オウンドメディア構築サービス

オウンドメディア構築を50万円から提供しています。

弊社の強みであるSEO対策に特化したオウンドメディア構築を行うことで、記事コンテンツの追加に集中できる環境を提供します。

また、オウンドメディア記事作成を外注する場合にも安心して運用できるよう、外部ライター向けSEOライティングマニュアルも提供しています。

オウンドメディア構築サービスに含まれる施策

オウンドメディアを構築する際は、事前のSEO対策や運用開始後の業務効率化などを視野に入れながら構築前のヒアリングを行います。

SEO対策に特化したオウンドメディア構築

SEO対策に特化したオウンドメディア構築を50万円から行っています。

オウンドメディアの構築は日本国内シェア82.5%(2019年10月)のWordPressを利用します。(引用:日本におけCMSシェア|W3Techs)

WordPressは国内で最大のシェアを誇るCMSです。WordPressは多くのユーザーが利用しているので分からない事があってもWebで調べることで解決できることが多々あります。弊社のオウンドメディア構築では下記のポイントをしっかりと押さえた満足度の高い商品を提供させて頂きます。

また、外部ライター向けのSEOライティングマニュアルを提供しております。オウンドメディアの記事作成を外注化する際、外部ライターが要点を理解していないとSEO対策の効果は発揮致しません。マニュアルにそってライティング依頼することでクオリティの高い期待通りのコンテンツが出来上がります。

ページ表示速度の向上に努めたデザイン・コーディング

ユーザービリティを損なわないページの表示速度が必要です。表示速度を高めるためには、画像ファイルの工夫やソース情報の最適化が必要です。

Googleが認識しやすいサイトマップ

Googleクローラーが巡回しやすいサイト構造で、少しでも早く高頻度でGoogleにデータ通達されるような施策を行います。

Googleが推奨するレスポンシブデザイン

Googleが推奨するレスポンシブデザインやスマホでも使いやすいUI設計のオウンドメディアを構築します。

上位表示させたいキーワードから逆算したサイト設計

オウンドメディア自体がどのようなマネタイズ戦略を行うかに合わせて、SEOキーワードを選定し、上位表示させるべきキーワードに合ったコンテンツを追加できるように予め設計します。

サーバーやドメイン取得代行も行います

オウンドメディアを構築する際にサーバーの設計やSEOを意識したドメインの取得も代行できます。Googleが推奨する常時SSL化(https://)でドメインの取得を行い、専門家が処理速度の向上を施したサーバーの構築をします。サーバーやドメインは一度設定してしまうと変更は容易ではありません。ドメインを後から変更する事になると、SEOの観点から見ても大きなマイナス要素となります。事前に計画をしっかりと立て安定して運用する為の設計を致します。

オウンドメディア戦略構築​

オウンドメディアを効果的に活用するために、どこからあくせすを集めるか、オウンドメディアに集まったユーザーはどのように顧客化していくかなどの戦略を構築します。

市場調査・分析

クライアントのリソースに基づき、勝てる市場を調査します。

ペルソナ・カスタマージャーニー作成

マネタイズするサービスを利用するユーザーの潜在ニーズをチームで共有できるように図示化します。

オウンドメディアコンセプト設定

ユーザーが潜在的に信頼している情報収集媒体や現存の不満を満たすオウンドメディアのコンセプトを明確化します。

サイト導線設計

想定アクセス流入媒体に応じて、ユーザーがCVするまでのサイト内導線を予め構築します。

一般的なオウンドメディア戦略

戦略構築時に行うこと

オウンドメディア運用支援

オウンドメディア構築後、スムーズにコンテンツの追加、効果測定、改善に取り組めるよう、運用支援を提供します。

オウンドメディア記事製作

記事作成は業界の専門知識が豊富なライターが記事を執筆し、SEOを熟知した編集担当が修正・構成作成を行うことで、ユーザーの満足度を高めるオウンドメディア記事制作を行います。

オウンドメディア運用コンサルティング

運用コンサルティングでは、記事コンテンツをリリース後、検索流入キーワードや、アクセス・ヒートマップ解析を行い、迅速な戦略改善を行います。また、社内に販売商品の知識に富んだ人材がいる場合、自社でSEOコンテンツを作成することをおすすめします。

オウンドメディア構築の流れ

オウンドメディア構築は、オウンドメディア運用目的を共有し、目標達成までのプロセスを明確にしてから構築を行います。

ホワイトボード

1.ヒアリングによる課題共有と構築目的確認

自社の課題とオウンドメディア構築目的をヒアリングにより浮き彫りし、目的を再確認します。

2.マーケティング調査・分析・戦略立案

ご契約後にマーケティング調査・分析を行い、ターゲット想定を行います。数パターンのターゲット像想定をもとに、カスタマージャーニーマップを作成していきます。

seo

3.SEOキーワード選定・SEOコンテンツ企画

SEO対策で上位表示を目指し、CVを獲得するにはキーワード選定は最重要項目の一つです。未来の顧客が検索するキーワードを提案します。

4.立案した戦略に基づいたオウンドメディア構築

立案したオウンドメディア戦略に基づいたオウンドメディア構築を行います。

パソコンに向かう女性たち

5.Webサイト納品後のオウンドメディア運用指導

Webサイト納品後もしっかりとサポートを行います。コンテンツのアップロード方法やコンテンツ制作方法などの相談が可能です。

オウンドメディア構築

6.解析レポートによる改善施策の提案

SEO対策や、コンテンツ制作時の流れ、効果計測や戦略改善はコンサルティングで提供しています。

オウンドメディア構築スケジュール

ご契約後は以下の流れでオウンドメディア構築業務を行います。必要情報のヒアリング後、約4~6ヶ月でオウンドメディア構築が完了します。

サイトマップ作成

約1週間でSEOキーワード選定に基づいたサイトマップを作成します。

ページの関連性
顧客導線は訪問してほしいページから逆算で設計

ページ内容企画提示

約2週間でオウンドメディアに追加するコンテンツの企画を提示します。

オウンドメディアメインコンテンツ制作

約2ヶ月でオウンドメディアに追加するコンテンツの制作を行います。以下の業務と並行して制作に取り掛かります。

※10~20ページの場合

信頼できるWebコンテンツ制作方法
レスポンシブ対応時のレイアウト切り替わりパターンは主に5種類

ワイヤーフレーム作成

約2週間でTOPページ、キラーコンテンツページのワイヤーフレームの作成完了

※オウンドメディアメインコンテンツ作成と同時に開始します

オウンドメディア構築

約2ヶ月でオウンドメディアのWebデザイン、コーディングを行います。

※写真撮影なしの場合

Web担当者
ユーザーの検索意図に応えるWebページを制作するのコピー

サーバー・ドメイン取得設定

サブドメイン・サブディレクトリどちらでオウンドメディアを構築するのがいいかを考慮しながらSSL証明書発行済のドメインを設定します。

オウンドメディアサイト確認・修正

約2週間でオウンドメディア最終確認と微修正を行います。

※大規模な修正は別途費用が必要です。

タップ領域にスペースを設ける
立ち上げから運用コンサルの流れ (1)

納品・運用開始

納品後は運用サポートをさせていただきます。多くのクライアントはコンサルティングサービスと同時にご利用頂いています。

オウンドメディア構築の資料請求やお問い合わせ

オウンドメディア構築を行うことにより、広告費の削減や、クロージング時の成約率の向上に繋がります。一方、オウンドメディア構築時にしっかりとしたマーケティング戦略を構築しなければ、効果測定ができず、成果につながっているかどうかも分からないまま撤退することになりまねません。

まずはオウンドメディア構築時のマーケティングプランをしっかり組み立てることから始めましょう。