SEOライティングの基礎として知っておきたいことは、検索エンジンに評価されることだけを目指すのではなく、検索エンジンユーザーが短い時間で情報を理解できるように文章を作成することが重要だということです。

SEOライティングとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに対して、上位表示させることを目的とした文章作成技術を意味します。

SEO対策で検索上位表示を狙う場合、良質なコンテンツである必要があります。コンテンツを制作する上で、検索上位を狙うためには上位表示しやすいキーワードの選定以外に、質の高い読みやすい文章が必要です。

検索エンジンユーザーにとって読みやすく、Googleのクローラビリティの高い記事になるために必要なSEO対策の要素を含めたSEOライティング35のコツを紹介します。

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

記事の内容

SEOライティングの基礎知識

SEOライティングの基礎として知っておきたいことは、検索エンジンに評価されることを目指すのではなく、検索エンジンユーザーが短い時間で情報を理解できるように文章を作成することが重要だということです。

SEOライティングとは、検索エンジンで上位表示に掲載されるページ作成を目的として行うライティング技術を意味します。読みやすい文章に加え、Googleのクローラーが高い評価をする文章の書き方が必要です。

検索エンジンに評価される文章の特徴は、文章を読みたくて読んでいるユーザー(サイトのファンや文章を読むこと自体が好きなユーザー)に対する文章とは違い、文章を読みたくないけど情報を取得するために仕方なく読んでいる人に対する文章であるという点です。

ブログ記事を書き始めたばかりのSEOライティング初心者は起承転結の文章で記事を書いてしまうというケースが多々ありますが、SEOライティングでは、まず結論を書き、その次に結論の理由を書きましょう。

SEOで高く評価される文章は

  • 読者が知りたい情報かどうか
  • 短く分かりやすくまとまっているか
  • 独自性はあるか
  • その情報に信頼度はあるか
  • 見やすいレイアウトかどうか

上記の基準を満たしているかが重要です。

よりSEOに重要な「コンテンツの質」を知りたい場合は”SEOで重要なコンテンツの質とは?5つの評価基準”を参考にしてください。

SEOライティング35のコツ

1.共起語を含める

ページ内の文章には、共起語を含め、ユーザーが理解しやすい文章作成を心がけましょう。

共起語とは、「ある言葉が使われる時に、一緒に利用される言葉」のことです。

検索意図取得ツールの使い方(共起語)

「別れる,理由」で検索結果10位内のページに多く含まれる単語

例えば、「SEOライティング」と検索した際に検索上位10位以内の記事内に多く含まれている単語が共起語です。共起語が自然と含まれるような文章を心がければ自ずとユーザーが求めている内容に近づきます。

「なぜこの共起語が多いのか」を読み解くと、検索ユーザーが「何を知りたいのか」が分かり、ユーザーの検索意図を深く汲み取ることが可能です。

2.SEOキーワードを実際に検索して、どのような情報が上位に表示されているか理解する

SEOキーワードを実際に検索し、検索上位表示されているページの傾向を掴みましょう。

キーワードで実際に検索をかけて、上位に表示される情報を理解しましょう。すでに上位表示されているコンテンツを理解、分析することで、検索ユーザーのニーズが分かり、どのようなコンテンツを作成するべきかを判断できます。

3.関連キーワードを検索する

「ユーザーが詳しく知りたいことは何か」を知る手がかりとして関連キーワードを検索しましょう。

関連キーワードとは、検索する際に一緒に検索されるキーワードのこと。関連キーワードは読者ニーズを知る手がかりとして利用します。

関連キーワードサジェストツールに上位表示させたいキーワードを入力するとGoogle、Yahoo!の検索関連キーワードが表示されます。

4.SEOキーワードをタイトルに含める

SEOキーワードをタイトルに含ることで、ユーザーが目を凝らして探しているキーワードを検索結果の目立つ場所(タイトル)に表示させることができます。タイトルは28文字以内にすると文字が途中で切れることはありません。タイトルだけで記事で何が分かるかを示しましょう。

5.SEOキーワードはタイトル・見出しの先頭に記載する

検索結果画面

検索結果画面の最も目立つ先頭(左側)にSEOキーワードを配置

SEOキーワードはタイトル・見出しの先頭(左側)に記載しましょう。先頭に入れることによって、クリック率を高める効果があります。

クリック率が高まると、流入ユーザーが増え、結果的に検索順位向上に繋がります。

見出しの先頭にSEOキーワードを含めることで、ユーザーにとって情報を認識しやすい見出し作成に繋がります。

6.本文中のSEOキーワードはページの前半に多く出現させる

本文中にSEOキーワードを含めることはSEOライティングでは重要なことです。この時、できるだけページの前半部分にSEOキーワードを集めるようにしましょう。

多くの読者は記事の前半部分を読んで離脱するかそのまま読み進めるかの判断を行います。そのため、読者の離脱率が高い前半部分にSEOキーワードを多く含めることで読者のニーズに応え、離脱を抑えられます。

2019年10月において、10,0000ページを分析した統計結果(※SEOマスターの分析結果)では、記事全体の前半3分の1に本文中に含まれるSEOキーワードの出現回数の半分近くを分布させているページが検索結果の上位に掲載されている傾向にあります。

7.「私」などの書き手が主語の単語を使わない

コンテンツを読んでいるユーザーが主語であるという前提で執筆しましょう。検索流入するユーザーは、「私(書き手)は〇〇している」のような情報に興味はありません。書き手が誰であろうと、論理的で客観的な事実をユーザーは求めています。

8.リード文(イントロ)で共感する前に結論

記事の冒頭を構成するリード文(イントロ)の1行目はタイトルに対する結論を書きましょう。

「「SEO対策」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、難しそうですよね。」

のような共感よりも、SEO対策とは何かを説明する必要があります。

9.文字数は必要最低限の文字数に抑える

SEOライティングにおける文章は“必要最低限の文字数”で構築しましょう。現在のGoogleはコンテンツの質を重要視しており、長文だから上位表示するということはありません。

読者のニーズに応えさえすれば、1ページ1000文字以下でも上位表示は可能ですSEO対策|文字数は検索上位と下位で比較したら関係ないことが判明)。文字数はできるだけ少なくし、その代わり濃い情報を提供するように心がけてください。理想は少ないスクロールで最大限の情報を提供することです。

SEOライティング初心者の場合、一度作成した原稿を30%ほど削減すると情報の濃いページが出来上がります。

10.読みやすいレイアウトにする

SEOライティングでは読みやすいレイアウトにすることが重要です。

読みやすいレイアウトにする施策

  • 太字や背景色を使いすぎない
  • 下線を使用しない(※ユーザーがテキストリンクと勘違いするため)
  • 見出しタグを適切に設定する
  • 理解を促す画像の設置

読みにくさは読者の離脱率増加に影響しますので、常に読みやすいレイアウトを意識するようにしてください。

11.最初の見出しはタイトルの抜粋、もしくはタイトルの結論を述べる

最初の見出しはタイトルの抜粋、もしくはタイトルの結論を述べましょう。ユーザーは最初の見出しでコンテンツを読み続けるかどうかを判断します。

「SEOライティングの基礎|初心者が必ず知っておきたい35のコツ」というタイトルの場合は、最初の見出しに「SEOライティングとは」を設定します。

12.指示語を多用しない

「あれ」「これ」「それ」「このように」と言った指示語はできるだけ使用しないようにしましょう。読者は記事を流し読みすることが多いので、指示語を多用していると読者が文章の内容を理解できません。できるだけ具体的な言葉を使用してください。

13.類義語はターゲットによって統一する

類義語はターゲットに合わせて統一するようにしましょう。例えば「Web集客」と「ネット集客」は似た意味を持ちますが、ターゲットがどちらのキーワードで検索するかを分析して使い分け、統一してください。表記がブレるとユーザーは混乱します。

14.人によって尺度が変わる表現は使わない

SEOライティングでは具体性のある表現を使うようにしましょう。「多い」「少ない」や「高い」「低い」など、読者の主観で尺度が変わる表現は記事の信頼性を損なう可能性があります。

例えば「SEOライティングの受注相場は高い」ではなく、「SEOライティングの受注相場は1文字約5円」のように具体性の高い表現を心がけると、人によって解釈が変わることはなく、信頼性の高いコンテンツが出来上がります。

15.余計なことは一切書かない

余計な文章、文言を一切書かないようにしてください。2018年以降のGoogleアルゴリズムにおいて、無駄な情報がページ内にあればあるほど検索エンジンからの評価が下がる傾向にあります。

「検索エンジンユーザーは、すでに何を知っており、何を知りたくないのか」を把握した上で記事を作成する必要があります。

16.見出しのみでコンテンツの内容を理解できるようにする

見出しには結論を記述します。読者は見出しだけしか読まないことがほとんどです。新聞の見出しのように結論を最優先にするよう、見出しに結論を入れてください。

17.次の章に入る前に、「次は〇〇を説明します」のような余計な情報を書かない

次の章に入る際、「次の章では〇〇を説明します」というような文言は必要ありません。ユーザーは本文を一言一句読んでおらず、先に見出しを認識する傾向にあります。

18.ディスクリプションは本文を読まなくても記事の内容が分かるように書く

SEOライティング Google Search

ディスクリプションを構築する際はSEOキーワードを含め、記事本文を読まなくても内容が分かるように書きましょう。また、文字数は100~130文字で記述しましょう。また、PCとスマートフォンではディスクリプションの表示文字数が異なることがあるので、両デバイスで確認を行うことが重要です。

19.検索ユーザーの検索意図を推測する

SEOライティングを行う際は記事を読むであろう検索エンジンユーザーの検索意図を推測してください。

  • 何を知りたいのか
  • なぜ知りたいのか
  • どのような形(動画なのか画像なのか)で知りたいのか
  • 知ってどうなりたいのか

上記ような事柄について深く理解しましょう。ターゲットの深い理解が適切なSEOライティングにつながります。

参考:検索意図とは|ユーザーの潜在ニーズを読み解く上級者のSEO

20.例え話を避けて事例を紹介する

SEOライティングを行う際は、例え話を避けて具体性のある事例を伝えるようにしましょう。

例え話は内容に関連しないキーワードが記事内で多数用いられるので、クローラーがページを巡回したときに、「何の情報が書かれているコンテンツか」を判別しにくくなってしまいます。

SEOキーワードに全く関連しない例え話を説明のために記述する場合は引用タグ内に例え話を記述しましょう。

21.「思います」「でしょう」を避ける

SEOライティングを行う場合、「思います」「でしょう」といった情報の信頼性を損なう可能性がある表現はできるだけ避けましょう。基本的には「です」「だ」など断定を使ってください。断定できない場合は、根拠を集め、論理的に文章を構成しましょう。

22.丁寧すぎる表現を使わない

丁寧すぎる文章は使わないでください。冗長な印象を読者に与えてしまいます。例としては「~なのです」「~になります」は「です」「だ」と簡潔な表現にしましょう。

23.一文中に同じ単語を多用しない

一つの文中に同じ単語を多用するのは避けましょう。同じ単語を繰り返すということは文章を短くまとめられていない証拠です。何度も同じ単語を使わないように短い一文を作成しましょう。

24.アルファベットや数字は半角を使う

アルファベットや数字は半角を使用しましょう。URLやメールアドレスなどのアルファベットと数字の文字列は全角だと認識されないことがあります。半角英数で統一することを意識しましょう。

25.余計な専門用語の解説をしない

余計な専門用語の解説は省きましょう。読者ターゲット像がどの程度知識を持っているかを想定し、ユーザーの知識レベルに合わせて専門用語を適切に使用してください。

26.オリジナリティよりもターゲットからずれないことを大事にする

SEOライティングをするにあたってオリジナリティよりもターゲットのニーズから外れないことを意識することが重要です。オリジナリティは検索上位表示を促す必要な要素ですが、オリジナリティを出す反面、ターゲットが求めないコンテンツになりがちなので注意しましょう。

27.画像で解説する際は、画像が先、文章の解説が後になるようにする

画像を使って解説をする際は画像を先に示し、文章での解説は画像下部で行いましょう。画像の方が情報量が多く、読者がイメージしやすいので文章を読みたくないユーザーの満足度が向上し、ページ滞在時間が増加します。

28.指名検索で訪問するユーザー向けの記事でない限り、自分の考えを述べない

著者の名やサイト名で検索し、ページに訪問するユーザー向け記事でない限り、考えを述べる必要はありません。SEOキーワードから流入するユーザーは著者の考えに興味はありません。客観的かつ論理的なコンテンツが求められます。

29.資格など権威性のある立場なら、しっかり執筆者プロフィールに情報を記載する

Googleアルゴリズムは「E-A-T」を重要視しているので、著者プロフィールに権威性をアピールできる情報(資格や経歴)を記載しましょう。権威性を主張できれば上位表示が見込めます。

30.altタグを記述する

altタグとは画像ファイルの説明文です。altタグを適切に記述すると画像検索での上位表示を狙えます。注意点としてaltタグは画像の代替テキストですので、長々と書いてはいけません。シンプルに画像の内容を説明する記述を行いましょう。

また、画像下部に表示されるキャプション(画像の説明)の記述も行いましょう。

31.URLの文字の羅列をそのまま記述しない

コンテンツ内に情報として価値を持たないURL文字列をそのまま記述しないでください。情報として意味のある文章にテキストリンクを設置することで対応できます。テキストでリンク先のコンテンツで何が分かるかを記載することを忘れずに。

32.見出しタグはh1>h2>h3のように階層を意識する

見出しhタグ一覧の例

見出しhタグ一覧の例

見出しタグはh1>h2>h3のように階層を意識してください。h2>h1>h3のように階層構築が崩れるとユーザーの理解を妨げるレイアウトになります。

33.解説は概念図や写真、スクリーンショットなどの画像を用いる

解説を行う際、できるだけ概念図や写真、スクリーンショットなどの画像を用いましょう。写真などの静止画はJPEG、図・スクリーンショットはPNG形式を利用すると、鮮明な画像かつ、低容量のページが作成できます。画像データは容量が大きいため、データ圧縮してアップロードしましょう。画像軽量化はWordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer 」かオンラインのツール「TinyPNG」を使用すると良いです。

34.タグを利用するときは、AMPを考慮する

タグを利用する時はAMPを考慮しましょう。テーブルタグの幅指定を行う<width>タグはAMPで表示が崩れてしまいます。また、アニメーションなどのJavascriptは使用できません。

AMPはレイアウト崩れを引き起こす可能性があるので、AMP表示させたくないページがある場合はAMPを無効にする設定を行いましょう。WordPressの場合は1記事ごとにAMP非表示設定が可能です。

35.引用する部分は引用タグで囲む(引用タグ内に引用URLをアンカーリンクで記述)

他サイトの文章を引用する際は引用タグで囲むようにしましょう。引用タグ内に引用URLを記載してください。この時、URLを直接記載しないよう、文章テキストにアンカーテキストリンクの挿入を行いましょう。

成果のでないSEOライティングにありがちなこと

SEOライティングにおいてやってはいけないことは、小説のような文章の書き方や起承転結の構成に沿った書き方です。SEOライティングでは無駄な語句、文章を一つでも省き、文章を流し読みでも理解できるように記事構成を行いましょう。

ブログ記事を書き始めたばかりのSEOライティング初心者は、記事の冒頭に挨拶や共感、本文で何を書いているかの説明を書いてしまいがちですが、まず結論を書きましょう。ユーザーが記事をスクロールしなくても、記事の上部だけで内容を理解できるように記事を構成しましょう。

また、成約を狙うコピーライティングとSEOライティングは全くの別物です。コピーライティングは読者の心情を揺さぶるようなフレーズを組み込んでいきますが、SEOライティングは無駄な文章の一切を削除してスッキリとさせる書き方です。

ユーザーは1秒でも早く問題を解決するために文章を読んでおり、できるだけ早く最小限の文章で最大限の情報提供をするようなライティングが求められています。ライターが目指すべき理想的なSEOライティングは短い滞在時間で最後までスクロールし、検索体験を終えてもらう文章です。

SEOライティングのおすすめ勉強本

SEOやライティングに全く詳しくない人でも読める書籍

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティング

本書は漫画調でストーリーのあるWebライティングの書籍です。非常にボリュームのある内容になっていながらも軽快な物語の展開と丁寧なライティング技術の解説から初心者にまず読んでほしい一冊。SEOライティングに必要な知識も十分得ることができるので初心者はまずこの書籍から勉強してみることをオススメします。

今後も変わらない本質的なSEOWebライティングが学べる書籍

SEO対策のための

SEO対策のためのWebライティング実践講座

SEO対策に特化したWebライティングの書籍なので、SEOライティングを学びたい人にはうってつけの書籍です。特にロジカルに解説してくれる書籍ですので再現性は高いといえます。

文章に苦手意識がある方にとってやさしいオススメ書籍

SEOに強いWebライティング

SEOに強いWebライティング

セールスにフォーカスをおいた書籍です。SEOライティングを学びながら、さらにセールスライティングも学ぶことができる書籍なので、アフィリエイトブログを運営している人におすすめの書籍です。

SEOライティングの費用相場

SEOライティングの費用相場は1記事1万円~5万円です。おおよその内訳は下請けのライターに費用の約三割(3000円〜15000円)、編集部が残りの約七割(7000円〜35000円)です。

たくさんのキーワードを狙った量産型SEOの場合は1記事あたりの単価が安く、少ない記事で上位表示を狙うSEOライティングの場合は単価が高い傾向にあります。

さらにライターがインタビューを行う場合は、取材準備や取材自体に時間とお金がかかるので費用がかさみ、上記の金額以上になる可能性があります。

コンテンツ作成についての詳細を知りたい場合はメディファンドSEOコンテンツ作成サービスまでご連絡ください。

SEOライティング35のコツを実践して上位表示を狙おう

SEOライティングはWebライティングの中でも独特のテクニック・コツが存在します。中でも最も重要なことは「検索ユーザーにとって必要な情報“だけ”を必要な“形”で提供する」ということ。このポイントをしっかりと抑えて無駄のないSEOライティングに挑戦してみてください。

SEOキーワードとコンテンツを管理

もし自身のWebサイトに記事数が100記事以上あるにもかかわらず安定した問い合わせやメールアドレスの取得ができていない場合は、SEOキーワードとこれまで書いたコンテンツを把握していないことが原因の可能性があります。

これまで更新した1記事1記事のSEOキーワードや検索意図をどのように仮定し、コンテンツを作成したのか。また、購買意欲をそそる内部リンク先の記事はどのように決めるのか。

これらをすべて把握できるSEOコンテンツ管理シート(Excel、Googleスプレッドシート)を下記ボタンからダウンロードできます。

SEOコンテンツ企画管理シート無料ダウンロード

いきなりSEOコンテンツを更新するのではなく、本シートを利用し、SEOキーワードに基づくコンテンツ企画、ターゲティングを行ってからコンテンツ作成に取り掛かると自社サイトに効率よくアクセスを集めることが可能です。