WordPressテーマDIVERを本記事からご購入で10大特典無料プレゼント。弊社が実際に利用しているSEOライティングマニュアルや、記事公開マニュアル、記事管理シートなど、ブログ運営に必要なツールを購入と同時にお届けします。

WordPressテーマDIVERは、初心者向けテーマでありながらも収益を出している数多くのアフィリエイターが導入しています。多機能&おしゃれなデザインが特徴で、10000ダウンロードされている人気テンプレートです。

DIVER購入者特典
・検索順位1位を狙うSEO記事構成テンプレート(Googleスプレッドシート,Excelファイル)

・SEO記事構成作成マニュアル(全32ページ)

・SEO記事構成作成動画マニュアル(39分)

・SEO記事原稿作成フォーマット

・SEO原稿作成マニュアル(全16ページ)

・無料サービスを使った画像作成マニュアル(全7ページ)

・SEO向けWordPress入稿マニュアル(全14ページ)

・記事コンテンツ管理シート(Googleスプレッドシート,Excelファイル)

・業務効率を改善するGoogleドキュメント,Googleスプレッドシートの使 い方(全17ページ)

・サイト情報管理シート(Googleスプレッドシート,Excelファイル)

公式サイトに移動しますが、上記は弊社固有のリンクであるため特典を安心して受け取ることができます。

記事の内容

DIVER購入特典のSEOノウハウがもたらした実績

10記事の追加のみで難関キーワード1位獲得実績もあり

10記事の追加のみで難関キーワード1位獲得実績もあり

(弊社SEO施策提供後の検索流入推移)

1ASPにて100万円以上のアフィリエイト報酬を獲得するメディアを運営できるように

1ASPにて100万円以上のアフィリエイト報酬を獲得するメディアを運営できるように

(afb報酬画面(2020年5月上旬計測))

弊社は多数の実績と高い成功確率を誇るSEOを実施してきましたが、SEOに取り組んだばかりの頃は全くうまく行かず、なかなかWeb制作の案件を受注することができませんでした。

SEOに注力した当初、弊社で実際に発生した事件

100記事制作しても収益ゼロ

恐ろしい結末が待っていました。プロのライターに記事を作成してもらったのに、検索エンジンからのアクセスは微量で、一切利益が発生していませんでした。自身で丸2日かけて制作した記事でも検索順位は30位程度でした。

業務を圧迫

当初は限られた予算内でSEOを実施する必要があったため、一人ですべてのSEOを実施する必要がありました。

他の業務もあったため、スタッフの勤務時間を圧迫しました。

いつ成果が出るか分からないまま時間とお金を使っていた

SEOを実施して半年で成果を出し始める計画に間に合わなかったため、撤退を考えましたが勇気を出して投資継続することに。SEO以外の施策の方が売上を作れるのではないか。不安が続く中、SEOを実施していました。

アクセスはなんとか1万PV達成したがCVしない

SEOで成果が出ない焦りから、PV獲得を重要目標として設定。サイトに訪問してほしいユーザーがアクセスせず、ボランティアサイト化してしまいました。

これからWebサイトを立ち上げる人に同じ思いをしてほしくない

本記事からDIVERを購入して頂くと、弊社で現在も利用しているSEOノウハウの詰まったマニュアルやテンプレートを特典として配布いたします。

サイト運営にとって、SEOは最も重要な項目の一つです。SEOのノウハウがない場合、いくら記事を書いても集客も収益化もできず時間とお金を消費するばかりです。

そこで、競合サイトを徹底的に分析し、自社サイトで試し、成果の出るSEO施策を初心者でも理解できるようSEOマニュアルを作り、自分以外のブロガー、アフィリエイター、Web担当者でも精度の高いSEOをすぐに実施できるようしました。

特典に含まれる構成フォーマットは、Googleスプレッドシートに記入するだけで構成やリサーチなどを網羅できるものになっています。

その結果、一つの記事を作り上げるまでの時間が75%も短縮されたにも関わらず、記事公開から半年後の記事に限り、8割以上が検索順位10位以内掲載を獲得しています。

SEOができるようになってからよかったこと

特典に含まれるSEOマニュアルには、以下の成果をもたらしたノウハウが含まれます。

3記事公開で収益発生

1記事1記事の品質向上が可能になり、サイトの評価が低い状態でも検索順位1位を獲得できました。3記事から毎月数万円のアフィリエイト報酬が発生。アクセス数にとらわれず、CVしやすいユーザーを狙ってSEOを実施する効率的施策を実施できるようになりました。

制作記事数10倍分のアクセス

検索エンジンの仕組み上、1コンテンツあたりの上位表示検索キーワードを増やす方がページの評価を高めやすいです。1コンテンツの品質向上のおかげで、記事制作数を1/10に抑えたまま目標達成が可能になりました。

希望的観測でSEOをしなくなった

SEOを実施して成果を出すまでにどれくらいの費用が必要なのか、SEOを始める前の市場分析である程度分かるため、実施するSEOに過度な期待をせず事業を展開することができます。

確度の高い顧客フォローに専念できる

SEOは顧客とつながるきっかけです。サイト訪問ユーザーやメールマガジン会員に対してのフォローが必要になります。SEOで成果がでれば、確度の高い見込み顧客のフォローに集中することが可能です。

購入特典のマニュアルやテンプレートは、現在も弊社が契約した外注ライターなどに配布して利用しているものです。個人でブログやサイトを運営する方にも役立つ基礎的な内容となっています。それぞれのマニュアルを読み込み、フォーマットを導入するだけでSEOに最適化された記事が自動的に作成できる仕組みです。

今回はこの記事からDIVERをご購入頂いた方に、これらのSEOの実績が十分なマニュアルを無料で配布いたします。

 

公式サイトに移動しますが、上記は弊社固有のリンクであるため特典を安心して受け取ることができます。

DIVER購入特典の内容-初心者が本気で収益を獲得するために必須のSEOノウハウ

限定特典1:検索順位1位を狙うSEO記事構成テンプレート

構成リサーチシート

構成テンプレートの見出し作成項目(見出し作成工程)

こちらは、検索順位1位を狙うために構成を作成するテンプレートです。SEOの記事にはリサーチや構成をしっかりと組み立てる必要があります。ここでは特に、「関連キーワード」「ターゲットリサーチ」「見出し作成」という、記事を作るための核となる部分を制作します。

※Googleスプレッドシートには関数が利用されていますので、テンプレートに記載されている方法でのみご利用ください。

限定特典2:SEO記事構成作成マニュアル

構成作成マニュアルの目次より構成作成の前提知識の説明

構成作成マニュアルの目次より構成作成の前提知識の説明

構成テンプレートをより効果的に使うためのマニュアルを32ページにまとめました。SEOの構成を作ったことのない人にとって、弊社が作成した構成テンプレートは難解なものに見えるかもしれません。しかし、構成作成マニュアルを読み込むことで、どの様な考え方で活用すべきか理解できます。

限定特典3:SEO記事構成作成動画マニュアル

medifundの編集者が実際に構成を作成するときに考えていることを解説しながらテンプレートの使い方を解説しています。

※SEO記事構成作成テンプレート内に限定公開動画のURLが記載されています。

限定特典4:SEO記事原稿作成フォーマット

原稿テンプレート

原稿テンプレート箇所

記事を制作するために必要な情報やチェック項目を記載したフォーマットです。このフォーマットを利用する事で、書こうとしている記事の構成テンプレートをすぐに開く事ができます。また、SEO記事を制作するうえで必要なチェック項目の記載もありますので、見落とす心配がありません。

WordPressに直接入稿するのではなく、一度Googleドキュメントに記載してから公開することをおすすめします。

限定特典5:SEO原稿作成マニュアル

記事作成マニュアルの目次より詳細に記事作成方法について説明

記事作成マニュアルの目次より詳細に記事作成方法について説明

SEOの基礎についてまとめたマニュアルです。もともとSEOに深い知識がない方でも、このマニュアルを読み込むだけでSEOの基礎が身につきます。現在、弊社でも外注ライターに発注する際にはこのマニュアルを利用しています。

これを読み込めば誰にでも簡単にSEOを理解することができます。

限定特典6:無料サービスを使った画像作成マニュアル

マニュアル内ではセンスを問わず図解作成を可能にしてくれる方法が記載

マニュアル内ではセンスを問わず図解作成を可能にしてくれる方法が記載

ユーザーやGoogleから評価されるためには、記事内に図解を挿入することも必要です。このマニュアルでは、Cavanaという無料ツールを使って図解を作る方法が7ページでまとめられています。

デザインセンスのない方でも簡単にオシャレな図解を作れるようになります。

限定特典6:GoogleフレンドリーなWordPress入稿マニュアル

Wordpress入稿マニュアルよりプレビューの確認方法の説明

WordPress入稿マニュアルよりプレビューの確認方法の説明

Googleドキュメントで完成させた記事をWordpressに入稿する方法を記載したマニュアルです。検索上位に表示させるためには、適切な記事装飾やタグの挿入などもポイントとなります。

より検索上位に表示しやすい記事にするためのコツがまとめられていますので、SEO記事を作成したことがなくても評価されやすい記事に仕上げることができます。

限定特典7:記事コンテンツ管理シート

過去の記事管理を容易にしてくれるコンテンツ管理シート

過去の記事管理を容易にしてくれるコンテンツ管理シート

SEO記事は構成や記事作成と同じくらいリライトすることが重要です。その為には過去に執筆した記事を一覧で迅速に確認する必要があります。コンテンツを作成したキーワードやターゲットなどが外れていないか、一覧で確認することは時間短縮にもなります。

コンテンツ管理シートを導入することで、記事を探す時間を大幅に削減できます。

限定特典8:業務効率を改善するGoogleドキュメント,Googleスプレッドシートの使い方

記事制作やデータをまとめるために利用するGoogleドキュメントとGoogleスプレッドシートのマニュアルです。業務効率化や初心者向けガイドとして本特典を利用する方にとって覚えておくべき使い方をまとめました。

限定特典9:サイト情報管理シート

サイト情報管理シートは以下の要素から成り立っています。

  • タグや配色、サイトコンセプトなどの情報を管理するためのシート
  • WordPressサイト準備時のチェックリスト

WordPress初心者はチェックリストに基づいてWordPressサイトを準備しましょう。

DIVER購入者特典
・検索順位1位を狙うSEO記事構成テンプレート(Googleスプレッドシート,Excelファイル)

・SEO記事構成作成マニュアル(全32ページ)

・SEO記事構成作成動画マニュアル(39分)

・SEO記事原稿作成フォーマット

・SEO原稿作成マニュアル(全16ページ)

・無料サービスを使った画像作成マニュアル(全7ページ)

・SEO向けWordPress入稿マニュアル(全14ページ)

・記事コンテンツ管理シート(Googleスプレッドシート,Excelファイル)

・業務効率を改善するGoogleドキュメント,Googleスプレッドシートの使 い方(全17ページ)

・サイト情報管理シート(Googleスプレッドシート,Excelファイル)

公式サイトに移動しますが、上記は弊社固有のリンクであるため特典を安心して受け取ることができます。

WordPressテーマDIVERの評判

WordPressの有料テーマであるDIVERを導入するにあたって、気になる評判についてまとめました。

DIVERのいい評判-設定が難しくないから初心者におすすめ

アドセンス広告を導入したばかりの初心者の方にも簡単に利用できるのがDIVERの魅力。細かく設定できるにも関わらず、難しい操作や専門知識は全く必要なく、初心者でも簡単に利用できます。

WordPressは年々進化しています。久々にブログを始める方にとっては当時との違いに戸惑う事も。DIVERはブランクのある方にも簡単に設定できるのが特徴です。

アドセンス広告をどの様に設定したいかという点も、Wordpressテーマを選ぶ上で重要なポイントです。DIVERは広告を入れる場所を手動で設定できますので、アドセンスの収益化にも適しています。

公式サイトに移動しますが、上記は弊社固有のリンクであるため特典を安心して受け取ることができます。

DIVERの悪い評判-デメリットは表示速度が遅い

DIVERのデメリットとしてよく言われていることは、表示速度が遅いという事です。実際にDIVERは遅いのか、他に上げられているテーマのJIN、SANGOと比較検証してみました。

 

DIVER

JIN

SANGO

判定

F

E

C

表示までの秒数

1.8秒

2.2秒

2.9秒

表示速度計測条件
※ページ表示速度計測ツールGmetrixにて計測

※上記は記事ページの計測結果

※記事ページ内の画像数は1、テキストなし

※同一サーバー環境

※WordPressテーマのみ切り替える形で計測を実施

以上のように、確かにデモサイトだけで確認するとDIVERが最も遅いという結果が出ました。しかし、DIVERはもともと高機能なので他にプラグインを色々入れる必要がないという利点があります。

JINやSANGOは確かにデモサイトの段階ではDIVERよりも早いという結果が出ています。しかし、これらのテーマにはSEO対策の機能がデフォルトで搭載されていません。その為、サイトを構築するためには、外部プラグインを導入する必要が出てきます。外部プラグインを導入すると、もともと表示速度が速いテーマでも結果的に遅くなることがほとんどです。

一方でDIVERは機能性が十分なため、外部プラグインの導入無しで直ぐに始められます。SEOを重視するのであれば、他のテーマを使う場合も高画質の写真やアニメーションを停止する必要があります。

表示速度に関する改善点はどのテーマを利用したとしてもいくつもの方法がありますので、導入してからも十分に対策が可能です。

DIVERの機能で購入後に私が良く利用している機能

DIVERには様々な機能がありますが、その中からアフィリエイターの立場として使いやすいと思っている機能をいくつか紹介します。

1.1ドメインでペラサイトの代わりになるLPをいくつも作成できる

DIVERの魅力はペラサイトの代わりになるペラページ(ランディングページ)をいくつも作成できる点です。

私がLPを複数作る理由
・ヘッダーだけことなるLPを作ってどちらが反応がいいか確かめるときに使いたいから

・ページ遷移を販売サイトだけにするページを紹介する商品や分野ごとに作りたいから

・メルマガ登録時のオファーや、プロダクトローンチなど複数ページが必要なプロモーションを行うことがあるから

LPをしっかり作りこむことは、サービスや商品をアピールするのに重要です。これからアフィリエイターとして活動を始める場合、商品やサービスによって複数のLPを作ることは成功の近道です。

DIVERはLPの設定が簡単にできる点も魅力です。1ページのペラサイトを量産し、アフィリエイト報酬を発生させたいのであれば、DIVERは特にオススメです。

実際に私もブログやアフィリエイトサイト等複数サイトをDIVERで立ち上げていますが、時間も掛からず効率的でした。

2.CTA機能-記事ごとに異なる複数パターンのCTA(ボタン・バナー付き)をワンクリックで挿入

記事ごとに様々なデザインのCTAを設定できるのもDIVERの魅力です。CTAを効果的に利用することは、売り上げアップに直接つながる大切なポイントです。

ボタンやタイトル、レイアウトなどは既存の設定を使えばカンタンに設定できる

ボタンやタイトル、レイアウトなどは既存の設定を使えばカンタンに設定できる

(DIVERのCTAの見本画像)

複数パターンのCTAを設定することで、記事に合うCTAを個別で設定できる

複数パターンのCTAを設定することで、記事に合うCTAを個別で設定できる

(DIVERのCTAを記事別に設定する方法)

CTAはデザインや出す場所によってクリック数が左右されます。DIVERはデザイン設定も簡単でオシャレなCTAを誰でも作ることができます。

記事ごとに適切なCTAに誘導できるのもオススメのポイントです。CTAは設定次第で大幅に収益が改善されることもありますので、適切な利用が求められます。

私の場合はジャンルによって文言やカラーを変えることで、クリック誘導されやすい設定を心がけています。それにより、もともと1パターンしかCTAの設定ができなかった頃に比べて圧倒的にクリック率が上がりました。

3.囲い枠装飾-バリエーションに富む装飾機能で滞在時間向

記事やサイトの雰囲気に合う装飾で、ユーザーを飽きさせない工夫が可能

記事やサイトの雰囲気に合う装飾で、ユーザーを飽きさせない工夫が可能

(DIVERの囲い枠利用例)

DIVERは囲い枠のデザインの豊富さも魅力の一つです。

記事を作るうえで記事装飾は、回遊率や読みやすさを向上させるための必須項目と言えます。テーマによってはデザインが少なかったり、挿入しづらい等のものもあります。しかしDIVERの囲い枠はデザインも多く、ワンタッチで導入できるのが魅力です。

囲い枠の中に画像を入れることもできる

囲い枠の中に画像を入れることもできる

囲い枠の中に画像を入れて分かりやすく強調することもできます。囲い枠がないコンテンツは抑揚を感じづらく平坦な印象を受けますが、適切に挿入する事で記事は一気に読みやすくなります。DIVERのデザインは派手過ぎずコンテンツに馴染みやすいデザインが多いため、利用しやすいのが特徴です。

公式サイトに移動しますが、上記は弊社固有のリンクであるため特典を安心して受け取ることができます。

DIVERよりもシンプルなサイトにするならTHE THORもおすすめ

以上、DIVERを導入するメリットや、本記事からの購入特典について詳細に解説してきました。DIVERは、高機能ながら知識のない初心者でも簡単に設定できるのが魅力です。カスタマイズ項目も豊富なので、自分の好きなデザインに設定できます。

一方でDIVERはあまりにも高機能でカスタマイズ性が高いため、もう少しシンプルなWordpressテーマを利用したいという方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのがTHE THORです。THETHORはDIVERと同じく高性能でありながら、DIVERよりもさらにシンプルですっきりしたデザインが特徴です。

是非、自分の用途に合ったWordpressテーマを選びましょう。