オウンドメディア構築を外注する際の費用相場(コンテンツ制作なし)は、デザインや機能を追加しない場合は約20万円程度で構築可能です。SEOで上位表示を獲得したいなどの機能面、デザイン面を考慮したオウンドメディア構築の費用相場は50~100万円程度です。オウンドメディアに追加するコンテンツ制作の費用相場は、高品質記事を制作する場合は1本1~10万円、クラウドソーシングに発注すると1本1000~1万円程度です。

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

オウンドメディアを外注する際の相場

実際にオウンドメディアを外注するときは、工程ごとにいくつか選択肢があります。

オウンドメディアの制作費

メディアの制作費はデザインや持たせる機能によって大きく変わります。

簡単なデザインや機能の場合

費用感:〜20万円

安くオウンドメディアを構築したい場合は、無料もしくは月々の料金が安いCMSでメディアを構築することになります。

既存のデザイン、既存の機能で構築することになるので、凝ったデザインにしたり複雑な機能を持たせることは難しいです。

HTMLやCSSの知識がなくても簡単にメディアの構築ができるCMSもあるので、社内に専門知識を持つスタッフがいない場合はそのようなCMSの活用も検討することになります。

参考オウンドメディアを構築してくれるサービス10選2019年相場

デザインや機能にこだわる場合

費用感:20万円〜100万円

オリジナルのデザインで制作したり、記事以外の機能も持たせたい場合はある程度の費用がかかってきます。

この費用感だと、記事以外の機能といっても資料ダウンロードなどの簡単な機能しか対応できない場合がほとんどです。EC機能や会員登録などの機能を持たせる場合はメディア制作だけでも100万円以上かかります。

コンテンツの制作費

コンテンツの制作費は一度依頼したら終わりではなく、メディアが続く限りかかる費用になります。コンテンツの質も考えた上で、どのような形で外注するのか決めましょう。

コンテンツ制作会社に依頼する場合

費用感:1万円〜10万円/1記事

コンテンツ制作を専門に行なっている会社で、こちらが制作したいテーマに合わせてディレクションから納品まで行ってもらいます。メディアの構築を依頼する会社でコンテンツ制作も依頼できる場合もあります。

通常の記事であれば最大でも1記事3万円程度で収まることがほとんどですが、専門性の高い記事だったりインタビュー記事などの特殊な記事になると1記事で10万円前後かかる場合もあります。

参考オウンドメディア記事制作【1記事3万円】業界の専門家が執筆するコンテンツ

クラウドソーシングを活用する場合

費用感:数百円〜1万円/1記事

クラウドソーシングを活用すると、コンテンツ制作会社に依頼するよりも費用を大幅に抑えることができます。ただ、ライターの質のばらつきが大きいので、「いかにして質のよいライターを確保できるか」が成功の鍵になってきます。

また、ライターのディレクションや細かい指示、修正などは社内で行う必要があるので、そういった知見があるスタッフがいない場合はコンテンツの質を保つのが難しくなってきます。

費用がかかりますが、ディレクション込みでコンテンツの依頼ができるクラウドソーシングサービスもあるので、社内でのディレクションが難しそうな場合は相談してみるのもひとつの手です。

企画から依頼する場合の相場

企画・戦略から運営まですべて外注することもできます。コンテンツマーケティングを本格的に行う場合や、大規模なメディアを立ち上げる場合は企画の段階からプロに入ってもらう方がよい場合もあります。

新規のメディアを立ち上げる場合

費用感:100万円〜300万円

狙いたいターゲットやキーワードの事前調査をし、それを元にペルソナ(商品やサービスのい典型的なユーザー像)やメディアの設計をするとどんなに安くても100万円はかかります。

「コンテンツマーケティングを本格的に行いたいときは、質の高いコンテンツを定期的に作成しなければならない」という点に注意が必要です。コンテンツ制作も外注する場合は企画・メディア制作費の他にコンテンツ制作費も確保する必要があります。

既存のメディアを大規模にリニューアルする場合

費用感:300万円以上

すでに稼働しているオウンドメディアを企画・戦略の段階から大規模にリニューアルすると300万円以上の費用がかかることが少なくありません。

独自CMSの開発なども含めて、成果が出るメディアに作り変えていきます。

すべて自社で対応する場合の人件費

費用感:100万円〜150万円(モデルケースの場合は92万円)

条件:

  • 企画・戦略/ディレクション、メディア制作/サーバー構築、コンテンツ制作を行うスタッフを1名ずつ、計3名用意する
  • オリジナルデザインのメディアを作る
  • 時給2000円で換算

モデルケース:460時間
企画・戦略…20時間
メディア制作/サーバー構築…320時間(1日8時間✕40営業日)
ディレクション…20時間
コンテンツ制作…100時間(1記事10時間✕10本)

まず大前提として、すべてを一人で行うことは難しいので、工程ごとに複数のスタッフを用意する必要があります。

モデルケースは「知見を持ったスタッフが担当した」という仮定で作成しています。知見がないスタッフが担当になる場合はもっと工数がかかりますし、質の担保も難しくなります。場合によってはスタッフを新たに採用する必要があります。その場合は採用費がさらに数十万〜200万前後かかります。

また、モデルケースはオウンドメディア開始までに最低限かかる工数ですが、開始後もコンテンツ制作や分析・改善のための人件費が毎月100万円前後発生します。

マーケティングやコンテンツ制作の知見があるスタッフがおらず、教育が難しい場合は少なくとも立ち上げは代行業者に外注した方がうまくいくケースが多いです。

オウンドメディアはただ記事を書いてアップすれば成功するというものではありません。マーケティングの知識に基づいた設計や、コンテンツ制作のスキルに基づいた運用ルールの作成を構築前にどれだけしっかりと行えるかが成功の分かれ目といっても過言ではありません。

ですから、知見があるスタッフが揃えられない場合は、ディレクションやコンテンツ制作のノウハウ教育をしてくれる代行業者からノウハウを学んでから社内での内製化を考える方が成功しやすいです。

オウンドメディア構築のためのステップ

オウンドメディアを構築するまでにどのような工程があるのか確認しておきましょう。外注する際、全て外注するのと一部外注するのでは費用が大きく変わります。どの工程を外注するのか、社内で対応できる部分はないのかを事前に決める必要があります。

参考オウンドメディアの作り方

1.企画段階

まずはどのようなオウンドメディアにするのかを決めます。

オウンドメディアの企画

どのようなユーザーにどんな情報を発信するのか、企画案を作ります。しっかりと企画案を作る場合はユーザーや競合メディア、キーワードの調査から行うことになります。

コンテンツマーケティングの戦略

作成した企画案を元に、具体的にどのようなコンテンツを発信していくのか、戦略を立てます。記事以外にも機能を持たせたい場合やSNSでの拡散も狙っていく場合はこの段階で中長期的な戦略をあわせて作成します。

2.制作段階

企画案や戦略が決まったらメディアやコンテンツを作成して形にします。

メディアの制作

メディアのデザインやコーディングを行います。WordPressなどのCMS(サイトの作成・運営・更新を簡単にするシステム)を用いて開発をすることが多いです。

サーバーなどのインフラ構築

サーバー構築やページの読み込みスピードなど、インフラ周りの対応を行います。中小企業ではメディアの制作を行うスタッフが兼任して行うことも少なくありません。

コンテンツの制作

メディアで発信する記事などのコンテンツを制作します。構成案の作成から修正まで、質を担保しながら行うと予想以上に時間がかかるので、工数の見積もりに注意します。

3.運用段階

オウンドメディアがスタートしたら、分析を行い改善をしていく必要があります。

分析と改善

ユーザーの行動やキーワードを分析し、改善案を作成します。

コンテンツの更新とリライト

定期的にコンテンツを更新したり、改善案に沿って既存のコンテンツの修正をしたりします。

オウンドメディア構築を外注するときの費用事例

実際にオウンドメディア構築を行っている会社を費用感と合わせていくつかご紹介します。業者を選ぶ際の参考にしてくださいね。

株式会社ユナイテッドリバーズ

株式会社ユナイテッドリバーズ

引用:オウンドメディア丸ごとおまかせパック

  • 料金プラン

シルバー:月額30万円

ゴールド:月額50万円

プラチナ:個別見積もり

Webサイトの制作やSEO対策を行っている会社です。シルバープランであれば月額30万円と安価に構築からコンテンツ制作までを依頼することができます。あまり費用をかけられない場合は一度話を聞いてみるとよいでしょう。

株式会社ベーシック

株式会社ベーシック

引用:オウンドメディアお任せ構築運用パッケージ

  • 料金プラン

初期費用:140万円

月額運用費:70万円

Webマーケティングのメディアとしておなじみの「ferret」を運営する企業です。自社CMSの「ferret one」を用いたメディアの構築からコンテンツの制作、レポートまで一貫して依頼することができます。

依頼できる記事の本数も60本程度とある程度の数を担保でき、Webマーケティングの知見もある企業なので、質も担保したい場合は検討してみてもよいでしょう。

株式会社LIG

株式会社LIG

引用:株式会社LIG

料金目安:300万円〜500万円前後

ユニークなブログメディア運営でおなじみの企業です。WordPressを用いたオリジナルのメディア構築を依頼できます。メディア構築のみの費用となるので、コンテンツ制作も外注したい場合は別途費用がかかります。

数百万規模の料金になりますので、予算が確保でき、とがったメディアを作りたい場合は候補の一つにしてみてもよいでしょう。

どこまで外注するのかを社内で話し合おう

オウンドメディアの外注では、作成するコンテンツの質や外注する工程によって費用が大きく変わります。社内のリソースも考えた上で、どこまでを外注するのかを社内でよく検討しましょう。

一から全て外注する必要はないにしても、特に知見がない場合は外注した方がうまくいくケースも少なくありません。プロの力もうまく借りながら、オウンドメディアの立ち上げを成功させましょう。