オウンドメディア運用の代行をプロに依頼すると、個人・自社メディアの集客力や成約率が向上します。Webマーケティング戦略やSEOなどの、深い知識や最新の技術を有する人材が集まっているからです。

ただし運用代行に依頼しても、運用が開始するまでは実際のクオリティがわかりません。運用代行の企業をどのような基準で選ぶか明確にしておくと、契約後のミスマッチを防げます。

記事の内容

オウンドメディアとは-活用のメリットを図解でチェック

オウンドメディアとは、事業会社が自社で運用するメディアのことです。企業のホームページ、パンフレット、SNSアカウントなど自社で保有するすべてのメディアを指します。オウンドメディアを活用するメリットを下記の画像にまとめました。

オウンドメディアを活用するメリット現代はスマートフォンやSNSの普及によって、好きなときに知りたい情報を簡単に手に入れられます。消費者が求める情報を発信すればすぐに顧客との接点ができるため、オウンドメディアは「多くのユーザーとのコミュニケーションツール」といえます。
引用:オウンドメディア戦略のメリットと他社事例|medifund

オウンドメディア運用代行を依頼すべき理由

オウンドメディアを運用していくなかで思うような成果が出ず、リソース不足に悩む人は多いのではないでしょうか。そこで解決策の1つとして挙げられるのが、オウンドメディアの運用代行です。

その理由とメリットを、事例とあわせて詳しく解説します。

1.確かなSEOにより集客力を高めるため

インターネット社会となった近年では、オウンドメディアを活用したマーケティングが注目されています。オウンドメディアマーケティングで重要になるのが「SEO」です。運用代行の依頼先がSEOの知識や独自ノウハウを持っていれば、自社のホームページをGoogleやYahoo!JAPANなどの検索結果で上位表示できます。上位表示されるとホームページへの流入数が増え、自社のオウンドメディアの集客力向上につながります。また、オウンドメディアはインターネット上で情報発信するため、日本全国から集客が可能です。多言語化すると海外にも進出でき、強力なプロモーションツールになります。

2.Webマーケティングの観点から成約率向上を図るため

Webマーケティングの観点から商品やサービスを利用してもらうためには、まず多くのユーザーに認知されることが重要です。SEOが施されたオウンドメディアは集客力が高まるため、自社の商品やサービスの認知度も向上します。

商品やサービスに興味を持った人が、インターネットやSNSを通して検索し成約します。さらに、ユーザーに継続利用してもらうことにより、ユーザー間のレビュー共有や新商品・新サービスの利用にもつながるのです。

3.オウンドメディアにかけるリソース節約のため

自社でオウンドメディアを運用する場合、下記のような作業をおこなう必要があります。

オウンドメディアの運用作業
  • 記事の企画から制作する
  • オウンドメディアへの反映作業
  • 記事の成果分析
  • 記事の改善作業
  • 記事構成の立案
そのため、外注費用は不要ですが多くの人手が必要です。また、記事の企画や制作するためのノウハウが蓄積されていない場合、求める成果が出るまでに多くの時間や労力を費やさなければなりません。

オウンドメディア運用代行を依頼することで、専門のノウハウを持った人に任せられるため、オウンドメディアの成約率や集客力が高まります。社内の人員も最小限に抑えられ、結果的にリソースの節約になるのです。

4.自社の強化したい部分に特化した運用ができるため

オウンドメディア運用の外部支援には、以下の方法があります。

オウンドメディア運用の外部委託形式
  • オウンドメディア運用のすべて
  • コンテンツ制作のみ
  • コンテンツ企画のみ
すべての運用を委託する以外にも、記事の制作や企画構成など一部分のみを委託する方法があります。

オウンドメディアの自社運用と運用代行を使い分けるメリットは、自社の強化したい部分に絞って運用できることです。コストの調整や、必要時に大量の記事制作を依頼するなど効率的な運用ができます。また、運用開始からある程度経過していても専門家へ相談できるため、記事のネタ切れやマンネリ化を防止できます。

5.プロのコンサルティングによりメディアの質を上げるため

制作するコンテンツの質は、そのままオウンドメディアの質に直結します。

運用代行を依頼すると、各コンテンツ制作のノウハウをもとに、企画のアイデアや運用方法を提案してもらうことが可能です。特に自社にとって経験が乏しい分野や、知識がなく判断できない問題があった場合、外注先に相談すると客観的に判断してもらえるでしょう。記事制作以外にも、ユーザビリティーの向上やSEOの相談など、さまざまな面でメディア全体の質の向上につながります。

オウンドメディア運用代行会社による支援内容

オウンドメディア運用を代行してもらう場合、具体的には以下のような支援を受けられます。

オウンドメディア運用代行会社の支援内容
それぞれの支援内容を確認していきましょう。

1.戦略設計事業課題に合わせた戦略を立てる

オウンドメディアの運用で成果を出すためには、総合的な戦略を立てることが重要です。オウンドメディア運用代行会社では、「どのようにすればオウンドメディアの成果が上がるか」の戦略を考案してくれます。立ち上げたいオウンドメディアの事業課題に合わせつつ、根拠に基づいたオウンドメディアの戦略設計が可能です。

自社でこれらをおこなう場合は、マーケティングリサーチやオウンドメディアに関するノウハウが必要になりコストが増大します。そのため、新規にオウンドメディアを立ち上げ予定や、運用しているがなかなか成果が出ない企業にとって、心強い支援内容です。

2.コンテンツ作成記事・メルマガ・動画作成など

オウンドメディアの運用代行会社に依頼すると、オウンドメディアの核となる以下のようなコンテンツを作成できます。

オウンドメディアの運用代行会社に依頼できるコンテンツ
  • コンテンツのキーワード選定
  • コンテンツ設計の依頼
  • 記事中の文章作成
SEOに強く専門知識が高いライターに依頼すると、自社で対応するよりも質の高いコンテンツ制作が期待できます。運用代行会社では、希望に応じて、メールマガジンやコンテンツに挿入する動画制作も可能です。一般的な情報記事だけでなく、インタビューの様子やデータに基づいた動画を載せることで、より信頼性の高い記事になります。

3.分析・改善SEOやCVR改善など

高品質なコンテンツを制作するためには、分析と改善を繰り返すPDCAサイクルの継続が大切です。SEOやCVR改善などを実施すると、オウンドメディアの成果を最大限に発揮できます。

運用代行会社に依頼することにより、コンテンツ全体のアクセス数やコンバージョン数、検索順位、ユーザーのサイト内行動などを分析し、必要に応じて改善策を提案してもらえます。結果として、コンテンツへの流入数を増やすためのノウハウがない企業でも、高品質なメディア運用が継続できます。

オウンドメディア運用代行を選ぶポイント

オウンドメディア運用代行会社には、実績や費用、専門的な知識など各社それぞれの強みがあります。数多くある運用代行会社から、自社にマッチした運用代行を選ぶポイントを下記4つにまとめました。

オウンドメディア運用代行会社を選ぶポイント
どのようなオウンドメディアを育てていきたいのかを明確にしたうえで、オウンドメディア運用代行会社を選びましょう。何も考えずに運用代行会社を選ぶと、コンテンツの質が低く、思い描いていた成果とかけ離れてしまいます。では、上記4つの運用代行会社を選ぶポイントを確認していきましょう。

1.サービス内容希望とマッチしているか

オウンドメディア運用代行を依頼するうえで、サービス内容が自社の希望とマッチしているかが重要です。例えば、戦略設計を依頼する際にどこまで踏み込んで提案してくれるかは、運用代行会社によって異なります。サービス内容が少ない会社を選んでしまうと、コンテンツ制作が希望する成果につながらない場合もあるので注意しましょう。

高品質なメディア運用のためにも、市場調査や競合調査の分析から、オウンドメディア特有のコンセプトメイクを提案してくれる運用代行会社を選ぶのが得策です。

2.料金サービス内容とのバランスがいいか

運用代行会社の選び方として、費用対効果が期待できるかどうかも重要です。

費用やサービス内容は各会社ごとに大きく異なります。例えば、「安さ」ばかりに重点を置いてしまうと、多くのコンテンツが制作できても1つ1つのクオリティが低くなりがちです。それではオウンドメディアの成果を出すことは難しいでしょう。

一方で、「とにかく一番高いサービス」を基準に選んでしまうと、高品質なコンテンツを生み出せても、数多くのコンテンツ制作は難しくなります。また、費用が高くてもサービス内容が優れているかは運用代行会社によって異なるため、注意が必要です。

3.制作・運用実績PV数やCVRが取れているか

運用代行会社選びのポイントとして、過去に製作実績があるかを確認してみてください。運用代行会社の実績が、自社のサービスやコンテンツに求める成果にマッチしていれば、安心して運用代行を任せられるでしょう。

ホームページなどで運用代行会社の詳細を確認すると、実績が紹介されているケースがほとんどですが、なかには掲載していない実績が存在する場合があります。依頼する前に、直接代行会社に問い合わせておくとよいでしょう。

4.コミュニケーションヒアリングや質疑応答に対応してくれるか

十分な実績と専門知識がある運用代行会社でも、コミュニケーションがしっかり取れるかは判断基準として重要です。

コミュニケーションが少なく進捗状況が不透明だと、依頼する側が不安を感じます。自社の希望を事前にヒアリングしてくれるか、疑問点があれば相手からも質問してくれるかなど、密に連携が取れる運用代行業者を選んでください。特にメディア運用は長期的な運用が必要なため、アフターケアが充実した運用代行会社がおすすめです。契約期間が終了したあとも気軽に相談できる会社であれば、心強いパートナーとなるでしょう。

オウンドメディア運用代行の費用相場を表でチェック

オウンドメディア運用代行会社への依頼は、業務の一部か、すべての運用を依頼したかで大きく金額が異なります。下記の表に1ヵ月あたりに必要な費用相場・サービス内容をまとめました。

費用相場(月額)具体的なサービス内容例
20〜30万円
  • 外部専門家からのアドバイス
  • 月1回定例会
  • チャットツールを通した相談
30〜50万円
  • 一部コンテンツ企画や分析・改善
  • コンテンツ制作
50万円以上
  • SEOなどのマーケティング支援
  • 専門性が高いコンテンツ制作
  • 高品質なオウンドメディア運用

上記の表を例に年間費用を比較すると、240〜600万円と大きく金額が変動します。自社でどの程度までオウンドメディア運用をおこなうのかを明確にしておくと、運用代行会社を見つける指標になります。

medifundのオウンドメディア運用サービス一覧

オウンドメディア運用代行会社『medifund』では、長期的なオウンドメディア運用で成果を出すために、さまざまなサービスを提供しています。下記の表にサービス内容をまとめました。

数多く存在するオウンドメディア運用代行会社の中から、信頼できる会社を見つけることは重要なポイントです。medifundは、ユーザーが希望する成果を出すためのノウハウや、長期的なサポートの提供をおこなう運用代行会社です。これからmedifundのサービス内容の詳細を確認していきます。

1.自社内改善しやすい形で納品オウンドメディア構築

medifundでは、オウンドメディア構築に国内で84.3%のシェア率を誇るWordPressを利用しています。(引用:日本におけるCMSシェア|W3Techs

medifundのオウンドメディア構築で重視するポイントを下記にまとめました。

medifundのオウンドメディア構築で重視するポイント
  • ページ表示速度に努めたデザイン・コーディング
  • Googleが認識しやすいサイトマップ
  • Googleが推奨するレスポンシブデザイン
  • 上位表示させたいキーワードから逆算したサイト設計
また、オウンドメディアを効果的に活用するために、アクセスの流入経路やユーザーをどのように顧客化していくかなどの戦略設計もおこないます。

2.各分野の実務経験を持つライターが執筆オウンドメディア記事制作

medifundでは、記事制作を各業界の専門家が執筆します。ユーザーの求める情報提供はもちろん、記事の独自性や権威性、信頼性の高い記事制作をおこないます。コンテンツのレイアウトなど視覚的な見やすさを工夫し、ユーザー目線に立った記事を提供することが可能です。

さらに、SEOのノウハウを熟知した編集担当が構成と編集をおこない、コンテンツマーケターが最終的なコンテンツの品質をチェックします。各分野のプロが携わることで、ユーザーのニーズに沿いながら独自性を重視した、検索順位1位を狙える良質な記事制作が可能になるのです。

3.毎月のSEOレポートから改善施策を提案SEOコンサルティング

medifundでは毎月、アクセス解析レポートやSEO評価レポートの解析結果を踏まえたうえで、新たな改善策を提案する定例ミーティングを実施します。また、契約いただいたクライアントは、初回5時間のSEO研修を受講することが可能です。実際にSEOキーワード選定や競合調査、検索意図のリサーチ方法などをおこない、SEOに関するノウハウを学べます。

4.コンテンツ制作からコンサルもオウンドメディア運用支援サービス

medifundのオウンドメディア運用は、コンテンツ制作からコンサルティングまでの支援サービスが揃っています。

それぞれのサービスでは、各業界・分野の専門知識を持ったスタッフが担当するため、結果を残せるメディア運用が可能です。また、レスポンシブデザイン化やMFI基準を満たすことにより、SEOに特化したオウンドメディア構築もおこないます。

コンテンツがリリースされた後も、アクセス・ヒートマップ解析といったコンサルティングや、オウンドメディア運用で成果を出すためのサポートなど、多岐にわたるサービスが可能です。

オウンドメディアの運用代行のご依頼はmedifundへ!

オウンドメディア運用の代行をプロに依頼すると、個人・自社メディアの集客力や成約率を向上できます。運用代行の企業をどういった基準で選ぶかを明確にしておくことで、契約後のミスマッチを防げるでしょう。

medifundは、SEOや専門知識を持ったライターによって良質なコンテンツを生み出す、オウンドメディア運用代行会社です。コンテンツ制作だけでなく、オウンドメディアのコンサルティングなどユーザーとのコミュニケーションも重視し、希望に沿ったコンテンツを生み出します。良質なオウンドメディア運用代行を希望するのであれば、ぜひmedifundを利用してみてはいかがでしょうか。