Webライティングのコツは、短い時間でユーザーの目的を達成できる文章を書くこと。「てにをは」を正しく使う、同じ語尾を連続して使わないなど文章を書く上で基本的なことは勿論、Web記事特有の読みやすさを重視した文章構成も必要になります。例えば、結論を最初に書く、200文字程度を一纏まりとして段落を区切るなど、情報の飲み込みやすさも意識する必要があります。

文章に説得力が出るWebライティングのコツ

説得力を出すには、ユーザーを深く知りどのようなことに関心があるのかを意識することが重要です。説得をするには、まずユーザーに理解してもらい共感してもらわなくてはなりません。

どんな考え方をもち、どのような言葉を使って生活をしているのかを知り、ユーザーに理解しやすく読みやすい文章を心がけることで説得力が出てきます。

良い文章を書きたいのであれば、ユーザーの視点を持つことが第一歩になるでしょう。

結論を最初に書く

結論を先に書くことで、ユーザーが探している情報をすぐに見つけられます。ネットを巡回しているユーザーは、ほしい情報がないと思うと最後まで記事は読みません。

ユーザーの目に入る部分に結論を載せて興味を引くことで、その後の文章も読まれやすく共感されやすいです。

文章は簡潔に書く

ユーザーが短時間で理解できるように、短文で簡潔に書くようにします。全てのユーザーが机に向かってじっくりと記事を読むわけではありません。Webの記事はスマホやパッドでの方が読まれやすく、通勤時間や休憩時間の合間に読む人が増えています。

なので簡潔な文章は好まれやすいです。また、難しい文章を好んで読む方はまずいません。同じことが言えるのなら、短文になるように簡潔な表現を選びましょう。

1文を短く書く

一文に多くの情報を詰め込み過ぎると、ユーザーに大きな負担を与えてしまいます。長い文章は読みにくく、分かりにくいです。文を繋げるのに接続詞は効果的ですが、なんども使って長い文章にしてしまうとユーザーにとって読みにくい文章になるので注意してください。

一つの文には一つの情報だけを載せるようにしましょう。長い文章になってしまった場合は文をいくつかに分けて、それぞれを句点で区切ってみてください。

ストレートな言い回しで書く

Web記事は小説ではないので、回りくどい言い回しにする必要はありません。比喩や曖昧な表現を使うことで頭を使うようになり、ユーザーにストレスを与えてしまいます。最低限の文章でストレートに伝えましょう。

回り道せずに直接内容を伝えられるので、情報を想定通りに伝えられます。またストレスなどのマイナスの感情を与えないので、ユーザーも情報を受け入れしやすいです。

てにをはを正しく書く

文章は1文字変えるだけでも、内容が大きく変わってしまいます。会話やメールなどでは「てにをは」は省かれやすいですが、文章ではそうはいきません。文章の形や意味を形成するのに欠かせない存在です。

「てにをは」を正しく使えれば、主語・述語・目的語がはっきりして分かりやすくなります。もし、間違っているのか分からない場合は、言葉に出してみるといいでしょう。違和感を感じる場合は、「てにをは」をまずは変えてみてください。

語尾を変えて書く

「です」「ます」などの語尾を連続で使うと、文章のリズムが単調になり読みにくいです。2回までなら許容できるのですが、3回連続で続くと内容自体が浅く感じるようになり読むのが退屈になります。

人はリズムや韻を踏むことで、内容が頭に入りやすくなります。歴史の暦を覚えるときや九九を覚えるとき、理科の原子記号。暗記の時には文章にリズムを取り入れたことで、頭に入ってきたはずです。

このリズムは語尾を変えるだけで簡単に生まれます。「です」「ます」以外にも体言止めなどを使い、文章をリズミカルにしましょう。

200字一纏まりで書く

200文字一纏まりで書くことで、ユーザーは区切りをつけて読みやすくなります。人は文章を読む時は1文字1文字を理解して読むのではなく、一つの固まりとして全体を認識をして読んでいます。

なので、行間がない長文の記事はその全てを一つの固まりとして認識してしまうので、読むのに疲れてしまい、入ってくる情報も多いのでユーザーに伝わりにくいです。

また、全てのユーザーが上から順に記事を読んでくれるわけではありません。Web記事では斜め読みをするユーザーが多いので、情報をひろいやすくするためにも200文字一纏りにしておくと読みやすいでしょう。

漢字とひらがなのバランスを考えて書く

漢字の多い文章は堅く、威圧的で読みにくい文章の原因になります。漢字が多くなる原因は「ところ」や「という」などの形式名詞などを全て漢字にしてしまうことで起こります。また、タイピングで文字を入力する場合は、普段は読めないような漢字でさえ簡単に変換できます。

難しい漢字や読めない漢字などはひらがなにして、漢字とひらがなのバランスを考えて配置しましょう。ですが、同じ記事内で漢字表記する字を統一しないと、誤字脱字をしているように見えるので注意が必要です。

できればサイト内で全て統一するのがいいでしょう。

文章に説得力があるWebライティングの特徴

人の共感を集めやすい記事には、誰がみても読みやすく分かりやすいという特徴があります。ページを開いて最初に表示される部分を見るだけでも、ユーザーの探している情報がすぐに見つかります。

全体を見ても文字だけで表現しようとはしていません。ユーザーに見やすいように画像や動画なども使い理解しやすい構造になっています。

誰が読んでも読みやすい

Web記事を読む人は多種多様であるため、文法を守りシンプルな表現の文章が好まれます。コンテンツを作成する際にはターゲットを選定して内容を絞るのが効果的ですが、記事の読みやすさとはまた別の話です。

読みやすいとは、馴染みのある言葉を使い、難しい言い回しや比喩表現を使わないことを言います。余計な言葉を入れることで長文になり、理解するのに時間がかかります。文章が難解で、伝えたいことが伝わらないこともあります。

簡単な言い回しで同じことが言えるのであれば、短い言葉でぼやかさずにハッキリと表現しましょう。

知りたい情報が分かりやすい

ユーザーが知りたい情報を見出しの最初の一文に記載しましょう。Web記事を読んでいるユーザーは知りたいことや解決したいことがあり、検索をかけて情報を探しています。

そのため、まずは知りたい情報がこの記事にあることを知ってもらうために、結論を先に書くようにしましょう。ほしい情報があると分かればユーザーは興味をもち先の記事を読んでくれます。

結論の後にはその情報を補完するように書くと、分かりやすい文章になるでしょう。

全体の構成が見やすい

Webライティングでは文章だけでなく、記事そのものの見やすさも必要です。視覚的に情報を得られる画像や動画のある記事の方が読みやすい傾向にあります。

言葉だけではどうしても表現しにくいことや、データや数字を見せる時には画像やグラフなどを見せる方が分かりやすいです。

また、一行スペースも記事を読みやすくする役割があります。会話には間が大切であると言われますが、それは文章でも同じです。ユーザーが記事を読む上で一息ホッとできる部分になるのが、文章の一行スーペスです。

小見出しや文章の意味が変わる部分に一行スペースを入れると記事全体が見やすくなります。

ライティングに入る前にやっておくこと

ライティング前には必ず、ターゲットになるユーザーの事前調査をしておきましょう。

ライティング前にやるべきこと

・キーワード調査

・ユーザー像を定める

・結論を明確にする

調査をしておくことで、ユーザーがどのようなことに悩んでおり、どの情報を知りたがっているのかを見つけられるので、読みやすく説得力のある記事が書けます。

事前に準備をすることで記事の中で何を伝えたいのか整理でき、内容がブレないのでライティングのスピードも上げられます。作業効率とクオリティを上げるためにも必ずやっておきましょう。

キーワード調査をする

Webライティングをする際の、全体の基礎となる部分がキーワード調査です。この調査により記事のコンセプトだけでなく、構成や見出しなども決まってくるので他の作業よりも一番時間を使うようにしましょう。

キーワード調査に役立つツールちえのわ!

goodkeyword

Ubersuggest

検索される頻度が高い順に結果が表示されるので、上位にあるキーワードから需要のある物を選びさらに調査をしています。キーワードを決めたら検索をして、検索上位にある記事を10記事ほどリサーチしましょう。

他サイトでの記事をリサーチすることで、ユーザーが知りたがっている情報や流行している内容を把握できます。自分だけの知識だとかたよりができてしまい、共感されにくくなるのでリサーチは必ずしておきましょう。

参考ライティングが早くなるリサーチのコツと方法

ユーザー像を定める

どのような人が記事を読んでくれるのか、自分が一番理想とするユーザーを想像しましょう。

ペルソナで設定される項目・性別

・年齢

・職業

・年収

・学歴

・家族構成

・生活習慣

・趣味(興味のあるもの)

・考え方(使う言葉・気分)

・休日の過ごし方

・現在の悩み

一人の生活を詳細に想像できるまで、ターゲットの情報を設定していきましょう。そうすることでどの程度専門用語を使えばいいのかや、記事の方向性を決めやすくなります。

見出しや情報の配置についての構成も、ユーザーを定めることで見えてくるのでしっかりと定めておきましょう。

参考SEO対策におけるペルソナ設定は一般的なペルソナ設定と異なる

結論を明確にする

ユーザーに伝えたい結論を明確にしておきましょう。ライティングでは結論を先に記載して、補完するように理由やデータなどの情報を後付けするのが理想の形です。

なので結論をハッキリさせておくことで、そのあとの文章をまとめやすくなります。

ユーザーが求めている情報の答えが結論に入っているのかを、キーワード調査の段階で明確にしておきましょう。明確にすることで、最後のまとめの説得力をアップさせられます。

記事構成を考える

キーワードを選定してターゲットが決まったら、次は記事を構成していきましょう。構成は記事の設計図です。設計図を作っておくことで、全体を通して伝えたいことがブレずにライティングができます。

構成を考えずに作業をはじめてしまうと、修正などで作業効率が悪くなるだけではありません。ゴールが見えずに作業を始めるので意見が一人歩きして、結果何を伝えたいのか分からなくなります。

ユーザーの設定を詳細にしておくことで、今どの情報を一番求めているのか。その情報をどこで見せればいいのかが見えてくるようになるでしょう。

文章を簡潔に分かりやすくすることがWebライティングのコツ

ユーザーに読みやすく分かりやすい文章を書くことが、Webライティングで説得力の高い文章を書くコツです。

ユーザーが見つけやすいように探している情報の結論を先に載せて、なぜその結論に至ったのかをデータを交えて理由を説明。この説明にはこの情報を載せておくと分かりやすい、画像の方が見やすいのではないかと、ユーザーを常に意識して記事を構成していくことで説得力のある記事が書けます。

ユーザーに頭を使わせていけません。Webライティングのコツをおさえて、自然に頭に入る理解しやすい文章を心がけるようにしましょう。