記事を更新しても検索順位が上がらないことがありますよね。一度公開した記事のSEO効果を高めるには、リライトが必要だと言われています。

リライトはタイトルの書き換えや必要な情報を追加することです。そうすると、検索順位が上がり、より多くの人が見る集客力の高いページになります。記事を新しく更新するよりも、集まったアクセスをさらに伸ばすほうが早く結果を得られるのです。

参考:コンテンツSEOってどれくらい効果があるの?
記事をより効果的に書き換えて、SEO効果につながる方法を解説します。

SEO効果があるリライト3つの方法

1.タイトルをわかりやすくする

読者はタイトルを見て、自分の疑問や悩みが解決できるか判断します。

人は左から右へ視線を動かすので、キーワードや興味をひく言葉、数字をタイトルの始めに持ってきます。

はてぶタイトル順位
引用: 2017年間総合はてなブックマーク数ランキング|週刊はてなブログ

例えば、はてなブログのブックマーク数が多いタイトルを見てみるとわかりやすいです。

  • 誰に向けて書かれているか
  • 誰が書いているのか
  • 何が書かれている記事か

これらがあると、タイトルだけで内容がパッとわかりやすいですよね。つまり、読者はわかりやすいタイトルをクリックする傾向があるのです。記事で伝えたい内容がキーワードですので、タイトルに含めるようにしましょう。

2.導入文で読者の興味をひきつける

記事は良いタイトルをつけても、導入文で読者の興味をひきつけなければ読まれません。読者は疑問や悩みを持ちながら、解決するページを探しています。冒頭で関係ない内容が書かれてあると、記事を見たいと思いませんよね。

導入文には、

  • 何がわかるのか結論を書く
  • 読むメリットを提示する
  • 読者も簡単にできるか

などを書く必要があります。また、読者の心をつかむ方法として、共感の言葉「〜ですよね」や疑問文を使って、共感や驚きを加えることで興味をひける導入文が書けます。

3.記事のターゲットを考える

ターゲットがずれて読まれない記事になることがあります。検索結果で上位表示されていない記事の多くはターゲットがずれているのです。

例えば「検索順位を上げる方法」を知りたくて検索したとしましょう。しかし、検索結果に「検索順位とは何なのか?」という記事が出てきても、検索した目的とあっていないので見ませんよね。

そういったターゲットの目的の読み違いが、検索結果の順位に影響しています。まずは、記事が解決する読者の悩み、読者は何を知りたくて見ている記事なのかを考えて記事作成をしていきましょう。

リライトの目的とは?

検索上位の記事にするためにリライトは必要

読まれない記事を、読まれる記事にするためにもリライトは必要です。WEB上で記事を書くときは、読者が知りたい情報を書かなくてはなりません。自分が伝えたいことだけ書いても誰も読んでくれません。

読者がどんな情報を必要としているのかは、検索上位の記事を見ればわかります。ですから、検索上位の記事を参考にしながら、その記事よりも読みやすく、より多くの情報を得られれば読者が満足してくれます。

稼げるWEBライターになるためには、検索上位に上がるような記事を書かなければなりません。ですから、リライトという手法が必要になるのです。

正しいリライトはより質の高いコンテンツにつながる

SEO効果を高めるためにもリライトは必要な作業です。検索順位が上がらない理由を、上位表示される記事から考えてみると足りない部分が見えてくるでしょう。

読者が、元の記事よりも読みやすく確かな情報を手に入れることができてこそリライトの意味があるのです。

検索順位が上がらないと悩んでいるなら、リライトを試してみるのもいいでしょう。

SEO対策の基本はキーワード選定

度重なるGoogleアルゴリズムのアップロードをキッカケにSEO対策には質の高いコンテンツが大きな影響を与える要素であることが世間に浸透してきました。

質の高いコンテンツを作成するためには、「ユーザーが何を求めているのか」を理解する必要があります。 直接話したことが無い状況でユーザーのニーズを汲み取る過程こそがSEOキーワード選定です。

たくさんの情報を盛り込めば検索順位が上がるということはありません(参考:SEO対策|文字数は検索上位と下位で比較したら関係ないことが判明!)。ユーザーの検索意図に沿った適切なSEOキーワードを理解することがSEO対策の第一歩です。

下記ボタンをクリックすると、狙ったキーワードでアクセスを集めるキーワード選定方法を知ることができます。

SEOキーワード選定バイブルを無料でダウンロード

今回の記事をキッカケに、Googleの顔色を伺うSEO対策を辞め、5年先もユーザーに求められ続けるブログコンテンツを作成していただければ幸いです。