SEO対策をしているのに、なかなか掲載順位が上がらないというお悩みを抱えていませんか?掲載順位を上げることを意識し過ぎて、サイトとしての評価も落ち、訪問するユーザーを満足させることもできません。

検索順位とは直結していないように感じるかもしれませんが、実は検索エンジンも質の高いコンテンツを評価の対象としています。そのため、ユーザーが有益なサイトであると判断してもらえる質の高いコンテンツを作ることもSEO対策のひとつとして有効な手段です。サイトとしての品質を高く保ちながら、掲載順位も上げることができれば、それに越したことはありませんよね。

そこで、今回はSEO対策で重要視されている質の高いコンテンツの基準についてお伝えします。

SEO対策の普遍の規則をまずは確認してください!

コンテンツでユーザーの信頼を勝ち取る

shake-hands

インターネットは、誰でも閲覧することができ、また誰でも情報を公開することができるため、信頼性のないサイトも数多く存在します。たくさんのサイトの中から、ユーザーが信頼できる情報であると判断するには、それなりの根拠が必要ユーザーが信頼できる情報であると判断するには、それなりの根拠が必要となります。

記事のテーマに関する専門家が書いた記事と、その分野に関しては素人であるライターが書いた記事、どちらの記事が信憑性があるかというと、もちろん前者ですよね。専門家に記載してもらうのが難しい場合でも、引用元を明記したり、数的根拠が示されていたり、記事を書いた人の情報が明示されていたりするだけで、信頼度は格段にアップします。このように、ユーザーが信頼できるコンテンツを提供することがSEOでも重視されます。

オリジナリティのあるコンテンツ

originality

他のサイトと同じ情報しか得ることのできないサイトは、ユーザーにとって有益なサイトとは言えません。同じキーワードで検索した際に表示される他のサイトからは得ることのできないオリジナリティのあるコンテンツを提供することが重要です。

キーワードに関するコンテンツを作成する際、オリジナリティを出すためには、その分野において、深い知見や実績、考察が必要となります。それらを盛り込んだコンテンツを提供することで、他に類を見ないユーザーに見てほしいサイト他に類を見ないユーザーに見てほしいサイトとして高評価の対象となります。

ユーザーが求めている情報する

question

掲載順位が上位のサイトは、ユーザーが求めている情報を提供できると判断されたサイトです。裏を返せば、どんなにSEO対策をして掲載順位を上げるための策を盛り込んでも、ユーザーが求めている情報を提供できていないサイトは上位に表示させる価値がないということです。

検索エンジンへの対応ばかり考えていると、ユーザーのことを置いてきぼりにしがちです。そのキーワードを検索したユーザーが求めているのはどんな情報なのかを考え、ユーザーのニーズに応えることができるコンテンツを目指しましょう。

内容が充実しているコンテンツ

fullness

ユーザーが求めている情報を、ユーザーが信頼できる形でオリジナリティのある情報を提供することができれば、必然的に内容は充実してくるはずです。他サイトからの引用しかなかったり、記事が短く内容が薄かったりするコンテンツは、上記の条件が満たされていない証しともいえます。独自の情報やレポート、分析結果や見解などを盛り込んだ独自の情報やレポート、分析結果や見解などを盛り込んだ内容が充実しているコンテンツは質が高いと判断されます。

ユーザーが読みやすい記事

color-pencil

せっかく内容が充実した記事を作成しても、ユーザーに読んでもらわないとサイトの存在価値がなくなってしまいます。ユーザーはその分野に詳しい人とは限りません。専門用語ばかり盛り込まず、分かりやすい言葉で表現することも重要です。また、レイアウトやデザインでも読みやすくすることは可能です。画像や動画を使用するなど、どうしたらユーザーに伝わりやすいかを意識して作られたサイトは評価が高くなります。

さて今回は、SEO対策において重要視されている質の高いコンテンツの基準についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。SEO対策は、掲載順位を上げることだけを目的に行なうものではありません。仮に掲載順位が上がり、サイトの訪問者が増えたとしても、サイトのコンテンツが充実していなければ、訪問者はすぐにサイトから離脱してしまい、その後の成果には結びついていきません。

SEO対策の一環として、サイトの訪問者が満足する質の高いコンテンツを提供することで、掲載順位の向上を狙いながらも、サイトを訪問してくれたユーザーを逃さないようにしていきたいですね。

質の高いコンテンツまとめ

質の高いコンテンツを作るために

  • ユーザーが信頼できる情報を提供する
  • 引用などに頼らないオリジナリティのある内容を掲載する
  • 検索エンジンではなくユーザー目線に立って、ユーザーが必要としている情報を提供する
  • コンテンツの中身を充実させる
  • 文章やレイアウトなど、ユーザーが読みやすいような工夫を凝らす

質の高いコンテンツを提供するために、まずはユーザー目線に立って、自分が運営しているサイトを見てみましょう。情報を必要としているのは、検索エンジンではなくユーザーです。質の高いコンテンツ作りはSEO対策であると認識し、ユーザーのところに有益な情報を届けることを第一に考えたサイト作りを心がけましょう。

検索エンジンからアクセスの流入の一番のメリットは、“アクセスの安定”です。

コンテンツの質を重要視し、安定したアクセスを集める方法をSEOコンテンツマーケティングと言います。

コンテンツマーケティングって何?という方はこちらから確認してください。

SEO対策の基本はキーワード選定

度重なるGoogleアルゴリズムのアップロードをキッカケにSEO対策には質の高いコンテンツが大きな影響を与える要素であることが世間に浸透してきました。

質の高いコンテンツを作成するためには、「ユーザーが何を求めているのか」を理解する必要があります。 直接話したことが無いユーザーのニーズを汲み取る過程こそがSEOキーワード選定なのです。

たくさんの情報を盛り込めば検索順位が上がるということはありません(参考:SEO対策|文字数は検索上位と下位で比較したら関係ないことが判明!)。ユーザーの検索意図に沿った適切なSEOキーワードを理解することがSEO対策の第一歩です。

下記ボタンをクリックすると、狙ったキーワードでアクセスを集めるキーワード選定方法を知ることができます。

SEOキーワード選定バイブルを無料でダウンロード今回の記事をキッカケに、Googleの顔色を伺うSEO対策を辞め、5年先もユーザーに求められ続けるブログコンテンツを作成していただければ幸いです。