文章を書くのが好きなのに、WEBライティングを始めたら厳しいダメ出しばかりだと自信を無くしますよね。でもそれは、文章力がないからダメ出しをされているのではないのです。まだ自信を無くさないでください。WEBライティングに必要なのは文章力だけではありません。WEBライティングに必要なのは、

  • 簡潔な文章
  • 読み手をひきつけるタイトルや見出し
  • 読み手のメリットになる文章

という視点なのです。どうしたら「読み手のため」の文章が書けるようになるのでしょうか?これさえおさえておけば、すぐにWEBライティングのコツがつかめて、短期間でスキルアップできるようになるポイントをお伝えしましょう。

1.WEBライティングに必要なのは「読ませる力」

悩む女性

WEBライティングを目指す人は、文章を書くことが好きだから始める人がほとんどでしょう。読書も好きだけど、文章を書くのも好きだから文章力にある程度の自信がありますよね。では、文章力がある人がWEBライティングに向いているか、と言うと実はそうではありません。逆にWEBライティングに向いていない書き方をしてしまう恐れがあります。

1-1.簡潔な文章こそWEBライティングに必要な文章力

どのような読み手でも読みやすく、知りたいことが簡単にわかるように書くのがWEBライティングに求められる文章力です。前置きや、長い説明を文章にしても知りたいことがなかなか文章に出てこなかったら、読み手は簡単に「戻る」ボタンをクリックして他のサイトに移ってしまいます。情報があふれているこのインターネット社会で、結論がなかなか出てこないような文章は必要とされていないのです。

1-2.コピーライターの役割

WEBライティングに必要なのは、コピーライターのようなインパクトのある文章で読み手の興味をひきつけることです。サイトを訪れてくる読者は、知りたいことがあって記事を探しています。決して読書がしたくてサイトを訪れてくれたわけではありません。興味がありそうなタイトルだったのに、長くて漢字だらけの文章が書かれていたら前置きだけですぐに興味を失って次のサイトを検索してしまいます。

「書きたいこと」を書くのではなく、「読んでもらえること」を書くのがWEBライティングに必要なことです。

1-3.読み手をイメージする

どんな人がどんなことを知りたくて自分の記事にたどり着いたのか、をイメージしましょう。性別や年齢層はもちろんのこと、検索する事情までイメージする必要があります。どういう状況の人に提供する情報なのか、自分でターゲットを文章化してみるのもいいでしょう。

例えば、「30代後半に入った女性。独身で、ある程度化粧品にお金をかけられる経済状態。化粧品が肌に合わなくなってきたので、30代後半からの女性に向けてすすめられている化粧品を検索している。」と言うようにイメージを文章化します。こうすることでターゲットのイメージが想定しやすくなり、呼びかける対象として文章が書きやすくなります。

1-4.結論は最初に伝える=知りたいと言う気持ちを満足させる

キーワード検索をしてサイトを探している読み手は、知りたいことがあって検索しています。キーワードを検索窓に入力すると、多種多様な検索結果が出ます。その検索結果から自分の記事を見つけ出してくれたのですから、知りたがっていること(結論)を最初に教えてあげましょう。興味をひきつけて離さない、という吸引力になります。

最初に知りたいと言う気持ちを満たしてあげたら、後はゆっくりと目を通してくれます。キーワードにはひっかかったのに、なかなか結論が見えずに何を伝えたいのかわからない文章では、すぐ別のサイトに移ってしまいます。

※結論から先に伝える書き方はSEO対策目的の記事に限ります。

1-5.読み手にメリットがある落としどころを必ず入れる

知りたいことを検索している人は、知った上でメリットがあれば役に立つサイトとしてブックマークをしてくれる可能性があります。読み手に知りたい情報を伝えるだけではなく、どうすれば生活の質が向上できるのかというメリットを伝えてあげましょう。読み手が自分のメリットになるサイトであることを認識してくれれば、リピーターになってくれるでしょう。

2.構成力が必要

困る女性

まずは、記事を書く前に文章の構成を考えましょう。いきなり思いつくままに文章を書くのではなく、構成を組み立ててから文章を書きます。読み手をひきつけるのは、見出しですから、見出しについて考えていきます。構成を組み立て終わったら、全体を眺めて足りないところを足したり、前後を入れ替えたりなどの調整を行います。

2-1.文章を書き始めるより前に構成を考える

構成を始めにきちんと組み立てないと、統一感のない文章になってしまうことがあります。知りたい情報だと思って読んでいるうちに、話の論点がずれていってしまうと読み手は離れていってしまいます。テーマで読み手をひきつけておいて、何を伝えたいのかを最後まで書いていければよいので、やはり構成をきちんと組み立てておく必要があります。

2-2.構成とは見出しのこと

見出しを作っていくことで、構成を組み立てていくことができます。文章の構成が何分割されるのかを考え、見出しを考えます。読み手は見出しだけを見て中身を判断します。大見出し・小見出しなど、箇条書きにして文章がわかりやすいように工夫しましょう。

2-3.見出しの左側に目を引く言葉を使う

人間の目には左から右に目を動かす習性があると言われています。そのために最初に目につく見出しには特に左側に目を引く言葉を使うことをおすすめします。見出しで文章の全体が見えてしまいますから、気になるキーワードは文末ではなく、文頭に持って行って見出しにインパクトを与えましょう。

2-4.構成ができたら全体を眺める

構成は1回組み立てたからと言って、気を緩めてはいけません。全体を眺めてみると話の筋がずれていたり、構成の順番を入れ替えたほうがよかったりと、修正が出てきます。また、書き始めてみると、書きながら修正する部分が出てくることもあるので、話がぶれていかないように注意が必要です。

3.書き出したら一気に仕上げる

パソコンで打ち込み

さあ、構成が出来上がりました。頭の中に全体像があるうちに書き上げてしまいましょう。構成を組み立てているときは、理想的な話の筋道が頭の中にありますが、間が空くとその感覚を忘れてしまいます。文章の文字数にもよりますが、集中力が続く時間を休憩含めて最初に想定しておくと、一気に書き上げるイメージがつくでしょう。

3-1.書き終わる時間を設定する

文章を書くことが好きな人でも、最初は思ったよりも時間がかかります。1,000字に何日もかけてしまうことも!時給換算すると効率が悪いことがわかりますよね。でも、あきらめないでください。経験をこなしていくと、文章を書くスピードは上がります。

書き終わりの時間が納期の期限ぎりぎりではいけません。見直しの時間は必要です。見直してみると修正箇所や、文章の言い回しのおかしなところを書き直していく必要があります。これが結構時間がかかります。書き終わったら一晩おいてから見直すというプロの人も多いです。納期に合わせて余裕を持って時間設定をしましょう。

3-2.テーマ・タイトル・内容・まとめまで一貫しているか?

書きながら、テーマやタイトルを何回も確認しながら書くと方向性を失わずに済みます。クライアントから指示されているコンセプトがあれば、一番わかりやすいですね。再確認しながら書くことで、話がずれていく危険を避けることができます。

WEBライティングでは、結論を最初に持ってくることをお伝えしました。ですから、文末に必要なのはまとめです。伝えた内容をここで要約したら、テーマと照らし合わせてみましょう。お伝えしたことにずれがないかの確認が取れます。

3-3.数字を使うことで記事に具体性がつく

記事の中に数字を入れると、情報が具体性を帯び、文章も理解がしやすくなります。「おすすめ〇選!」というタイトルをよく見かけませんか?あのタイトルの付け方も、内容に具体性があって、読み手にイメージしやすいインパクトがあるためによく使われます。

数字が入ることで、記事のボリュームも想定できますから、読み手が読み始める前に最後まで読めそうな印象を持ってくれます。ただし、文中の見出し全部に数字を入れすぎるのも考えモノです。数字が羅列された文章もまた読みづらくなります。インパクトを与える程度の数字の使い方をおすすめします。

3-4.難解な言葉は必要ない

小説を読むのが好きな人は、難解な日本語をよく知っています。日常的に使うこともあるでしょう。でも、WEBの読み手の人は、難解な日本語に慣れていない人が多いと思っておいた方がよいでしょう。読み手は、すてきな日本語が読みたくてサイトを訪れてくれたわけではありません。知りたい情報があるから自分の記事までたどり着いてくれたのです。

誰もが読みやすい文章を心掛けましょう。専門用語にこだわってみたり、古い使いまわしをしたりすると、読みにくくなり、すぐに読み手は「戻る」をクリックしてしまいます。きれいな日本語の文章にこだわるのは、自己満足になってしまいます。読み手のことを考えられるWEBライターになりましょう。

3-5.修正指摘は伸びしろ

WEBライティングを始めてみると、自分の文章には癖があることに気が付きます。ただしこれは、クライアントが修正指摘をしてくれて初めて気が付くことも多いです。修正指摘されると気分を害するWEBライターもいるそうですが、修正指摘をされないとスキルは上がりません。厳しい修正指摘してくるクライアントは、勉強させてもらっていると思ってどんどん自分の肥やしにしましょう。

3-6.音読をする

最終チェックとして音読してみましょう。誤字脱字が見つけやすくなります。耳で聞くことで、客観的に文章を捉えやすくなりますので、日本語としておかしな文章に気が付きやすくなります。

読み流すのではなく、単語をはっきりと発音しながら音読することでより誤字脱字に気付くことができます。

4.文章は読まれてこそ価値がある

パソコンと女性

文章は、読んでもらえなければこの世に存在しないのと同然です。書いただけでは価値は生じません。「文章は書いても無価値、読まれて有価値、心を動かして資産価値」。まずは、読んでもらえて価値が生じるのです。読み手にとってメリットを提供できれば、読み手の生き方をより良い方向に変えてあげることもできるのです。

読み手が興味を持ってくれるタイトルをつけ、読み手が満足してくれる情報を提供できれば、最後まで飽きずに文章に目を通してくれるような文章を書けるWEBライターにあなたもなれますよ!

ブログを書く前に必ず内部リンクを設計しよう

当ブログメディアではブログの記事数を極力抑え、検索ユーザーに適した情報に合った内部リンク施策を施しており、弊社は毎月安定したお問い合わせを頂いています。

あなたのブログサイトに記事数が100記事以上あるにもかかわらず安定した問い合わせやメールアドレスの取得ができていない場合は、サイト内で見込み客を教育する内部リンク施策がなされていないからかもしれません。

これまで更新した1記事1記事のSEOキーワードや検索意図をどのように仮定し、コンテンツを作成したのか。また、購買意欲をそそる内部リンク先の記事はどのように決めるのか。

これらをすべて把握できるSEOコンテンツ管理シート(Excel、Googleスプレッドシート)を下記ボタンからダウンロードできます。

SEOコンテンツ企画管理シート無料ダウンロード

いきなりブログ記事を更新するのではなく、本シートを利用し、SEOキーワードに基づくコンテンツ企画、ターゲティングを行ってからブログ作成に取り掛かるとブログからの売上が大幅に改善することになるでしょう。