SEOコンテンツ作成時のキーワード選定はGoogleAdwordsのキーワードプランナーで行います。「ページ上部に表示された入札単価」の低いキーワードを狙い、かつ、月間検索ボリュームが一定数以上あるSEOキーワードを選定することが重要です。

SEOコンテンツに求められるキーワード選定には作業の早さが求められます。対策ページが膨大になればなるほど、多数のSEOキーワードを選定しなければなりません。さらに、サイトからの収益や見込み顧客の獲得に繋がらなければ意味がないため、闇雲にキーワード選定をすることは避けたいところ。

本記事ではSEOコンテンツを大量に公開しなければならないケースに適したキーワード選定方法を解説します。

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

SEOコンテンツ作成時のキーワード選定方法

SEOコンテンツ作成時のキーワード選定は、GoogleAdwordsのキーワードプランナーで行います。「ページ上部に表示された入札単価」の低いキーワードを狙い、かつ、月間検索ボリュームが一定数以上あるSEOキーワードを選定することが重要です。

1.キーワードプランナーで「キーワード候補」を取得

GoogleAdwordsのキーワードプランナーを利用することによって、多くの候補キーワードを取得することが可能です。

1-1.コンバージョンに至る課程で検索していそうなキーワードを複数入力

キーワードプランナーTOP画面

キーワードプランナーTOP画面

新しいキーワードを見つける|キーワードプランナー

キーワードプランナーでは複数のキーワードから候補キーワードを導き出すことが可能

コンバージョンに至るまでに検索しそうなキーワードは

  • ランディングページなどの成約ページで上位表示させたいキーワード
  • 検索ボリュームの大きいビッグキーワード

の2方向からアプローチすると、成約につながり、かつ、流入アクセスが見込めるキーワード候補を導き出すことができます。

1-2.一定の月間平均検索ボリューム以上のキーワードを選択

キーワードプランナーフィルタ

キーワード候補はフィルタで検索ボリュームや入札価格で絞り込むことが可能

候補キーワードの数は膨大になるので、「フィルタを追加」から絞り込むとより作業効率が高まります。

キーワード候補ダウンロード

キーワード候補をExcel形式でダウンロード

キーワードの絞り込みができたら、候補キーワードをExcel形式でダウンロードしましょう。

2.関連・サジェストキーワードを取得

キーワードプランナーでダウンロードした候補キーワードの検索ボリュームが高いキーワード、もしくは、入札単価が高いけど上位表示を狙いたいキーワードの関連・サジェストキーワードを取得します。

関連キーワード

Google検索結果画面下部の関連キーワード

関連キーワードは、Google検索結果画面の下部に表示されます。

関連キーワード取得ツールβ版

関連キーワード取得ツールβ版の関連キーワード抽出画面

関連キーワード取得ツールβ版を使用すると、上記のように関連キーワードを取得することが可能です。抽出した関連キーワードを再度キーワードプランナーに入力し、「月間検索ボリューム」と「ページ上部に掲載された広告の入札単価」を導き出します。

3.キーワードの選別

ここまで手順を進めていると、2~3000キーワードほどの候補があることでしょう。すべてのキーワードで上位表示を獲得することは不可能なので、大まかにコンテンツを作成すべきキーワードと、候補から外すべきキーワードを選別します。

キーワードプランナー入札単価

月間平均検索ボリュームは少ないが、広告掲載時の入札単価が高いキーワードは上位表示が難しいケースが多い

キーワードプランナー関連キーワード選定

 

キーワード選別で候補から外すべきキーワードは

  • 広告掲載入札単価高い
  • 月間平均検索ボリュームが小さい
  • 明らかに検索意図が異なる
  • 上位表示できても、コンバージョンにつながるターゲットとは大きく異なるキーワード

など、作成したSEOコンテンツで上位表示を獲得できるように、上記の基準を持ってキーワードの選別を行いましょう。

4.コンテンツ作成に取り掛かる優先順位を決める

キーワードの優先順位

キーワードの種類ごとに優先順位と役割を決める

SEOコンテンツは検索ボリュームの大きいビッグキーワードで上位表示を獲得することだけが正解ではありません。かといって、成約につながりやすいキーワードで上位表示を獲得することだけが正解ではありません。

上位表示までに難易度と時間を要するキーワードで作成したSEOコンテンツを優先的に作成し、検索ボリュームが大きいSEOコンテンツを追加しましょう。

上位表示を狙いやすいキーワードの見分け方

SEOコンテンツを作成するかどうかの検討要因として、キーワードの上位表示の可能性を見分けましょう。以下のような条件に当てはまる場合、検索上位表示を獲得しやすい傾向にあります。

  • スニペットにSEOキーワードが表示されていない
  • 上位表示のページの更新日時が3年以上前
  • タイトルにSEOキーワードが含まれていない
  • スマートフォンに対応していないページが検索上位にある
  • 上位に無料ブログのドメインのページが表示されている
  • 検索結果の上位に高DA(ドメインオーソリティ)のサイトが無い(ただし、キュレーション系サイトは除く)

※DA(Domain Authority):ドメインオーソリティとは、moz独自のドメイン評価を示す数値です。

SEOコンテンツのキーワード選定ができたら、検索エンジンユーザーにとって良質なコンテンツを作成するために検索意図を把握し、作成に取り掛かる必要があります。

詳しくは「検索意図とは-コンテンツの質を高める検索意図の調べ方-」を参考にコンテンツ作成を行いましょう。