ページ/セッションとは、1セッション(ユーザーがサイトにアクセスしてから離脱するまでの間)あたりに何ページ見たかを表す数値です。基本的に、ページ/セッション値の高さは訪問ユーザーの満足度の指標になります。つまり、ユーザーの満足度をGoogleアナリティクスで簡単に確認することができます。

ページ/セッションの概念図

ページ/セッションの概念図

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

ページ/セッションとは

「ページ/セッション」とは、1セッションあたりのページビュー数の平均値を示すものです。

「セッション」とはユーザーがWebサイトを訪問して、離脱するまでの一連の流れを意味します。

「あるWebサイトに訪問し、記事をひと通り読み終えたあと、関連する記事が気になっていくつかのページを読み、他のWebサイトへ移るなどして離脱する」これで1セッションです。

したがって、「ページ/セッション」は「1回の訪問で見られているページの平均」と言うこともできます。

例えば、

セッション(Aさん) 2ページビュー

セッション(Bさん) 3ページビュー

セッション(Cさん) 5ページビュー

という3セッションのページ/セッションは「(2+3+5)÷3」の計算で、「3.34」となります。

ページ/セッションが多いということは、それだけ1回の訪問で見られているページが多いということなので、ユーザーがサイトに満足していると考えられます。

しかし、Webサイト内で目的のページが見つからず、迷ってしまってページビュー数が増えている可能性もあるので、注意が必要です。

ページ/セッションはGoogleアナリティクスで確認することができます。

Googleアナリティクスの設置が完了していないという人は、「初心者でもこれだけはやっておきたいGoogleアナリティクス設定手順」を参考に、設置してください。

ページ/セッションの目安

Webサイトの種類によってページ/セッション数の目安は変わってきます。

ブログコンテンツ系サイト

ブログ系サイトのページ/セッションの目安は1.20~1.80です。

ブログコンテンツ系サイトの場合は、トップページ以外から見始めるユーザーが多く、目的のコンテンツページだけを見て離脱するケースが多いため、ページ/セッション数は比較的少なくなります。

コーポレートサイト

企業のホームページなどのコーポレートサイトの場合、ページ/セッションの目安は3.00~6.00です。

コーポレートサイトの場合は、ブログコンテンツ系サイトと違いトップページから流入するユーザーが多いです。しかし、「代表者名を調べたい」「製品について調べたい」など目的を持って訪問しているユーザーが多いので、目的のページまで一直線で進む傾向にあります。

ECサイト

通販サイトやポータルサイトなど、ユーザーが決済するサイトにおいて、ページ/セッションの目安は8.00~10.00です。

ECサイトの場合は、ユーザーが目的の行動を取るために様々なページを見る必要があるため、ページ/セッション数は多くなります。商品一覧や各商品のページ、住所や支払い方法の入力などのページなど、ユーザーは一連の流れに関わるページを訪問します。

ページ/セッションをGoogleアナリティクスで確認する方法

ページ/セッションはGoogleアナリティクスで簡単に確認することができます。

Googleアナリティクスでサイト全体のページ/セッションを確認する方法

Googleアナリティクスでサイト全体のページ/セッションを確認する方法

グローバルメニューから「ユーザー」>「概要」を選択するとサイト全体のページ/セッションを確認することができます。

ページごとのページ/セッションを確認する方法

Googleアナリティクスでページごとのページ/セッションを確認する方法

Googleアナリティクスでページごとのページ/セッションを確認する方法

グローバルメニューから「行動」>「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」を選択することで確認できます。

ページ/セッションを増やすなら内部リンクを適切に挿入しよう

ページ/セッションが増えるということは、1人1人がじっくりWebサイトを見てくれているということになります。つまり、「ファン」が増えるということです。

ページセッションを増やすには、内部リンクを増やしてユーザーが他のページへ移る機会を提供する方法があります。

やみくもに内部リンクを挿入するのではなく、関連性のある適切なページへ誘導することが重要です。

【無料】ブログからの売上を3倍にしたコンテンツ管理ツールを活用してページの把握をし、適切な内部リンクを挿入しましょう。

ブログを書く前に必ず内部リンクを設計しよう

当ブログメディアではブログの記事数を極力抑え、検索ユーザーに適した情報に合った内部リンク施策を施しており、弊社は毎月安定したお問い合わせを頂いています。

あなたのブログサイトに記事数が100記事以上あるにもかかわらず安定した問い合わせやメールアドレスの取得ができていない場合は、サイト内で見込み客を教育する内部リンク施策がなされていないからかもしれません。

これまで更新した1記事1記事のSEOキーワードや検索意図をどのように仮定し、コンテンツを作成したのか。また、購買意欲をそそる内部リンク先の記事はどのように決めるのか。

これらをすべて把握できるSEOコンテンツ管理シート(Excel、Googleスプレッドシート)を下記ボタンからダウンロードできます。

SEOコンテンツ企画管理シート無料ダウンロード

いきなりブログ記事を更新するのではなく、本シートを利用し、SEOキーワードに基づくコンテンツ企画、ターゲティングを行ってからブログ作成に取り掛かるとブログからの売上が大幅に改善することになるでしょう。