サイト全体でSEO施策を設計する際にはまず、ユーザーの状況を段階ごとに見える化したカスタマージャーニーマップを作成する事をおすすめします。

カスタマージャーニーマップをを作成した後には、各段階ごとの状況に合ったキーワードの設定を行います。

ユーザーの検索キーワードには一定の傾向があります。ユーザーが現在置かれている状況に合ったキーワードを適切なページに対して設計する事で、ユーザーが欲しいと思っている情報を適切なタイミングで伝える事ができます。

そのため、サイト設計やLPO、認知段階にアプローチするWebマーケティングアプローチ(ページ設計)、リードナーチャリングを意識して設計する事により、SEO施策の強化だけではなく、サイト全体におけるユーザーへのアプローチの精度が上がります。

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

カスタマージャーニーマップを作成しよう

ユーザーのペルソナを作成してみよう

ペルソナとは、サイトを訪れる理想的なユーザーをイメージして作られる像です。

全ての条件が揃っている、実際のユーザーを探す事は大変難しいです。そのため、既存ユーザーの情報やユーザーインタビューの結果、市場調査や分析データなどの実在する複数の情報を参考にしながら、理想のユーザー像をペルソナとして作成します。

今回は「SEO対策で集まったアクセス数をコンバージョンさせたいユーザー」というペルソナでカスタマージャーニーマップの作成を行います。

最終的なゴールを設定しよう

カスタマージャーニーマップの段階が進んだ後に、どの行動に至った時に最終的なゴールとするかという定義を行います。サイト流入なのか、資料請求か、会員登録か、実際の購入に至ったのかなど、どの段階まで含めるかによって集める情報や検討する施策が大きく変化するためです。

今回はお店の予約完了をゴールとして設定します。

適用するフレームを設定しよう

カスタマージャーニーマップを作成する際には、どのようなフレームに落とし込むかの選定が必要です。Webマーケティングでよく使われるフレームワークにはAISASやAIDMAがあります。

今回はSEOキーワードの視点で考えるため、ユーザー検索行動「Do-Know-Go」をフレームとして適用します。

SEO対策を活用したカスタマージャーニーマップの作成

SEO対策でコンバージョン件数を増やしたい担当者というペルソナ像に合わせて「Know-Do-Go」の段階で設定し、カスタマージャーニーマップを作成します。

【図】カスタマージャーニーで変化するSEOキーワード

作成したカスタマージャーニーマップ(SEO対策担当者がカスタマージャーニーマップツールを購入するまで)

ユーザー検索行動「Do-Know-Go」とは

Googleの品質ガイドラインにおいて、ユーザーの検索意図には大きく分けて「Do-Know-Go」の3つの段階があると記載されています。(参考:検索意図の種類

DO(トランザクショナル)クエリ

取引型(Transactinal)クエリとは、ユーザーが実際に行動に移すために検索されているキーワードなので「Doクエリ」と呼ばれます。

Know(インフォメーショナル)クエリ

情報型(Informational)クエリとは、何かを知るためや疑問を解決するための情報を得るために検索をするキーワードなので「Knowクエリ」と呼ばれます。

Go(ナビゲーショナル)クエリ

案内型(Navigational)クエリとは、特定のサイトやページに行くために検索するキーワードキーワードなので「Goクエリ」と呼ばれます。

それぞれの段階に合った検索キーワードを作成しよう

それぞれの段階の時に、女性がどんな状況かを理解した上で、女性の希望が叶えられそうなキーワードを、各段階ごとに作成しましょう。

Know(インフォメーショナル)クエリ

キーワードカスタマージャーニーマップ,作り方
行動SEO対策でCVRを高めるために

カスタマージャーニーマップの

作成が必要だと知り、

作り方を知りたい

思考・感情簡単に精度の高い

カスタマージャーニーマップを

作りたいと思っている

着地ページカスタマージャーニーマップの

作り方が解説されたページ

DO(トランザクショナル)クエリ

キーワードカスタマージャーニーマップ,ツール
行動カスタマージャーニーマップを

作るためのオススメツールを

知りたい

思考・感情カスタマージャーニーマップは

顧客ターゲットによって違い、

図を簡単に書き込み、社内で

共有できるツールの必要性を

感じている

着地ページカスタマージャーニーマップの

オススメツールを紹介している

比較紹介ページ

Go(ナビゲーショナル)クエリ

キーワードUX Recipe
行動「UX Recipe(β版)」という

カスタマージャーニーマップ

作成ツール申し込みページを

探している

思考・感情今すぐ試しに使いたいので、

トライアルに申し込みしたい

着地ページUX Recipe(β版)アカウント作成ページ

作成したキーワードに対する着地ページを設計しよう

各段階ごとにキーワードを設置した後は、そのキーワードを経由してサイト内のどのページに着地してもらうかを設計します。着地するページの選定は、各段階に置いてユーザーが欲しいと考えている情報を提供できるページを考え、選定していきます。

コンテンツリリース後に実際のキーワードを確認してみよう

実際にユーザーがどのようにしてサイトに流入しているかをアクセス解析で確認しましょう。施策対象のページに対して自然検索(オーガニック:Organic)経由でどのようなキーワードを経由して流入しているかを確認します。

設計したSEO施策の流入状況確認

設計したキーワードで設計したページに着地している場合は、SEO施策が適切に行われ、正しい結果として出ています。この場合は

  • さらにSEO施策を強化し、流入を増やすことができるか
  • テーマに合ったキーワードをさらに増やすことができるか
  • 設計したキーワードとの掛け合わせキーワードを増やすことができるか

など、さらに流入を増やすためのSEO施策を考えていくことができます。

SEO施策設計外のキーワード流入状況

SEO施策として設計していたキーワード以外で、対象のページに流入しているキーワードの確認を行い、下記の2種類に分類します。

  1. ページ内容に合っているキーワード
  2. 他のページの方が合っているキーワード

1.ページ内容に合っているキーワードの場合

月間検索数を確認した上で現在のページに着地する事が良いかどうかを判断します。月間検索数が多いキーワードで流入している場合

  • 現状維持し、設計したキーワードと両方の流入を見込んでいく
  • ページ内にキーワードに合ったコンテンツを新しく追加する
  • 別途、新しいページを作成してコンテンツを増やす

上記3つのどれが良いかを、各キーワードごとに判断していきます。

あらかじめ設計しているキーワードよりも適切なキーワードがあった場合は、カスタマージャーニーマップ内のキーワードの差し替えを行います。

2.他のコンテンツの方が合っているキーワードの場合

正しいページが認識されるように、対象のページに着地するようにSEO施策を強化します。

このようにして、ユーザーの段階に合った適切なキーワードを、適切な情報を持つページに誘導できるように調整します。

カスタマージャーニーマップでキーワード選定の精度が高まる

サイトを訪れるユーザーのペルソナを作成し、どのような段階を経てコンバージョンするかの流れを作成する事で、よりキーワード選定の精度が高まります。

SEO施策の設計もユーザーの段階に合わせた細かい設計を行う事で、ユーザーが欲しいと考えている情報を的確に提供する事に繋がります。

詳細な設計を行えるようになると、SEOキーワード選定の精度が上がる以外にも、LPO(キーワード広告)の精度が格段に上がるメリットがあります。

カスタマージャーニーを踏まえたSEO施策の設計は一度きりではなく、日々PDCAを回して精度を上げていく事が重要です。

カスタマージャーニーマップを簡単に作成できるテンプレート【アイコン・矢印つき】

カスタマージャーニーマップテンプレート

カスタマージャーニーマップの重要性は知っているが、実際に作るのはとても手間がかかります。文字だけで作成したカスタマージャーニーマップは、認識のズレを招いたり、確認や修正が疎かになってしまいます。

そこで、カスタマージャーニーマップ作成の手間を大幅に削減するために、よく使用するアイコンや矢印を簡単に挿入することができるカスタマージャーニーマップテンプレートを無料ダウンロード資料として提供しています。

ご希望の方は下記ボタンよりダウンロードください。

今すぐテンプレートをダウンロード