被リンクを獲得するには、コンテンツの質を上げ、多くのユーザーに見てもらえる環境を作る必要があります。Googleは被リンクを「投票」に例えていて、検索順位の一因になると公開しています。被リンクは量よりも質が重要で要で、効果があるのはナチュラルリンクのみです。それ以外の不自然なリンクはペナルティが課される原因となります。発リンクは信頼できる専門性の高いリンクのみを貼ると、コンテンツの質向上に繋がります。

SEOに効果的な被リンクと発リンクの貼り方

SEOに有効な被リンクはナチュラルリンクです。発リンクは情報の正確性や専門性を向上させるために貼ります。例えば何かを説明する際に「体験談」や「専門家の意見」など、実体験や第三者の意見があれば、情報に対する信用性が増します。情報を補強するために使う発リンクがSEOでは効果的ということ。

ナチュラルリンクとはユーザーがコンテンツに対して有益だと判断し、自発的に貼るリンクのこと。

リンクはSEOにおいて大変重要な要素です。Googleのリンクプログラムにも明記されています。被リンクと発リンク、2つのリンクの違いはリンクを貼る側か貼られる側かという違いです。

被リンク:外部サイトから自身が運営するサイトへ飛ばされるリンク
発リンク:自身のサイトから外部のサイトへ飛ばすリンク

自身が運営しているサイトに対する被リンクが多くなれば、Googleから質の高いコンテンツであるとして見てもらえます。発リンクにおいても自身の知識以外の専門的な情報を付け加えることで、「確かな情報が記載されている」と判断されます。つまり被リンクと発リンクはGoogleの検索順位を上げるSEOの観点で重要なのです。

被リンクで検索順位に効果的なのはナチュラルリンクのみ

被リンクで検索順位に効果的なのはナチュラルリンクのみだと述べましたが、被リンクを貼られるサイトによって有効具合が変わってきます。自身のサイトと近い内容からの被リンク、ドメインパワーの強いサイトからの被リンクが特に有効です。

ドメインパワーとはサイト(ドメイン)自体の力のこと。
自分のサイトに他のサイトから高品質で関連性の高いリンクを作ってもらうには、インターネット コミュニティで自然に人気を得られるような、関連性の高い独自のコンテンツを作成するのが最も効果的な方法です。良質なコンテンツを作成すると、それが利益につながります。リンクは編集者による人気投票のようなもので、役に立つコンテンツを多く提供するほど、そうしたコンテンツが自サイトのユーザーにとって有益だと気付く人が増え、そのサイト コンテンツへのリンクを設定してもらえる可能性が高くなります。
引用:リンクプログラム

ナチュラルリンクにおいては商品紹介を例に上げると理解が早いです。使ったこともない人から「この商品いいよ」と勧められても説得力がなく、購入する気になりません。しかし長年愛用している人が商品の魅力的な特徴などをふまえつつ、勧められたら購入する可能性は高まるでしょう。

「実際に利用して勧める」これが自然な流れです。ナチュラルリンクも同様です。自身のコンテンツに実際に触れ、有益だと感じて勧めてこそはじめて被リンクに価値が生じます。

ドメインパワーは「権威性」と近いものです。例えば薬を勧めるのに、医者の言葉であれば成分が何かわからなくても信用してしまいます。病院でもらった薬を疑い深く飲む人はあまりいません。「医者」という権威性があるからこそ、人は信用します。
被リンクの有効具合が異なる点の1つはドメインパワーです。薬であれば医者というように、誰から勧められたか(誰からの被リンクか)によって被リンクのパワーが変わってくるのです。

権威性とは自分よりも地位や権力が高い人、また専門知識を有している人の発言や行動を無意識のうちに従ってしまう人間の性質のことです。(引用:資本主義で生き残るために)

不自然な被リンクはペナルティが与えられる

不自然な被リンクはペナルティが与えられます。自然な流れで紹介することが重要だと述べました。つまりそれ以外の不自然な紹介、被リンクは効果がありません。
Googleのリンクプログラムを参照してもわかるように、不自然な被リンクはペナルティを受ける可能性があり、悪質なリンクとも呼ばれます。

ペナルティを受ける悪質なリンクは以下の通り。

  • お金によるリンクの売買
  • リンクを貼ること自体が目的化されているリンク
  • その他のナチュラルリンク以外のリンク

上記のリンクはGoogleのSEOに効果的どころか、むしろ逆効果になってしまうので注意が必要です。
つまり、SEOで有利に働くリンクはナチュラルリンクだけ。ナチュラルリンク以外の被リンクは無価値です。

被リンクの数は「人気投票」

Googleにとって被リンクの数は「人気投票」です。被リンクの数が多いということは、それだけユーザーから価値のあるコンテンツだと認めてもらっているようなものだからです。自身のサイトが質の高いコンテンツを提供していれば、ユーザーは他人に共感を得ようと拡散します。このプロセスから被リンクはコンテンツに対する人気投票だと言えます。

商品購入の際にも、商品の「評価」や「レビュー」を見て買う人が多いです。評価やレビューが良い人気商品は販売サイトの中でも上位表示されています。SEOでも同様のことが言えます。人気投票が多ければ多いほど、上位表示されやすくなります。

しかし多くの被リンクを集めるだけで、SEOで上位表示できるわけではありません。

高品質のサイトからのリンクが重要

被リンクにおいては、高品質のサイトからのリンクが重要です。多くの被リンクを集めることができたとしても、あまり効果が出ない場合があります。理由は被リンクの価値がサイトごとに異なるからです。被リンクの数は人気投票だと述べましたが、1票の価値はサイトごとに違います。つまりGoogleの人気投票は平等ではないのです。

SEOに効果的な被リンクとしてカウントされるものは、質の高いサイトからのリンクです。作られたばかりのような質の低いサイトからの被リンクはあまり効果がありません。関連性のあるサイトやドメインパワーの強いサイトからの方が効果があります。

先に例を挙げた商品販売サイトでは誰がレビューしても同等の評価ですが、SEOに関してはシビアです。「誰がレビューするか」によってその投票の価値が変わるのです。一般人が投票するよりも、権威性のある人がレビューした方が有益なコンテンツだと判断されるのです。

被リンクについて分析したい場合、いくつものチェックツールが存在しますが、最も使われているのはGoogleのサーチコンソールです。(参考:被リンクチェックツールをご紹介!被リンクはSEO対策に重要!)

発リンクはコンテンツの質を上げるために貼る

発リンクはコンテンツの質の上げるために利用します。自身が説明しているものに対する補足説明や、説明の根拠を示すために発リンクを貼ります。発リンクで飛ばす先は体験談や、専門家の意見など情報の正確性や専門性を向上させるサイトです。情報の正確性が増すことで質の高いコンテンツとしてみなされ、結果的にSEOの観点でも有効です。

例えば自身のコンテンツ内で「サプリメント」の情報を記載していたとしても、発信者が医者や薬剤師であれば良いですが、そうでなければ情報の信用性がありません。しかし自身のサイトから発リンクで医者のコメントページに飛ばし、信用に値する情報が記載されていれば、自身のコンテンツに対する信用性も向上します。
発リンクは自身のコンテンツや情報に対する補強として価値があります。

被リンクがSEOに与える効果

▲メインコンテンツのリンクは共通部分のリンクより大きな価値を引き出す

▲メインコンテンツのリンクは共通部分のリンクより大きな価値を引き出す

▲信頼性できるサイトからのリンク距離が近いほど大きな価値を引き出す

▲信頼性できるサイトからのリンク距離が近いほど大きな価値を引き出す

被リンク(ナチュラルリンク)を得て、SEOに効果をもたらす重要点は2点あります。
・「投票」によるGoogleからの評価上昇
・クローラーの誘導

ひとつひとつ解説していきます。

「投票」によるGoogleからの評価上昇

Google が掲げる 10 の事実」で「ウェブ上の民主主義は機能する。」と言っています。つまり、SEOの順位付けには「コンテンツ」と「リンク」が必要不可欠です。

Googleの目的はユーザーの満足度の向上です。Googleがユーザーの満足度を高めるにはユーザーがGoogleで検索した際に、必要かつ正確な情報に素早く辿り着けること。つまりGoogleはユーザーのニーズを満たし、正確な情報を発信している良質なコンテンツを求めているのです。

自身のサイトが良質なコンテンツである証明する1つの要素として「リンク」が存在します。リンクという投票により、自身のサイトが価値のあるものだと判断され、SEOにプラスの効果をもたらしてくれるのです。

クローラーの誘導

被リンクはクローラーの誘導としても役立ちます。そもそもGoogleに自身のサイトを表示してもらうには、クローラーに見つけてもらう必要があります。被リンクを多く得ることができれば、クローラーが自身のサイトを見つけやすくなり、巡回頻度も上がります。

クローラーが多くの頻度で巡回してくれるようになれば、自身のサイトページのインデックスが促進され、新しいページの公開やページの更新にも気づいてもらいやすくなります。ページの公開や更新に気づいてもらいやすくなれば、Googleからの評価もそれだけ更新されやすくなります。

発リンクがSEOに与える効果

発リンクがSEOに与える効果は間接的なものです。発リンクという情報の正確性を上げることで、コンテンツの質を向上させることができると述べました。コンテンツの質の向上はユーザーにとって有益な要素。ユーザーが有益と感じることはGoogleにとっても嬉しいことです。

コンテンツの質が上がることでGoogleからの評価上昇

コンテンツの質が上がることでGoogleからの評価が上昇します。コンテンツの質を上げ、ユーザーの満足度を向上させることができれば、結果的にSEOにおける効果が期待できます。発リンクにより情報が正しく記載され、理解しやすいコンテンツになれば、それは良質なコンテンツと言えます。発リンクはコンテンツの質を向上させるために貼ることで、Googleからの評価も向上します。

被リンクの獲得方法

SEOに効果が期待できるナチュラルリンク(被リンク)を獲得する方法は、自身が運営するコンテンツの質を向上させ、高頻度で発信していくこと以外にありません。

被リンクはそもそもユーザーがコンテンツを利用して価値を感じて、はじめて拡散というかたちで貼られるものです。つまり被リンクは自身で今すぐ改善できるものではありません。改善に限らず、コントロールすること自体不可能です。自身ができることはコンテンツを有益なものにし、日々コツコツ発信していくことのみ。

広報に力を入れている団体にインタビューを実施

最もポピュラーな被リンク獲得方法は、広報に力を入れている自治体、企業へインタビューを実施することです。実施されたインタビューは「メディア〇〇に取材されました」のように掲載してくれることがあり、その際に初リンクを設置してもらえれば自社の被リンク獲得に繋がります。

注意点としては、インタビューを実施しても被リンク獲得されることが確実ではない点です。過去のメディア掲載されたことをホームページ上で掲載しているかどうかを確認してからインタビューを打診するといいでしょう。

他のWebメディア媒体に寄稿する

業界によっては、記事を寄稿することが可能な媒体もあります。メディアによって寄稿には審査があったり、料金が発生することがあるので事前に寄稿についてWebメディアに問い合わせてみましょう。

競合が獲得している被リンクを調査して媒体に掲載

(ahrefsによる被リンク調査画面) ▲ahrefsを使えば競合サイトがどこから被リンクを獲得しているのか分かる

(ahrefsによる被リンク調査画面)
▲ahrefsを使えば競合サイトがどこから被リンクを獲得しているのか分かる

自身で被リンクを改善することは難しいと述べましたが、月額82ドルの有料ツールのahrefsを使えば被リンクを分析できます。競合サイトがどのサイトから被リンクを得ることができているか、そこから自身のサイトが掲載できる媒体を探すことで、被リンクを獲得できる可能性のあるサイトを「リスト化」することが可能。

コンテンツの質を上げる

被リンクを得るためにはコンテンツの質の向上が欠かせません。コンテンツの質が高ければ高いほど、人は他人に教えたくなります。コンテンツの質を向上させるには、ターゲットであるユーザーの視点に立ち、ユーザーが求めているものを把握することから始まります。ユーザーが求めているものを提供する、もしくはそれ以上の価値を提供するのです。

例えば英会話を学びたい人が「どうやって勉強すればいいのだろう?」と迷っている悩みに対して、「学び方」をわかりやすく教えてあげる。ユーザーが求めているものを提供できています。それ以上の価値を生み出すには、同ユーザーが次に知りたがる情報まで記載してあげること。学び方を理解したら、次にユーザーが求める情報は実際に学ぶためのオススメの「ツール」や「英会話教室」の情報でしょう。

多くの良質なコンテンツは、ユーザーが求めている情報の次のステップまで考えて作られています。
ユーザーは知りたかった情報に加えて、付加価値を提供されて満足度が上がります。満足度が上がれば人は他人に教えたくなるものです。

つまり、コンテンツの質の向上は被リンクの獲得に直結するのです。
被リンクを多く獲得できると、SEO的に有利になります。「被リンクが多い=投票数が多い(人気)」と判断されるためです。

ユーザーの検索意図を理解する

ユーザーの検索意図を理解することがコンテンツの質の向上のための第一歩です。ユーザーは何も考えず、Googleで検索することはありません。何かに悩み、疑問に思いはじめてGoogleで検索します。

ユーザーの検索意図をつかむポイントは2点

  • 何に対して悩みんでいるのか
  • 何を提供するればその悩みを解決できるか

価値のあるコンテンツは必ずユーザーのニーズを満たしています。ただし、そこで満足していてはいけません。情報開示後も「どのような検索意図で自身のサイトに流入しているのか」分析する必要があります。Googleサーチコンソールというツールを使うことで、分析が可能です。

信頼できるコンテンツにする

自身のコンテンツは信頼できるものにしなくてはなりません。ユーザーの検索意図を理解しニーズを満たしていたとしても、コンテンツに対する信用性がなければユーザーは不信感を持ってしまいます。ユーザーの不信感を払拭するにはコンテンツの信用性を上げる必要があります。ここで用いるのが発リンクです。

発リンクを用いて体験談や専門家の意見を付与することで、情報の根拠を示すことができます。情報の根拠を示すことができれば、情報を含む自身のコンテンツの信用性も上がります。信頼できるコンテンツを作ることは結果的に被リンクの獲得にも繋がります。

SNSを整備する

SNSの整備は必須です。良質なコンテンツを生産しても、ユーザーに知ってもらわなければ意味がありません。自身のコンテンツの認知のためにSNSが効果的です。SNSは手軽に情報を発信することができます。自身のコンテンツと紐付けておくことで、コンテンツに対する認知度も向上します。つまりSNSを整備し、運用していくことで新たなユーザーの獲得に繋がるということ。

注意点はSNSの運用も自身のサイトやコンテンツと同様に、日々コツコツ取り組む必要があるということ。アカウントを作成するだけでは意味がありません。普段からユーザーの心に刺さるコンテンツを発信し、フレンドやフォロワーを増やしていく必要があります。

SNSでの拡散で獲得の機会を増やす

SNSでの拡散でユーザー獲得の機会を増やすことができます。SNSは自身のコンテンツを認知させるために有効だと述べました。認知の機会を大幅に向上させるSNS仕組み、それが「拡散機能」です。自身がSNSで発信する情報やコンテンツが良いものであればユーザーは拡散機能を使って、多くの人に広めてくれます。

SNSにおける拡散はGoogleの評価、つまりSEOには直結しません。しかし新たなユーザーを獲得できる機会が増えるということは、結果的にSEOに直結する被リンクの獲得にも繋がります。つまりSNSで拡散されることは間接的にSEOに対しても効果があるということ。

SEOに効果的な被リンクはコンテンツの質があってこそ

SEOに効果的は被リンクはコンテンツの質があってこそです。被リンクはナチュラルリンクしかSEOに効果はありません。ナチュラルリンクを獲得するためには、コンテンツの質を向上させることが必須。コンテンツの質が高ければユーザーの満足度も向上し、「拡散」というかたちで被リンクを獲得できるからです。

コンテンツの質を向上させるには発リンクを貼って、理解のしやすさや情報の正確性をあげること。理解しやすく、正確な情報が記載されているコンテンツであれば、ユーザーからの信用を得るができます。

最後にコンテンツの入り口を増やすためのツールとしてSNSを整備することです。SNSでも同様にユーザーがコンテンツに対して魅力を感じれば、拡散機能を用いて自身のコンテンツを他人に広めてくれます。広がれば広がるほど、被リンクを獲得できる機会が増加します。