httpとhttpsの違いはWEBサイトに訪れたユーザーをハッキング(クレジットカード情報を盗むネット詐欺)から守るSSL化(暗号化通信)を行っているかという点です。

SSL化を設定していない場合、「保護されていない通信」と表示されます。

httpの見分け方

httpURLでSSL化されていない状態。2018/9/25Googleクローム(PC)で表示されるURL欄

https

httpsURLでSSL化され、暗号化通信を行ったいる状態。2018/9/25Googleクローム(PC)で表示されるURL欄

上記のように表示されると、WEBサイトに訪れたユーザーは不安になり、離脱を招いてしまう恐れがあります。

特にhttps化が必要なWEBサイトは個人情報の登録を促すサイトです。例えば、クレジットカードや住所の登録を行うECサイトや、会員登録機能があるサイトがSSL化を行っていない場合、情報を他者に盗まれてしまう可能性がある(海外からの攻撃を受けるケースが多い)のです。

httpsの意味とは?

「http」に「Secure」が合わさって、「https」となっています。HTTP over SSL/TLSとも言われています。

つまり、「https」は「http」よりもセキュリティがしっかりしている暗号通信を行っているということです。

「http」を「https」に変えることを、よく「SSL化する」という表現で用い要られます。この仕組みは、通信中のハッキング対策のために作られています。

例えば、Amazonで住所やクレジットカード情報を入力する時に、すべての情報を抜き取られ、悪用されたら怖いですよね。

「https」にしていない会員登録サイトで個人情報を入力する際は、個人情報を入力してもいいか検討してください。サイト運営者に悪意はなくても、外部からハッキングされる可能性が高くなります。

会員登録サイトはだいたいこんな感じのURL表示になっているかと思います。

httpの意味とは?

httpとは「Hyper Text Transfer Protocol」の略称、とあるルールや法則を用いてWEB上の情報を送受信する通信規格のを意味します。

分かりやすいように説明しますと、「情報(文字・動画・画像)を、ある決まりに従ってインターネットの情報を覗きますよ」という意味です。インターネットは情報を単純化することによって膨大な情報量をやり取りしてきました。

URLの左端に「http」と表記されていませんが、これは「http://www.adlis.jp」と同じ意味です。

SSL化する時の注意点

私の印象としては、httpのほうが楽。httpsはめんどくさい。といった印象です。記事のURLや記事内の画像URLを1記事ずつすべて変更しないといけないからです。

もし、SSL化した記事内に内部リンクがあり、「http」が1つでも混じってるとリダイレクトループの餌食になります(笑)

SSL化しているサイトにアクセスしようとすると、下記のような画面が出てきます。

サイト内のURLをすべてチェックしないといけないのです。

始めたばかりorこれから始める人は断然〇〇

Googleさんは、httpsのアドレスをSEO的に優遇すると発表しています。

googleウェブマスター向け公式ブログ

googleさんの立場を考えれば、サイト訪問者がより満足するような仕組みにした方が、googleの収益(広告)が上がるわけです。

「他の検索サービスよりgoogleを使った方が安全で便利!」

と思ってもらうために、SEOが存在するのですから。

SSL化した方が良いのですが、記事数が多いほど、いちいちURLを「http」から「https」に変更しないといけないので、お時間に余裕があればちょこちょこやっていきましょう。

これからHPやワードプレスブログを運営する場合は、覚えておくと良いでしょう。

私が初めてSSL化したときはリダイレクトループからしばらく抜け出せませんでした。

これからブログやHPを開設する人には断然SSL化しておくことをオススメします。

まとめ

Googleの公式サイトにも書いてあったとおり、SSL化はちょっぴりSEOに効果があるのでしょう。

ですが、そのうちますます優遇されることが考えられるので、今SSL化していないサイトもやったほうが良いかもしれません。

でも、ここで確認して欲しいことがあります。

このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。全体的に見ると、このシグナルは良質なコンテンツであるといった、その他のシグナルほどウェイトは大きくありません。HTTPS は、優れたユーザー エクスペリエンスを生み出す多くの要素のうちの 1 つです。
今後、より多くのウェブサイトで HTTPS が使用されることを期待しています。ウェブの安全性をさらに強化しましょう。

Googleは、コンテンツの質の方が大事といってます。

“SSLにしたら検索が上がる”といったことを考えるよりも先に、“サイト訪問者がより満足するサイト”を意識すればいいということです。

ちなみに、僕ははてなブログからSSL化したワードプレスにブログ移行してから、検索エンジンからの訪問が多くなりました。いろいろ小技を使っているので、一概にSSL化の影響とは言えませんが・・・

ブログを書く前に必ず内部リンクを設計しよう

当ブログメディアではブログの記事数を極力抑え、検索ユーザーに適した情報に合った内部リンク施策を施しており、弊社は毎月安定したお問い合わせを頂いています。

あなたのブログサイトに記事数が100記事以上あるにもかかわらず安定した問い合わせやメールアドレスの取得ができていない場合は、サイト内で見込み客を教育する内部リンク施策がなされていないからかもしれません。

これまで更新した1記事1記事のSEOキーワードや検索意図をどのように仮定し、コンテンツを作成したのか。また、購買意欲をそそる内部リンク先の記事はどのように決めるのか。

これらをすべて把握できるSEOコンテンツ管理シート(Excel、Googleスプレッドシート)を下記ボタンからダウンロードできます。

SEOコンテンツ企画管理シート無料ダウンロード

いきなりブログ記事を更新するのではなく、本シートを利用し、SEOキーワードに基づくコンテンツ企画、ターゲティングを行ってからブログ作成に取り掛かるとブログからの売上が大幅に改善することになるでしょう。