AISCEAS(アイシーズ)とは、インターネットが普及した現代における消費者の購買行動モデルを表した概念のことです。特徴は、購買行動を起こすまでに「検索」という行動を行い、情報収集を行うという点です。

AISCEASの概念図

AISCEASの概念図

SEOキーワード選定バイブル記事内バナー

AISCEASとは

AISCEAS(アイシーズ)とは、インターネットが普及した現代における消費者の購買行動モデルを表した、2004年代に提唱された概念のことです。

AISCEASが提唱される以前は「AIDMA(アイドマ)」と呼ばれる購買行動プロセスのモデルが主流でしたが、インターネットの普及に伴い消費者の購買行動は大きく変わりました。

そのため、インターネットに対応する購買行動プロセスのモデルとして「AISCEAS」が誕生しました。

AISCEASの意味

A:Attention(注目)

I:Interest(興味)

S:Search(検索)

C:Comparison(比較)

E:Examination(検討)

A:Action(行動)

S:Share(共有)

AIDMAのDesire(欲求)とMemory(記憶)がなくなり、新たにSearch(検索)・Comparison(比較)・Examination(検討)・Share(共有)のプロセスが加わりました。

商品やサービスに興味を持ったあとに、価格コムなどの比較媒体やSNSでの口コミなどを調べ、最善の選択を自ら決定するようになったことが、AIDMAからの大きな変化です。

また、購入後のShare(共有)が新たな消費者のAttention(注目)を引き起こすこともあるので、購入後のサポートで満足度を高め、Shareに導くための施策が重要になってきます。

企業のSNS活用が進んでいる理由は、購買行動のどのプロセスにおいてもSNSがアプローチとして有効な手段であり、「Shareから新たなAttenntionを生む」という好循環を作ることができるからです。

AISCEASモデルを使ったマーケティング施策例

AISCEASの概念図

AISCEASモデルでは各プロセスを3つの段階に分けることができます。

認知段階:Attention、Interest

比較検討段階:Search、Comparison、Examination

購入段階:Action、Share

認知段階では、Webバナー広告やキュレーションサイトを使った施策が有効です。

消費者の接触が見込まれる媒体に広告記事を出したり、キュレーションサイトに取り上げられるようなコンテンツを作成することで、消費者の注目と興味を引き付けることができます。

比較検討段階では、オウンドメディアやランディングページによって消費者の比較検討を促すことができます。せっかく興味をもった消費者に対して自社の商品・サービスを詳しく説明する機会を逃さないようにしましょう。

また、価格コムやまとめサイトなど、自社以外の媒体に掲載されることによって消費者は類似商品との比較検討を十分に行うことができます。

購入段階では、ECサイトの構築でスムーズな購入を促すことができます。

口コミ投稿による特典や購入者同士のコミュニティを設立することによって共有を促す施策も有効です。

消費者は情報を精査する時代に

インターネットの普及とともに消費者の情報を精査する能力は飛躍的に向上しました。

従来は広告で注目を集めるだけで消費者を意図的に情報で誘導することができましたが、現代では消費者は広告で注目した商品・サービスに関してもさらに詳しい情報を得ようとします。

企業主体のマーケティングは年々受け入れられなくなっています。

無料ダウンロードできる「カスタマージャーニーマップテンプレート」を活用し、消費者主体のマーケティング戦略を立案することで、時代に適応したマーケティングを実施することができます。

カスタマージャーニーマップを簡単に作成できるテンプレート【アイコン・矢印つき】

カスタマージャーニーマップテンプレート

カスタマージャーニーマップの重要性は知っているが、実際に作るのはとても手間がかかります。文字だけで作成したカスタマージャーニーマップは、認識のズレを招いたり、確認や修正が疎かになってしまいます。

そこで、カスタマージャーニーマップ作成の手間を大幅に削減するために、よく使用するアイコンや矢印を簡単に挿入することができるカスタマージャーニーマップテンプレートを無料ダウンロード資料として提供しています。

ご希望の方は下記ボタンよりダウンロードください。

今すぐテンプレートをダウンロード