httpとhttpsの違いは、SSL化(暗号化通信)がなされているかされていないかという点です。

SSL化を設定していない場合、「保護されていない通信」と表示されます。

httpの見分け方

httpURLでSSL化されていない状態。2018/9/25Googleクローム(PC)で表示されるURL欄

https

httpsURLでSSL化され、暗号化通信を行ったいる状態。2018/9/25Googleクローム(PC)で表示されるURL欄

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

httpとhttpsの違い

httpとhttpsでは安全性の高さが違います。httpとは、Hypertext Transfer Protocol の頭文字をとったもので、「Secure」が加わったものがhttpsです。httpsの暗号化通信は、第三者から情報を盗聴されたり改ざんされることを防ぐ効果があります。

特にhttps化が必要なWEBサイトは個人情報の登録を促すサイトです。クレジットカードや住所の登録を行うECサイトや、会員登録機能があるサイトを利用する際、情報を他者に盗まれてしまう危険性を十分に考慮しましょう(海外からの攻撃を受けるケースが多い)。

httpsの意味とは?

「http」に「Secure」が合わさって、「https」となっています。HTTP over SSL/TLSとも言われています。

つまり、「https」は「http」よりもセキュリティがしっかりしている暗号通信を行っているということです。

「http」を「https」に変えることを、よく「SSL化する」という表現で用い要られます。この仕組みは、通信中のハッキング対策のために作られています。

例えば、Amazonで住所やクレジットカード情報を入力する時に、すべての情報を抜き取られ、悪用されたら怖いですよね。

「https」にしていない会員登録サイトで個人情報を入力する際は、個人情報を入力してもいいか検討してください。サイト運営者に悪意はなくても、外部からハッキングされる可能性が高くなります。

会員登録サイトはだいたいこんな感じのURL表示になっているかと思います。

httpの意味とは?

httpとは「Hyper Text Transfer Protocol」の略称、とあるルールや法則を用いてWEB上の情報を送受信する通信規格のを意味します。

分かりやすいように説明しますと、「情報(文字・動画・画像)を、ある決まりに従ってインターネットの情報を覗きますよ」という意味です。インターネットは情報を単純化することによって膨大な情報量をやり取りしてきました。

URLの左端に「http」と表記されていませんが、これは「http://www.adlis.jp」と同じ意味です。

httpをhttpsにする(SSL化)する方法

  1. 契約しているサーバーでSSL証明書を取得し、インストール
  2. 内部リンクや画像のリンクのhttpをすべてhttpsに書き換える
  3. rel=”canonical”でhttpsのURLを指定
  4. http~のURLをhttps~のURLに301リダイレクト設定
  5. SearchConsoleにてXMLサイトマップを送信

httpsがSEOでも優遇されるとGoogleから公式の発表がありました

このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。全体的に見ると、このシグナルは良質なコンテンツであるといった、その他のシグナルほどウェイトは大きくありません。HTTPS は、優れたユーザー エクスペリエンスを生み出す多くの要素のうちの 1 つです。
今後、より多くのウェブサイトで HTTPS が使用されることを期待しています。ウェブの安全性をさらに強化しましょう。

httpをhttpsに変えるだけで検索順位が確実に上がるわけではありませんが、少なからず検索順位を決める項目の一つです。これからWebサイトを公開する際には予めSSL化を行いましょう。