ブログを書き始めたとき、多くの人は、自分でも読みづらい記事になる、書くことに時間がかかるなどの問題を抱えます。

初心者がブログの書き方で陥りがちな失敗には共通する点が多く、そこを改善するだけで、読みやすい記事になったり、書くスピードが上がったりなどします。記事の読みやすさや、記事の多さはブログの重要な要素のため、自分が初心者に陥りがちな失敗をしていないかを確認してみましょう。

初心者によくある失敗10個

  • 結論を最後に書く
  • 一文が長すぎる
  • 改行が多すぎる/少なすぎる
  • 文字の装飾の種類が多すぎる/全くない
  • 語尾がばらばら
  • 難しい言葉をあえて使う
  • 記事を読む人を想定できていない
  • 文字数を稼ぐための無駄な文章が多い
  • 読み返していない
  • 書くのに時間がかかって書くのをやめてしまう

ブログの書き方で初心者によくある失敗10個

初心者によくある失敗10

  • 結論を最後に書く
  • 一文が長すぎる
  • 改行が多すぎる/少なすぎる
  • 文字の装飾の種類が多すぎる/全くない
  • 語尾がばらばら
  • 難しい言葉をあえて使う
  • 記事を読む人を想定できていない
  • 文字数を稼ぐための無駄な文章が多い
  • 読み返していない
  • 書くのに時間がかかって書くのをやめてしまう

結論を最後に書く

よくある失敗として、結論を最後に書くことです。
結論を最後に書くと、読み手は結論がどこにあるかわからず、結論に行くまでに記事を読むのをやめてしまいます。

まず結論は先に書き、その後に理由、そして具体例を書きましょう。
例えば次のとおり。

結論が最後
コストを安く抑えて稼ぐ仕組みを作れる副業があります。
実際、月々2千円程のコストで6桁以上稼ぐ人は多くいます。
その副業はブログです。
結論が先
副業するならブログをしましょう。
なぜなら、コストを安く抑え稼ぐ仕組みが作れるからです。
実際、月々2千円程のコストで6桁以上稼ぐ人は多くいます。

結論を先に書くと、読み手は知りたい答えがすぐわかり、理由や具体例でさらに理解を深めることができます。
なので、まずは結論を書き、理由、具体例の順番で記事を書きましょう。

一文が長すぎる

次に、一文が長すぎることもよくある失敗です。
一文が長すぎると読みにくい、もしくは意味がわかりづらい文章になります。

読みやすくわかりやすい文章にするには一文を簡潔にすることです。
例えば次のとおり。

  • 私は英語が好きなのですが、国語も好きですし、理科も好きです。
  • 私は英語や国語、理科も好きです。

上記のとおり、一文を簡潔にして読みやすく、わかりやすい文章にしましょう。

改行が多すぎる/少なすぎる

次に、改行が多すぎる、もしくは少なすぎるのもよくある失敗です。
改行が多すぎると、記事が無駄に長く感じられて読み手が読む気を失う可能性があります。
また、少なすぎると文章が読みづらく、読む気がなくなります。

改行は3行や4行を目安に行いましょう。
具体的には次のとおり。

改行が少なすぎる
ブログは継続が大切です。理由として、一定の期間が必要になるからです。例えば、記事が検索されるまでに約3ヶ月の期間がかかります。情報の量や質も継続して書き続けることで精度が上がります。さらに、ライティングスキルの向上にも継続力が必要になります。また、競合調査や分析、検証などの考える力も一定期間の継続で養われます。なので、ブログは継続して書くことが大切です。
改行が3行から4行
ブログは継続が大切です。理由として、一定の期間が必要になるからです。
例えば、記事が検索されるまでに約3ヶ月の期間がかかります。情報の量や質も継続して書き続けることで向上されます。さらに、ライティングスキルの向上にも継続力が必要になります。また、競合調査や分析、検証などの考える力も一定期間の継続で養われます。
なので、ブログは継続して書くことが大切です。

視覚的に見やすい行数を意識すると、読み手も文章の圧迫感を感じることなく、自然に読むことができます。
なので、改行は3行から4行を目安に行いましょう。

文字の装飾の種類が多すぎる/全くない

また、文字の装飾の種類が多すぎる、または全くないのもよくある失敗です。
色々な色や太字などの強調があると、読み手がどこが本当に重要なのかがわからなくなります。同様に、装飾が全くないと、どこが重要かわからなくなります。

装飾は2〜3種類くらいに統一して用途(マイナスの重要な情報は青、プラスの重要な情報は赤など)も決めましょう。
例えば次のとおり。

文字装飾が多すぎる
適度な運動は健康を保つために大切
病気の予防やストレス発散にも効果的です。
逆に、適度な運動を怠ると肥満などの生活習慣病や精神的なストレスを溜めてしまうリスクがあります。
文字装飾を統一
適度な運動は健康を保つために大切
病気の予防やストレス発散にも効果的です。
逆に、適度な運動を怠ると肥満などの生活習慣病や精神的なストレスを溜めてしまうリスクがあります。

装飾を統一することで、読み手が重要な部分を理解でき、すべての文章を読まずに記事の内容を理解できます。

なので、装飾は2〜3種類に統一して用途まで決めましょう。

語尾がばらばら

次に、語尾がばらばらになるのもよくある失敗です。また、同じ語尾が続きすぎるのも良くありません。

語尾は「です・ます調」「だ・である調」に統一しましょう。
記事の内容や読み手によって変える必要がありますが、大切なことは統一することです。
そして、同じ語尾が連続する場合は3回の連続くらいでとどめましょう。
具体的には次のとおり。

  • 私は温泉が好きだ。なので、毎日温泉に行きます。
  • 私は温泉が好きです。なので、毎日温泉に行きます。

上記のとおり、語尾がばらばらになると読み手は違和感を感じてしまいます。
なので、語尾は「です・ます調」「だ・である調」に統一しましょう。

難しい言葉をあえて使う

次に、難しい言葉をあえて使うのもよくある失敗です。
難しい言葉は理解する手間が必要であったり、言葉によっては調べないといけなくなるため、読み手が読む気をなくしてしまいます。

記事の内容やターゲットにもよりますが、読み手が理解しやすいよう、わかりやすい言葉をつかいましょう。
例えば次のとおり。

  • 書き手と読み手に話の齟齬が生じました。
  • 書き手と読み手に話の食い違いが生じました。

難しい言葉や専門用語はなるべく避け、読み手がわかりやすい言葉をつかいましょう。

記事を読む人を想定できていない

また、記事を読む人を想定できていないのもよくある失敗です。
読み手が想定できていないと、記事の内容(どこまで詳細に書くのかやどんな言葉を使うのか)がブレてしまいます。

まずは、記事を書く前に誰が読むのかを具体的に想定してから書きましょう。
例えば次のとおり。

  • 副業を始めたい人
  • 副業でブログを始めたい30代既婚男性

具体的に読み手を想定することで、根本的な悩みの解消法や必要な情報、読みやすい文脈などを詳細に書くことが可能です。
なので、記事を書く前に読み手を具体的に想定してから書きましょう。

文字数を稼ぐための無駄な文章が多い

次に、文字数を稼ぐための無駄な文章が多いのもよくある失敗です。
内容が被っていたり、関係ないような文章があると、読み手が記事に不信感をもち離れてしまいます。

文字数を明確に決めていたり、指定がなければ、無駄な文章は削って内容を簡潔にしましょう。
例えば次のとおり。

  • 私はボールを蹴ることが好きなので、サッカーが好きです。
  • 私はサッカーが好きです。

簡潔な文章は、読み手にとってわかりやすく読みやすい文章になります。
なので、無駄な文章は削って簡潔にしましょう。

読み返していない

次に、読み返していないのもよくある失敗です。
読み返していないと、誤字脱字はもちろん、論理的におかしい部分や無駄な文章に気づけません。また、誤字脱字や無駄な文章は、読み手の記事全体の印象にも関わります。
例えば次のとおり。

  • 文章を書くときは五時脱字に気をつけましょう。
  • 文章を書くときは誤字脱字に気をつけましょう。

上記のとおり、記事を書き終えた後は読み返しを行い、できれば翌日ごろに読み返しましょう。
翌日に読み返すと、論理的におかしい部分や無駄な文章、誤字脱字に気づきやすくなります。
誤字脱字を防ぎ、論理的な文章を書くために、翌日ごろには読み返しを行いましょう。

書くのに時間がかかって書くのをやめてしまう

最後に、書くのに時間がかかって書くのをやめてしまうのもよくある失敗です。
ブログはすぐに結果が出る(アクセス数などが増える)わけではなく、長く更新し続ける必要があります。
しかし、書くのに時間がかかって、書くことが嫌になってやめる人が多いです。
例えば次のとおり。

  • 記事を書く→うまく書けない→悩む→構成・ニーズを調べる→難しい→やめる
  • 構成・ニーズを調べる→構成通りに書いてみる→ニーズを修正→記事を修正

まずは書いてみて、後で直すこと。そして、できれば書く前に構成を決めましょう。
書く前に構成や記事で伝えたいことを考えると、より書きやすいです。
まずは、書いてみて、後で修正した方が、迷いながら書くよりも早く書けます。
なので、まずは書いてみて、後から直すことを意識しましょう。

より多くの人に読んでもらえる人気ブログにするためのポイント3つ

人気ブログにするためのポイントは次の3つです。

【人気ブログにするためのポイント】

  • キーワードを選定して記事に入れる
  • 潜在的なニーズを探って答えを出す
  • 画像を積極的に使う

それぞれ解説します。

キーワードを選定して記事に入れる

ブログを多くの人に読んでもらうには、Googleで上位表示されることが重要です。
上位検索されるためには、キーワードを選定して記事のタイトルや見出し、本文に入れることでGoogleの検索エンジンにアピールする必要があります。

また、タイトルにキーワードが入っていないと、ユーザーが「自分が求める情報じゃない」と判断する可能性があります。
なので、キーワードを選定して、タイトルや見出し、本文に入れましょう。

潜在的なニーズを探って答えを出す

次に、キーワードには顕在的なニーズと潜在的なニーズがあります。
例えば、キーワードが「ダイエット 女性 方法」の場合は次のとおり。

  • 顕在的なニーズは「(女性が)ダイエットの方法を知ること」。
  • 潜在的なニーズは「ダイエットをしてキレイになりたいということ」。

上記のとおり、顕在的なニーズに答えることはもちろん、潜在的なニーズに答えられる記事が本当に読み手の悩みを解消します。

なので、潜在的なニーズを探り、読み手の悩みを解消する答えを出しましょう。

画像を積極的に使う

また、文章よりも画像の方が情報が多い(画像よりも動画の方が多い)です。
だからこそ、わかりづらいと思われる部分や、画像があった方がわかりやすい部分に関しては、画像を作ったり、イメージ画像を探したりすることで、よりユーザーが理解しやすいです。
例えば次のとおり。

筋トレの種目であるダンベルアームカールは、肘を固定しながらダンベルを持ち上げ、最後に小指を内側に入れると筋肉がより収縮するので効果的です。

なので、ユーザーの理解を深めるためにも画像を積極的に使いましょう。

人気ブログにするための運用のポイントは「更新し続けること」

ブログを始めたばかりの頃は記事をうまく書けなくても大丈夫です。書き方やスピードは記事を更新し続けることで上達します。さらに、読み手のニーズを考え伝わる文章を書き続けることで、ブログの価値が高まり人気ブログに成長します。
また、ブログで得た小さな成功や成長を心から喜ぶことで、楽しみながら継続することができます。
「初心者によくある失敗10個」と「人気ブログにするためのポイント3つ」を参考に、ブログを楽しみながら更新し続けましょう。