ネット集客できるホームページを名古屋で制作する場合、必ずスマホ対応にし、検索上位表示が狙えるようSEO対策済みのホームページを依頼しましょう。

また、お客さんの目を惹くデザインにすることが重要です。お客さんが法人なのか個人なのかで異なりますが、取引額が大きい場合は信頼度を高めるようなデザイン、取引額が小さく、多くのお客さんを集めたい場合は親しみやすいデザインにしましょう。

初回無料相談実施中

SEO対策済みのホームページ制作で対応すること

1.スマートフォン対応のレスポンシブデザイン

集客できるホームページ制作を実現するためには、スマートフォン対応のレスポンシブデザインが欠かせません。レスポンシブデザインとは、画面の大きさに合わせて最適な文字改行や画像サイズに自動修正する仕組みです。

レスポンシブデザイン

画面のサイズによってページ内のデザインや配置が最適化されるレスポンシブデザイン

国内のスマートフォン保有率は82.2%にも達し、今では誰もがスマホのブラウジングで情報を調べることができます。そのため、スマホで見にくいホームページというだけで、ユーザーの離反を招きかねません。(参考:メディア定点調査2019|博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所

レスポンシブ対応のホームページは、自動的に文字や画像サイズを修正してくれるものの、細かい部分は自分で調整する必要があります。次の5つのポイントに注意して、スマホに対応したホームページを構成してみましょう。

  1. スマホのタップ領域は広いか
  2. 文字や画像が小さすぎないか
  3. リンク同士の距離が近すぎてタップしにくくないか
  4. スマホ版・PC版で情報に違いはないか
  5. ページ表示速度が速いか

2.スクロールしたくなるヘッダー画像を設置

集客できるホームページのファーストビュー

集客できるホームページのファーストビュー

集客できるホームページで重要なポイントは、ページを開いたときのファーストビュー。

ページの内容とヘッダー画像に関連性をもたせるとスクロールを促すことに繋がります。

ページを開いてスクロールしない状態のページで、いかに魅力的な見た目を演出できるかがカギです。

ページを開いてすぐに、ヘッダー画像によって「どんなサービスを提供しているか」が分かれば、ユーザーはページをスクロールしやすくなります。

弊社クライアントの事例では、ヘッダー画像を切り替えるだけで、問い合わせ数が30%上昇したケースがありました。

3.Googleが認識しやすいマークアップ構造

Google検索で上位表示するには、Googleのシステム(クローラー)がWebサイトを理解しやすい構造にする必要があります。使いやすくて見やすいWebサイトであることはSEO対策において重要ではありますが、Googleは目視でWebサイトを認識しません。

SEO対策済みのホームページ制作で行うマークアップ

  • titleタグ、hタグの階層構造化
  • 構造化データの記述
  • 画像ファイル名、altタグの記述
  • metaタグの記載
  • Javascriptの最適化
  • その他Googleが推奨しているマークアップ規則W3Cに基づくコーディング

4.「https://」のURLになっているか

ネット集客において、「https://」のURLは必須です。

SSL化

SSL化に対応していないWebサイトを開くと「保護された通信」が表示

通常の「http://」に「s」を付けることをSSL化といいます。SSL化することで、悪意のある第三者からユーザーのログインIDやパスワード、個人情報を守ることが可能です。「https://」のホームページは、それだけでユーザーに安心感を与えます。

また、「http://」のURLだと「保護されていません」という表示が出るため、検索エンジンからも低品質なサイトという烙印を押されてしまいます。ユーザーの安心とSEO対策の観点から、必ずSSL化を行っておきましょう。

5.ホームページに訪れたお客さんが不安になるダサいデザインではないか

ネット集客では、レスポンシブ対応やSEO対策が重要となりますが、デザイン性も重要な要素です。特に、ホームページが「ダサい」と、訪問したユーザーが不安な気持ちを抱いてしまいます。

せっかくネット集客によってアクセスが向上したとしても、信頼の低いデザインではコンバージョン(問い合わせや売上など)に繋がりません。

仮に、個人の顧客がターゲットで、より多くのユーザーを集めたいという場合、親しみやすいデザインを意識してみましょう。反対に、法人相手のホームページだと、信頼度を高めるようなデザインが向いています。

6.SNSやブログと連携できるか

SEOに強いホームページにするには、SNSやブログを活用すると効果的です。

ホームページを立ち上げたばかりの頃は、SEO対策を実施してもなかなか成果が出ません(最低でも半年~1年は必要)。

そのため、SEO対策はじっくりと時間をかけて行いつつ、SNSやブログを通じてリアルタイムの情報発信を行っていきます。SNSやブログは、情報を発信してからのユーザーの反応が速いため、ホームページ立ち上げ当初のネット集客におすすめです。

ホームページ立ち上げ当初のネット集客

ホームページ立ち上げ当初のネット集客

また、よりネット集客の効果を高めるには、広告やプレスリリース、顕在顧客への宣伝などを活用ましょう。

7.アクセス解析が可能なホームページか

SEO対策を効果的に実施するには、ホームページがアクセス解析に対応しているかが重要です。アクセス解析を行うことでPV数やコンバージョン率などが把握できるため、課題を見つけて既存コンテンツを改善しやすくなります。

8.自社らしさがコンセプトになっているホームページか

SEOに強いホームページで忘れがちな点は、ホームページに自社らしいコンセプトを設定することです。

ほとんどのSEOに強いホームページ制作会社では、自社の強みを発揮することとSEOを別に考えてしまいますが、弊社は自社らしさをアピールすることは重要だと考えています。

弊社の過去のデータによると、お問い合わせに繋がりやすいWebページ(厳密には依頼・購入検討のユーザーが検索する検索キーワード)では、ページ内のCVRが検索順位に大きく影響しています。つまり、自社の魅力が伝わり、ページを見るユーザーのニーズと合致したWebページを作ることが結果的にSEO対策になるということです。

ホームページにしっかりとコンセプトが設定されていると、自分らしさ(独自性)が生まれます。すると、訪問したユーザーの興味・関心を高め、新規客をファンに昇華することが可能です。

具体的な施策内容や費用はネット集客の無料相談に申し込むからご連絡ください。

名古屋でネット集客を成功させるホームページはコンサル付きがおすすめ

名古屋でネット集客を成功させるには、コンサル付きの集客会社がおすすめです。

ネット集客コンサルティングのみご希望の場合は「Webコンサルサービス内容」をご覧ください。

名古屋では、ホームページ制作を行っている業者も少なくありません。しかし、ホームページ制作会社のほとんどは、「カッコイイWebサイト」は作れても、「ネット集客ができるWebサイト」は作ることができません。これでは、広告費として投入した高額な制作費をムダにしてしまいます。

特に、「ネットに詳しくない」という人は、弊社のように「ホームページ制作+コンサルティングサポート」の集客会社を選ぶことをおすすめします。自社サイトに不足している部分をしっかりと分析し、ネット集客に効果の出るホームページを一から作成可能です。

お客様の声-ネット集客成功事例-

問い合わせゼロだったサイトから毎月顧客を獲得

今までサイトからの問い合わせは3ヶ⽉に1回あるか無いかでしたが、1ヶ⽉⽬で3件のお問い合わせが来たときはびっくりしました。

早くやっておけばよかったと後悔しています。

課題解決の優先順位を明確にしてから改善に取り掛かるので成果が出るまでが早いのではないかなと思います。

⽶⽥恵太様 知育特許事務所所⻑

⽶⽥恵太様 知育特許事務所所⻑

7記事追加,3記事修正で売上3倍

指⽰通り記事の追加と改善を⾏ったら、3ヶ⽉⽬で当初の3倍を売り上げることができました。

⾃分の場合は別の⽅にSEOのことを教えてもらっていましたが、Googleアルゴリズムの変動でみるみる順位が下がっていたときにお願いしました。

平居勲様 クレジットカード紹介サイト運営者

平居勲様 クレジットカード紹介サイト運営者

SEO対策に強いホームページを制作する前に体験コンサルティング

「ホームページ制作+SEO対策」の会社をお探しなら、ぜひ弊社をご利用ください。ホームページのデザインだけではなく、御社の集客戦略に基づいたWeb戦略の提案も行います。

まずはお試し感覚で、無料の体験コンサルティングも可能です。無料相談よりご連絡ください。

初回無料相談実施中