による業務自動化で低価格SEOを実現アドマノ

会社名アドマノ株式会社
所在地〒 170-0002
東京都豊島区巣鴨3-1-1 桜並木通りビル501
問い合わせ先TEL:03-5394-8107
FAX:03-5989-9170
お問い合わせフォーム
資本金1,000万円
設立2012年7月11日

格安SEOサービスを提供しているアドマノ株式会社は、格安でありながら質の高いサービスを強みとしています。

「RPAロボット」という自社独自の自動業務化システムを運用していることが特徴です。ドメインチェック、コピペチェック、サイト構築などの作業を、スタッフがロボットに指示しておこないます。よって、無駄な経費を削減でき、満足度の高いサービスを格安で提供できます。

SEOを一社完結でおこないたい会社は、アドマノ株式会社がおすすめです。

ユーザーファーストの施策で選ぶなら「medifund」

medifundのSEOコンサルティング

medifundのSEOコンサルティング

SEOによるWeb集客は、検索ユーザーがいてこそ成り立ちます。そのため、検索ユーザーの疑問や悩みの解決を第一に考え、その要望に応えることが大切です。

medifundではユーザーファーストを掲げ、ユーザーにとってわかりやすく、有益なコンテンツであることを重要視した施策を提案しています。内部対策と外部対策はもちろん、Webマーケティングに限らない広い視点でSEOを提供します。

毎月定例ミーティングをおこない、解析結果に基づいた施策の提案が特徴です。またオウンドメディアの運用支援もおこなっており、契約中は質問し放題でいつでも相談に乗ります。

medifundは売上アップやリード獲得に向けた細やかなサポートが強みであるため、SEOを外注したい会社にとって頼りがいのある存在といえるでしょう。

ユーザーファーストの観点からSEOを施す会社を選ぶことが大切

SEOは内部対策・外部対策・コンテンツSEOの3つに分かれます。しかし内部対策と外部対策だけでのSEOは難しく、コンテンツの質が重要視される傾向です。

コンテンツが有益であるかはユーザーによって判断され、Googleからの評価につながります。サイトが検索エンジンにとって読み取りやすい内容でも、ユーザーの要望に合った内容でなければSEOをおこなっているとはいえません。

ユーザーファーストの観点でSEOをおこなうことが、狙ったキーワードでの検索上位表示につながります。SEO会社選びでは、ユーザーに対して有益な情報提供をしている会社を選びましょう。