SEO対策に成功すれば検索結果で上位表示を獲得しアクセスアップが期待できますが、正しい方法で行わないと効果が出ないこともあります。要点を踏まえて実際に取り組んでみて、自社での対策が難しいと感じた場合は外注も検討しましょう。

SEO対策の効果

長期的な視点に立つとSEOは費用対効果の良い業績アップ手法です。検索エンジン経由の主要な訪問者獲得源としては、自然検索経由(SEO対策)と検索連動型広告(PPC広告)経由の2種類が考えられます。即効性があるのは検索連動型広告ですが、訪問者数やインプレッション数に応じて広告費が課金されて広告の出稿を停止すると訪問者数も減少します。一方でSEOは手間が掛かり、業績を安定させるためには長期的な取り組みが必要ですがいったん検索の上位を獲得すると安定した訪問者発生源になります。

検索結果で上位表示されるのでアクセスが増える

SEO対策とは特定のキーワードの検索で上位表示を狙うための手法です。検索結果で上位に表示されるほどその記事に対する訪問者が増加する傾向にあります。

例えば、2017年にInternet Marketing Ninjasという海外企業が調査した結果によると検索順位20位に表示された場合のクリック率は1.26%なのに対して1位に表示されると21.12%クリックされるというデータが報告されています。 (Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study | Internet Marketing Ninjas)

広告に比べてSEO対策は費用対効果が良い

SEO対策は長期的に見ると広告より費用対効果が良い

SEO対策は長期的に見ると広告より費用対効果が良い

広告には定額、インプレッション課金、クリック課金など様々な方式がありますが、いずれにしても広告費が必要です。一方でSEO対策はすぐに成果は出なくても外注費や人件費を支払いながら対策を行うのでコストはかかりますが、いったん上位表示されると安定したアクセス源になるので長期的には費用対効果が良くなります。

コンテンツSEOにおいては施策が資産になる

特にコンテンツSEOのようにオウンドメディアを使った対策の場合、ビッグワードだけではなく関連するロングテールキーワードからの訪問者を獲得できるので掛けたコストが安定した資産になりやすいです。

SEO対策の効果が出るまでの期間

SEO対策の効果が発生するまでの時間は一概に何か月と言い切れません。キーワードや自社Webサイトの状況、競合Webサイトの完成度によっても上位表示に必要な手間や難易度は異なります。

SEO対策の効果が出る期間は3ヶ月以上

一般的な目安としては3か月から半年程度を効果発生までの最低限の期間として考えた方が良いでしょう。もちろん、Webサイトの規模や新規制作かリニューアルなのかなど様々な要素によっても結果が出るまでの時間は異なりますので、広告のように即効性のないことには留意すべきです。

SEO対策を適切にすることで期間の短縮は可能

SEO対策を実施していても1年以上効果がでない場合もありますし、即日から2週間程度で成果がでる場合もあります、キーワードに対する競合状況によっても必要な期間は異なりますが、適当なSEO対策を実施することによって期間は短縮できます。

SEO対策は正しいノウハウに則り手間をかけなければなりません。

SEO対策で効果を出す5つのポイント

SEO対策には専門知識が必要な手法だけではなく、知識が無くてもできるオーソドックスな手法も存在します。SEO対策で効果を出すための5つのポイントを極力わかりやすい言葉を使って説明します。

参考SEO対策とは-検索上位表示を狙う方法を紹介

タイトルタグの見直し

記事に対して目標としているキーワードを含みながらユーザーの興味を惹くようなタイトルをつけてください。適当なキーワードを含むことは記事の検索順位向上に、ユーザーの興味を惹くタイトルをつけることはクリック率向上につながります。

また、ユーザーは左から右に視線を移動させるので、重要な情報が早期に発見できるように、キーワードは最初の方に配置した方が高いクリック率が期待できます。

参考SEO対策における効果的なタイトルタグの付け方

既存ページへのコンテンツ追加

記事はいったん作れば終了ではなく、適宜情報を更新し、関連する記事をメディア内に追加した場合は他のページとリンクを結んでください。地味な手法ですが、記事の情報を常に最新に保っておくことによってユーザーの滞在時間のアップ、検索順位の向上が期待できます。

例えば、補助金・助成金のWebサイトを開設していたとしても助成金・補助金の公募期間や助成内容は毎年微妙に異なるので、毎年最新の内容にバージョンアップしていかなければなりません。

一方でほうれん草のおひたしのレシピなどは、毎年変わるものではないので一度ページを作ってしまえばめったなことで更新する必要はありません。

扱っているテーマによって既存ページのコンテンツ追加、更新を行い読者が満足する内容を維持してください。

参考SEO効果が高くなる記事リライトの方法-サーチコンソールで簡単3ステップ

新規ページ追加

ユーザーが求めている情報、自社が保有している情報があるのならば、新しいページを作成して記事を追加してください。記事の追加は新規キーワードからの訪問者数アップ効果も期待できますし、既存ユーザーが定期的に訪問してくれる効果も期待できます。

ただし、やみくもにページを追加したり、一つのテーマとして扱うべき内容を複数に分割して内容を薄めるのは望ましくありません。

狙っているキーワードと読者の関心に応じたページ構成を心がけてください。

サイト構造の見直し

記事の量の割に訪問者数が少ない場合は記事がインデックスされていないことが原因かもしれません。Webサイト内に内部リンクからたどり着くのが困難なページを発生させないようにWebサイト構造の再検討を実施してください。

記事が認識されているか、いないとしたらどのような理由なのかはサーチコンソール上から確認できます。他にもサーチコンソールには様々な機能があるので導入しておいて損はないでしょう。

さらに内部リンクを見直すことは、利便性の向上、一人当たりのページビュー数アップにもつながります。

参考SEO対策に効くカテゴリ分けと内部構造

被リンクの獲得

一昔前と比較すると被リンクの効果も減少しましたが、今もなお被リンクには効果があります。ただし、有料リンクを購入、スパムのような手法でリンクを獲得するとかえってSEO上で不利な扱いを受けるかも知れません。

特に注意すべきは業者に丸投げしてこのような対策を実施されることです。営業電話が来ても「古くから運営されている価値のあるドメインのWebサイトからリンクを貼って…」といった手法を説明する業者には注意してください。

王道の対策は読者が他人に紹介したくなる記事を書く事、シェアできる仕掛けを作ることです。優れた記事を見た人が拡散して他で言及してくれるような仕掛けとして例えばSNSのシェアボタンなどをWebサイト上に作ることが大事だと言えます。

参考バズる記事の書き方|シェアしたくなる5つの心理

SEO対策を自社で行うメリットとデメリット

自社だけでSEO対策を実施するのが困難な場合はアウトソーシングを活用して対策を実施するのも良いでしょう。自社で実施するSEOとアウトソーシングを活用したSEOのメリット・デメリットを比較すると次の表のとおりとなります。

SEO対策を自社で運用した場合とアウトソーシングした場合の比較図

SEO対策を自社で運用した場合とアウトソーシングした場合の比較図

インハウスSEOによって業績向上するのに越したことはありませんが、アップデートのキャッチアップする手間を考慮すると必ずしもインハウスSEOはコストパフォーマンスが良いわけでありません。むしろ、アウトソーシングして専門的な知識をベースとしたSEO対策が実施する方がトータルのコスパは良いケースも多々あります。

ただし、アウトソーシングに当たっては悪質な業者については注意しなければなりません。

SEO対策は外部に委託するのもおすすめ

社内にSEO知識を持った担当者がいない場合は外部の専門業者にアウトソーシングするのも良いでしょう。SEO対策に関する些末なテクニックはGoogleのアルゴリズム変更によって変化しますし、一定の労力が必要となります。

アウトソーシングできる業者の中には毎月定額課金や作業量に応じて課金するタイプの事業者も存しますが、何位になれば月額何万円といった成果報酬型で仕事を請け負う企業もあります。

自社の予算と目的に応じて業者を選択すると良いでしょう。

悪質なSEO対策業者には気をつけて

SEO対策を外部委託する際に注意しなければならないのが悪質な業者です。悪質な業者の傾向として、外部リンクの販売、リース契約やクレジット契約、電話営業を行っているのでこのようなところは避けたほうが無難です。いい会社はSEO関連のキーワードで検索した際に上位になっています。

今すぐ実践して難しければ外注も検討してみよう

アウトソーシングのイメージ図

アウトソーシングのイメージ図

本記事で紹介した5つのポイントに注意すれば、一定の検索順位改善効果が期待できます。5つのポイントを実施しても効果があがらない、そもそも対策に割くリソースが無いという場合は比較表も見ながらアウトソーシングすることも検討してください。

medifundのSEOコンサルティングサービス

また、本メディアには5つのポイント以外にも様々なSEOにまつわる記事が用意されていますので合わせてご確認ください。

参考SEO対策に関する記事一覧