トリプルメディアとは、マーケティング戦略に用いられるメディアを3種に分類した概念であり、オウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアで構成されます。

トリプルメディアの内訳とオウンド、アーンド、ペイドメディアの連携

トリプルメディアの内訳とオウンド、アーンド、ペイドメディアの連携

海外ではPaid(ペイド)、Earned(アーンド)、Owned(オウンド) Mediaの頭文字でPOEMと称されます。

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

トリプルメディアとは

トリプルメディアとは、マーケティング戦略に用いられるメディアを3種に分類した概念です。トリプルメディアはオウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアの3つを表し、それぞれのメディア同士は補完関係にあります。

それぞれに長所と短所が存在するので、3種のメディアで連携を取りながら行うマーケティング戦略が効果的とされています。

オウンドメディアとは

オウンドメディア(Owned Medhia)とは、自社が所有し、自らの情報を発信するメディアを意味します。

コーポレートサイトやECサイト、自社運営ブログなどがオウンドメディアです。

オウンドメディアの特徴は、自社で管理・運営を行うため、発信する情報を自社でコントロールできることです。

そのため、自社の戦略に合わせて適切な情報を顧客に対して提供することができます。

オウンドメディアは「理解を促すメディア」とされています。

他のメディアよりも、自社の商品やサービス、それに関連する情報を詳しく提供することができるからです。

ブランディングや見込み顧客の育成に適しています。

一方で、オウンドメディアはプル型のメディアです。消費者が検索をして初めて接触することができます。

そのため、オウンドメディア単体で多くの消費者の認知を獲得することは困難です。

ここで、オウンドメディアの運営に成功している事例を3つご紹介します。

サイボウズ式

サイボウズ式

サイボウズ式

(引用|サイボウズ式

「新しい価値を生み出すチームのメディア」がコンセプトのサイボウズ株式会社が運営するオウンドメディアです。

サイボウズはクラウドベースのグループウェアや業務改善サービスを販売しているため、「働き方」「チームワーク」「業務改革」についてのコンテンツを掲載しています。

レッドブル

レッドブル

(引用|レッドブル

レッドブル・ジャパンでは多くのスポーツのスポンサーを行っています。

オウンドメディアでは、そういった自社がスポンサーをするスポーツのイベントやアスリートについてのコンテンツを掲載しています。

商品の紹介よりもコンテンツに注目が集まるようになっており、レッドブル・ジャパンの公式サイト自体が一つのオウンドメディアになっています。

ニキペディア

ニキペディア

(引用|ニキペディア

ニキペディアはプロアクティブなどを販売する、ガシー・レンカー・ジャパン株式会社が運営するオウンドメディアです。

ニキビなどの肌荒れに対する解決方法を中心にコンテンツを掲載しています。

自社商品だけでなく、競合他社の商品を紹介するコンテンツもあり、一つのメディアとして公平な情報を提供しているのが特徴です。

近年コンテンツマーケティングへの注目に比例して、オウンドメディアの運営を始める企業が増えています。

オウンドメディアのメリットや構築については、「オウンドメディアの意味とは」に詳しく記載しています。

アーンドメディアとは

アーンドメディア(Earned Media)とは消費者が起点となるメディアを意味します。

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSや口コミサイトなどがアーンドメディアです。

Facebook

Facebook

(引用|メディファンド

Twitter

Twitter

(引用|メディファンド

アーンドメディアの特徴は、消費者と消費者、消費者と企業がコミュニケーションを取れる点です。

コミュニケーションをとおして信頼を築き、ファン化することができます。

20代の60%以上がTwitterを利用し、約45%がFacebookを利用する

など、消費者とアーンドメディアとの接触は増えています。(引用:モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2017年度総集編|ジャストシステム

アーンドメディアは「共感を得るメディア」とされています。

消費者の意見を反映させたり、他の消費者の意見に触れることができるからです。

一方で、アーンドメディアでの情報発信の内容は、消費者にゆだねられており、企業側でコントロールすることができません。

また、アーンドメディアは自社で運営していないので、自社の資産にはなりません。

運営している会社の規定変更によって、それまでのコンテンツがまったく使えなくなるリスクもあります。

ペイドメディアとは

ペイドメディア(Paid Media)とは、支払いを必要とする広告を出稿することで利用できるメディアを意味します。

リスティング広告やバナー広告などのインターネット広告のほか、テレビCMや新聞広告もペイドメディアです。

Google検索

Googleのリスティング広告

(引用|Google

Yahoo検索

Yahooのバナー広告

(引用|YAHOO! JAPAN

より詳しいインターネット広告の種類については、「インターネット広告の種類」に詳しく記載しています。

ペイドメディアの特徴は、多くの読者がいるため影響力が大きいことです。

商品やサービスについて、多くの消費者に早く伝えることができます。

ペイドメディアは「認知を上げるメディア」とされています。

発信する内容や対象者などの範囲を自由に計画し、投入する広告量に比例して、消費者に広くアプローチすることができます。

一方で、ペイドメディアでは投入する広告量に比例して費用がかかります。

また、広告では掲載できるスペースに制限があるため、伝える情報は限られてしまう面もあります。

オウンドメディアはペイメディアのような即効性はありませんが、消費者に向けて自由にメッセージを発信することができます。

アーンドメディアはオウンドメディアのようにコントロールすることはできませんが、消費者とのコミュニケーションによって信頼を高めることができます。

ペイドメディアはアーンドメディアのような双方向性はありませんが、消費者の目に多く触れることができます。

3つのメディアの長所と短所を活かす

トリプルメディアにはそれぞれに長所と短所があります。どれか一つが優れているわけではなく、それぞれが補完し合う関係性です。

そのため、オウンドメディアのコンテンツをアーンドメディア(SNS)で拡散し、訪問したユーザーに対してリマーケティングでペイドメディア(広告)を表示させ、コンバージョンに導くといった、トリプルメディアを連動させるマーケティング戦略が効果的です。

ブログを書く前に必ず内部リンクを設計しよう

当ブログメディアではブログの記事数を極力抑え、検索ユーザーに適した情報に合った内部リンク施策を施しており、弊社は毎月安定したお問い合わせを頂いています。

あなたのブログサイトに記事数が100記事以上あるにもかかわらず安定した問い合わせやメールアドレスの取得ができていない場合は、サイト内で見込み客を教育する内部リンク施策がなされていないからかもしれません。

これまで更新した1記事1記事のSEOキーワードや検索意図をどのように仮定し、コンテンツを作成したのか。また、購買意欲をそそる内部リンク先の記事はどのように決めるのか。

これらをすべて把握できるSEOコンテンツ管理シート(Excel、Googleスプレッドシート)を下記ボタンからダウンロードできます。

SEOコンテンツ企画管理シート無料ダウンロード

いきなりブログ記事を更新するのではなく、本シートを利用し、SEOキーワードに基づくコンテンツ企画、ターゲティングを行ってからブログ作成に取り掛かるとブログからの売上が大幅に改善することになるでしょう。