上位表示したいキーワードでSEO対策を行なうときに、対象ページのコンテンツ記事の中にどれぐらいキーワードを設定するか悩む事があります。

結論として、対策キーワードや難易度、競合ページの状況によって適切なキーワードの回数は異なります。

検索結果で上位表示されているサイトのキーワード出現率に合わせることで、対策したいキーワードに一番最適なキーワードの回数を知り、コンテンツ記事の中のキーワード数を調整する事ができます。

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

0. 上位表示されているサイトのキーワード回数を調べよう

検索結果で上位表示されているサイトの状況を調べ、対策したいキーワードにとって、どれぐらいのキーワード使用回数が適切かを調べて戦略を立てます。

今回は例として、下記3つのキーワードの調査方法をお伝えします。

  • 「受け口 治し方 スプーン」
  • 「腰痛 筋トレ」
  • 「離婚 養育費」

1. 各サイトの情報をツールを使って調べてみよう

検索結果で上位表示されているサイトのテキストを洗い出し、何回記載されているかを調べるのはとても時間が掛かります。このような作業がURL入力だけで簡単にできる「SEOチェキ」という無料ツールの「キーワード出現頻度チェック」を使用します。

SEOチェキ キーワード出現頻度

キーワード出現率の調べ方

  • 検索結果に表示されたサイトのURLを入力
  • チェックボタンを押す
  • 表示された表から対策したいキーワードの出現率を調べる

2. 結果に基づいて最適なキーワード数を考えてみよう

1ページ目と2ページ目の情報を調査し、上位表示されているページとされていないページを比較します。

1ページ目:1位〜5位のサイト

2ページ目:11位〜15位のサイト

それぞれのサイトで調査したキーワードの情報をまとめ、平均値を出します。

2-2. 調査した数値を元に最適なキーワード回数を決めよう

上位表示されているサイトのキーワード出現率に近づくように、対策したいページのコンテンツのキーワード出現率を調整します。そのため、コンテンツ記事内の最適なキーワード回数をこの調査で判断します。

「受け口 治し方 スプーン」キーワード調査結果

「受け口 治し方 スプーン」集計表

「受け口 治し方 スプーン」キーワード調査結果

この検索結果の上位サイトでは「受け口 治し方 スプーン」の全てのキーワードが記載されていないようです。そのため出現率が多いキーワードに留意し、その他のキーワードも必ず記事内に記載する事により、他のサイトよりも上位を狙えそうです。

この検索キーワードでは2.2%が適正のようです。2ページ目は1.0%なので、下回らないように注意しましょう。

「腰痛 筋トレ」キーワード調査結果

「腰痛 筋トレ」集計表

「腰痛 筋トレ」キーワード調査結果

この検索結果の上位サイトでは主に「腰痛」の割合が高いです。「筋トレ」キーワードが記載されていないサイトもありますが、似た言葉の「トレーニング」と記載されているのが見られます。そのため筋トレのテーマに沿った、より詳しいコンテンツ作成が必要です。

この検索キーワードでは1.9%が適正のようです。2ページ目は3.1%なので、上回らないように注意しましょう。

「離婚 養育費」キーワード調査結果

「離婚 養育費」集計表

「離婚 養育費」キーワード調査結果

「離婚 養育費」のキーワードがどのサイトでも高い割合で記載されているのが特徴です。そのため、キーワードの出現率の調整と、関連するコンテンツ記事もテーマに沿った内容を作成し、他のサイトよりも関連する情報をより多く伝えられるような記事構成が必要です。

この検索キーワードでは9.6%が適正のようです。2ページ目が7.7%なので、上回らないように注意しましょう。

3. キーワード回数を調整する時に大事なこと

SEO対策で上位表示したいページの対策では、コンテンツ記事内のキーワード出現率が大事です。適切なキーワード出現率に調整する事によって、ユーザーが欲しい情報が含まれた最適なコンテンツであるとGoogleから認識されやすくなります。

検索キーワードによって適切な情報量が違うため、対策したいキーワードではどれぐらいの回数が適切なのかを調査し、対策したいページの中のキーワードを最適な回数に調整する事でSEO対策が強化されます。

コンテンツ記事を調整する時には、コンテンツに合ったテーマに沿った内容で加筆することにより、評価ポイントがよりアップします。

SEO対策の基本はキーワード選定

度重なるGoogleアルゴリズムのアップロードをキッカケにSEO対策には質の高いコンテンツが大きな影響を与える要素であることが世間に浸透してきました。

質の高いコンテンツを作成するためには、「ユーザーが何を求めているのか」を理解する必要があります。 直接話したことが無い状況でユーザーのニーズを汲み取る過程こそがSEOキーワード選定です。

たくさんの情報を盛り込めば検索順位が上がるということはありません(参考:SEO対策|文字数は検索上位と下位で比較したら関係ないことが判明!)。ユーザーの検索意図に沿った適切なSEOキーワードを理解することがSEO対策の第一歩です。

下記ボタンをクリックすると、狙ったキーワードでアクセスを集めるキーワード選定方法を知ることができます。

SEOキーワード選定バイブルを無料でダウンロード

今回の記事をキッカケに、Googleの顔色を伺うSEO対策を辞め、5年先もユーザーに求められ続けるブログコンテンツを作成していただければ幸いです。