WEBサイトの掲載順位が上がるようにSEO対策をしているのに、ある日突然掲載順位が急落して焦った経験はありませんか?それは、掲載順位を上げるために実施したSEO対策が、Googleのペナルティを受ける対象となる禁止事項だった可能性があります

掲載順位を上げることだけを目的とした不正行為を行うと、Googleからペナルティを課せられ、検索結果の順位が下落したり、検索結果に表示されなくなります。せっかくSEO対策をして掲載順位を上げようとしているのに、掲載順位が下落してしまっては対策の意味がありません。早急に順位下落の要因を確認し、ペナルティを解除してもらう必要があります。

ペナルティの禁止事項はこちらからご確認ください!

そこで今回は、Googleからのペナルティを確認する方法と、ペナルティの解除方法についてお伝えします。

Googleから受けるペナルティの種類

batu-mark

Googleがペナルティの対象をしているのは、GoogleがWEBサイトの管理者向けに定めた「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」を遵守していない、もしくは違反しているサイトです。
引用元: ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ガイドラインは、検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作ることを基本方針としています。そのため、掲載順位を操作することだけを目的とした行為はガイドラインに違反していると判断されます。ペナルティには、検索エンジンによって自動的に違反行為を検知してペナルティを課す「自動ペナルティ」と、Googleスタッフの目視によって見つかった違反行為に対して課される「手動ペナルティ」がありますが、どちらのペナルティも、対象となる要件は同じです。
具体的には、次のような行為がペナルティの対象となります。

  • オリジナルコンテンツがないページ
  • 隠しテキストや隠しリンクが含まれたコンテンツ
  • 掲載順位を上げるためのキーワードの乱用
  • 掲載順位の操作を目的としたリンクの設定
  • フィッシングやウイルスなど悪意のある動作を伴うページの作成

Googleからのペナルティの確認方法

rupe-search

Googleからペナルティを受けているかどうかの確認方法は、ペナルティの種類によって異なります。それぞれのペナルティについての確認方法は次のとおりです。

手動ペナルティの場合

手動ペナルティは、Googleスタッフの目視によって課せられるものなので、ペナルティを受けた場合には、対象となるWEBサイトを登録している「Google Search Console(サーチコンソール)」の「メッセージ」、もしくは「手動による対策」に、ペナルティを課した旨の通知が届きます。サイトのどの部分をペナルティの対象と判断したかについても記載されているので、その記載内容に準じて修正する必要があります。

メッセージにも手動による対策の双方に通知がない場合は、手動でのペナルティは受けていません。掲載順位が下がった理由は別のところにあるということになります。

自動ペナルティの場合

検索エンジンのアルゴリズムによって自動で実施される自動ペナルティは、手動ペナルティとは異なり、「Google Search Console」には通知が届きません。そのため、いつ、どの部分が違反と判断されてペナルティを課されたかは、自力で確認するしか方法がありません

順位が急落した日や、サイトのインデックスが削除された日を基準として、その直前に行なったSEO対策の内容がガイドラインを遵守しているかどうかを確認してみましょう。ただし、直前に行なったSEO対策だけがペナルティの対象とは限りません。コンテンツの内容やリンクの状態を確認しながら、WEBサイトを改善していくことが重要です。

ペナルティの解除方法

key-open

ペナルティが課されていることが確認できた場合には、Googleにペナルティを解除してもらう必要があります。解除方法についても、ペナルティの種類によって異なるので、それぞれの解除方法についてお伝えします。

手動ペナルティの場合

「Google Search Console(サーチコンソール)」に通知された内容を確認することで、どの部分がペナルティの対象と判断されたかを知ることができます。そのペナルティの対象とされたところを修正して、Googleに再審査を依頼し、承認されることでペナルティが解除されます

なお、Googleからの通知に、どのような点を違反と判断したかは記載されていますが、「ここをこのように修正してください」というほど具体的な指示は記されていません。通知文に記載された内容に該当する箇所を探して修正する必要があります。また、修正箇所が1ヶ所とは限りません。1ヶ所だけ修正して再審査を要求しても、ペナルティが解消されないケースがあります。ペナルティを課せられた機会を有効活用し、サイト全体において、ガイドラインに違反しているところがないかを確認してみましょう。

自動ペナルティの場合

自動ペナルティの場合には、どの部分を違反と判断されているのかを明確に把握することができません。サイト内に、ガイドラインに違反しているところがないかをくまなく確認し、違反と判断された可能性のある箇所をひとつひとつ修正していくしかありません。
また、ペナルティの通知がきていないため、修正したあとも、手動ペナルティのように再審査を依頼することができません。Googleのアルゴリズムによって、サイトが再評価されるタイミングを待ちましょう。順位が戻ってくれば、ペナルティは解除されたとみなすことができます。

ペナルティを受けたときに修正するポイント

eraser

手動ペナルティも自動ペナルティも、基本方針は「「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」を遵守していないサイトに対して課せられるということで一致しています。手動ペナルティで、修正するべき点が明確になっている場合はその箇所を修正すれば問題ありませんが、どこを修正したらいいか迷った際には、以下の点を確認してみましょう。

オリジナルコンテンツがないページ

自動生成されたコンテンツや、他ソースから無断複製されたコンテンツは違反とみなされて当然ですが、悪意はなく作成したページがこのように判断されることもあります。商品名と価格だけが入れ替わっているECサイトの商品ページや、広告を除いたらコンテンツが残らないアフィリエイトサイトなどがこれに該当します。

商品ページの場合には各商品の紹介文を入れるなど、オリジナルの文章やコンテンツを少しでも加えるようにしましょう。ただし、内容が薄すぎるコンテンツでは、品質の低いページと判断され、再評価には至りません。ユーザーに有益な充実したコンテンツを作る必要があります。

隠しテキストや隠しリンクが含まれたコンテンツ

コンテンツのなかに隠しテキストや隠しリンクがあると、ユーザーが目にする情報と検索エンジンが検知する内容が異なってしまいます。そのためGoogleからは信頼できないサイトと判断され、ペナルティの対象となることがあります。背景色と同じ色の文字でテキストやリンクを隠したり、CSSの画像置換をしている場合には、該当箇所を修正しましょう。

掲載順位を上げるためのキーワードの乱用

SEO対策をしている特定のキーワードが不自然に乱用されていると、掲載順位を上げるための手段と判断されることがあります。キーワード出現頻度が高くなり過ぎないように注意しましょう。キーワードの乱用でペナルティを受けるときに多いのが、ナビゲーションメニューやテンプレートにキーワードを詰め込んでいるケースです。これらは複数のページに表示されるため、特にキーワードの乱用と判断されやすい箇所です。キーワードは自然な形で出現するようの心がけてください。

掲載順位の操作を目的としたリンクの設定

コンテンツとして魅力的なサイトは、他のサイトからリンクを貼られることが多々あります。そのため、被リンク数が多いサイトは、サイトとしての評価が高く、掲載順位が上がる傾向にあります。ただし、そのリンクが自然に貼られたものではなく、掲載順位を操作するために貼られたリンクだった場合には、ペナルティの対象となります。

大量の相互リンクや売買されたリンク、リンクを貼ることだけを目的として作られた質の悪いサイトからのリンクなど、不自然なリンクは削除しましょう。SEO対策を外部業者に委託している場合、不自然なリンクを増やす対策が行われていることがあります。委託したSEO業者にリンクを削除してもらうよう依頼してください。

フィッシングやウイルスなど悪意のある動作を伴うページの作成

ユーザーが意図していない動作を誘発させる箇所がある場合、ガイドラインに違反していると判断されることがあります。ページのコンテンツを予想外の形で操作するもの、ユーザーの同意なくユーザーのパソコンにファイルをダウンロードまたは実行するものなどがその対象となります。ユーザー目線に立ち、不親切であると感じる箇所はすべて修正しましょう。

さて今回は、Googleからペナルティを受けた場合の確認方法と解除方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。Googleが定めている「ウェブマスター向けガイドライン」は、ペナルティを課すために設けられたガイドラインではなく、ユーザーによりよいコンテンツを届けることを目的に定められたものです。WEBサイトをより多くの人に訪問してもらうためには、掲載順位を上げることも重要ですが、掲載順位を上げることだけを意識してしまうと、ユーザーが必要としている情報を提供できなくなってしまいます。このガイドラインを遵守することで、ユーザーに有益な情報を届けることができるWEBサイトを運営できると考え、ペナルティの対象となる違反行為はなくしたいところです。

まとめ

Googleからのペナルティを受けたときの対処法

  • ペナルティを受けるのは「ウェブマスター向けガイドライン」を遵守していないサイト
  • Googleスタッフによつ手動ペナルティの場合は、Google Search Consoleに通知が届く
  • 検索エンジンによる自動ペナルティの場合は、自分で原因を探る必要がある
  • ペナルティを受けた場合は、ガイドラインに違反している箇所を修正
  • 手動ペナルティの場合は、修正後にGoogleに再審査を依頼、通過するとペナルティが解除される
  • 自動ペナルティの場合は、検索エンジンによって修正した箇所が認められるのを待つ

掲載順位を上げるために実施したSEO対策によって、逆に掲載順位を下げてしまっては本末転倒です。順位を上げることだけにとらわれず、ユーザーにとって利便性の高い、有益な情報を提供できるサイト作りを心がけましょう。

Googleのアルゴリズムなんて全部把握している人はGoogle内部の人間でもいないかもと噂されるほどです。

でも、アルゴリズムの変更、決まりには規則があるんです。

↓のリンクにその全貌が書かれています。

SEO対策の基本はキーワード選定

度重なるGoogleアルゴリズムのアップロードをキッカケにSEO対策には質の高いコンテンツが大きな影響を与える要素であることが世間に浸透してきました。

質の高いコンテンツを作成するためには、「ユーザーが何を求めているのか」を理解する必要があります。 直接話したことが無いユーザーのニーズを汲み取る過程こそがSEOキーワード選定なのです。

たくさんの情報を盛り込めば検索順位が上がるということはありません(参考:SEO対策|文字数は検索上位と下位で比較したら関係ないことが判明!)。ユーザーの検索意図に沿った適切なSEOキーワードを理解することがSEO対策の第一歩です。

下記ボタンをクリックすると、狙ったキーワードでアクセスを集めるキーワード選定方法を知ることができます。

SEOキーワード選定バイブルを無料でダウンロード今回の記事をキッカケに、Googleの顔色を伺うSEO対策を辞め、5年先もユーザーに求められ続けるブログコンテンツを作成していただければ幸いです。